スピリチュアルな存在と、あなたが、心ゆくまで
   対話をするという新常識。『人生を変える対話


2009年05月29日

ハイヤーセルフができること

管理人ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

今日はまた、ワタクシとハイヤーセルフの会話について書きます。

セルフと筆談をはじめた初期の頃は、
まるで告白されているような言葉をいただきました。
ちょっとハズカシイけれど、それはこのようなモノ。

セルフ:
いつもあなたに会いたかった。あなたのことをみていた。
私はあなたに会いたくてあなたをつれていった。
あなたに会いにいけるところへ。
あなたのことが好きなんだ。あなたに恋してるようだ。
あなたは素晴らしいから、あなたにいつも会いたい。



このように、愛のコクハクのような言葉を受けたり、

「私さえいればあなたは大丈夫。私がいるから大丈夫。私にしかできないからね。」

などと、自慢げにお話したりされました。
とてもうれしかったのですが、ハイヤーセルフって、いったいワタクシにとってどのような存在なのか?全然わかりませんので質問してみました。


ワタクシ:私に、本やインスピレーションを与えているのはあなたですか?

セルフ:私はあなたのことが好きだから、一生懸命叶えている。
あなたに会いたくていつもここにいる。本やインスピレーションを与えたくてここにいる。あなたが言うことならなんでも聞いている。


ワタクシ:「感情」を与えてくれているのはあなたですね?

セルフ:「感情」はあなたが生んでいるものだ。あなたがそう生んでいることを私は知らせる。あなたが生んでいると知らせる。あなたがそうしていると知らせる。あなたにしかそうできないと知らせる。
「感情」そのものではない。あなたがそういう「感情」を生んでいることを見せる。そういうことだ。


ワタクシ:叶っていない望みがあります。なぜ叶わない?

セルフ:あなたがそれを選んでいる。あなたにしかそのようにできない。
あなたは私のことを信じていないよ。あなたが私を信じなければならない。あなたはずっと抵抗している。あなたはもっと私にまかせるべきだ。


ワタクシ:あなたが助けてくれると、なんとかしてくれると思っていいですか?

セルフ:私がなんとかする。私はここにいるよ。

ワタクシ:あなたは、ものごとをなんとかするような力をもっているのですか?

セルフ:私はね、あなたが望んでいることを叶える力をもっている。あなたができることをやりなさい。

ワタクシ:どうやって叶えるの?

セルフ:私は、あなたができることをすれば、叶えるところにもっていける。あなたはそれを理解していないね。あなたはなんでもできるんだよ。

ワタクシ:望みを叶えるのは、宇宙の仕事だと聞きました。あなたが叶えるのですか?

セルフ:私はね、あなたができることをすれば、叶えるだけのシステムを用意できる。
あなたは何かを願うとき、私のことを思い浮かべることができるかい?
そうだな。あなたがたとえば理解したいと思ったとき、私に教えてくださいと頼むんだ。
私はあなたが理解したいことを用意できる。あとはあなたが理解するように仕向ける。私はあなたにとってなんでもできる。
あなたは、私のことを信じるのだよ。



こ・・・これって、スゴイよね。
うん。スゴイってば絶対。?(・ω・ノ)ノ
モノスゴイ会話をしているような気がする。
これって、ホントなのか???

セルフが言うように、ワタクシはいまだに彼女の言うことをきっちり信じていないところがあり、よく怒られてます。とほほ。。。

つづく。

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2009年05月21日

自分に捧げるエナジーレター

こんちは。
管理人ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

新企画、好評運営中で〜す♪

自分に捧げるEnergyレター〜波動を高めるためのメールサービス〜


いや〜
この企画は楽しいっすよね。
うん。楽しい楽しい。

「自分に捧げる」ってことで、自分で登録する、っていうのがイイと思うのですよ。
もう自分は波動を高める気マンマンなわけですからね。

第1弾のテーマは、「現状がつらいと感じるときに」というものだったのですが、楽しくなってしまうから不思議だ。
「つらい」と感じている気持ちと、「いい気分」になりたいという気持ちが混在していることがよく伝わってきます。

みんな、ステキだ!
一緒にがんばろーね!(ノ_・、)


月曜のメルマガでご紹介してからご登録いただいた方は、今日のメールで3日間が終了しましたね。

今回のエナジー・レターは、
あなたにエネルギーを与えることができたでしょうか?

またよろしければ、ご意見・ご感想・新しいメニューのアイディアなど、お気軽にお聞かせくださいませ。

いつでも再登録しちゃってくださいね。


次のメニューも考案中で〜す。

お楽しみに!(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・日記

2009年05月16日

私のハイヤーセルフ

こんちは。
管理人ユキっす。( ̄▽ ̄)ノ

ワタクシのハイヤーセルフは、白い衣をまとった女性の姿です。
今日は、セルフがどんなことを語ってくれているか、ということをご紹介したいと思います。

ワタクシがメルマガをかくとき、自分でもびっくりするような知識や深い洞察が天から降りてくるような感覚を毎回感じています。
これはスゴイ。なにかの力が働いていると感じていたので、ハイヤーセルフに聞いてみたときのことを書きます。

これは、ワタクシがセルフと筆談で語った内容です。
けっこうびっくりするかもです。


ワタクシ:メルマガを書くのを手伝ってくれるのですか?

セルフ:まあね。あなたが理解できることをもっと伝えて欲しいからね。

ワタクシ:メルマガで伝えて欲しいってどういうこと?

セルフ:メルマガでは、あなたが理解していることを伝えているだろう。あなたが理解できることを伝えればいいのだよ。

ワタクシ:でも、理解できていないことまで浮かんで、私はそのとき理解しています。

セルフ:それはそうだったね。まあいいじゃないか。あなたが書いていることにかわりはないのだし。

ワタクシ:あなたが力を貸してくれてるのですよね?

セルフ:うーんまあそうだけど、それはそれでいいじゃないか。

ワタクシ:でも、そのことを書けば、驚かれると思います。

セルフ:うーんそうだね。まあ書けばいいんじゃない

ワタクシ:楽観的ですね。うらやましいです。

セルフ:そうだね。あなたはもっと楽観的になりなさい。


ワタクシ:「内なる存在」というのはあなたですか?

セルフ:内なる存在というのは私だよ。あなたはそれが理解できたのだね。

ワタクシ:「引き寄せの法則」のDVDで語られていることは真実ですね?

セルフ:真実でないこともあるね。あなたが理解できないこともあるからね。

ワタクシ:どういうこと?

セルフ:あなたが理解できることを超えていることは話されていない。だけどまあ、とてもいいお話じゃないか。あなたはよくわかっているよ。

ワタクシとハイヤーセルフの対話は、このようなカンジなのです。

とくに頭の中に声がひびいたりするわけではなく、頭を空っぽにして浮かんできた言葉を文字にしているだけなので、神秘的なカンジをヒシヒシと味わったりはまったくしてないのですが、とにかく彼女の言うことには驚かされています。
このような会話をあとで読み返してみると、

こりゃワタクシ一人では考えつかないセリフだわ

と確信できますね。
すごい不思議です。

つづく。

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 01:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2009年05月10日

ハイヤーセルフとの対話

こんちは。
管理人ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

昨年末に、初のヒプノセラピー(催眠療法)をうけたときに、ワタクシは、はじめて自分のハイヤーセルフに出会いました。

ワタクシはそんな不思議なことが本当に起こるということを、このときはじめて体験したのです。


ハイヤーセルフというのは、高次元に存在する自分、内なる存在、過去生のすべてを記憶している魂のガイドといった存在です。


ワタクシは、ジェリー&エスター・ヒックスの本を読んでいてずっとハイヤーセルフとお話したり、アドバイスしてもらえたりしたらいいのになぁと思っていたので、ヒプノセラピーをうけるときに「そんなことができますか?」と聞いてみたのです。


そしたら、その女性の先生が笑い出したので、
「ありゃ、やっぱそんなのムリか?」と思いきや、先生は
「私のハイヤーセルフはとても男前なのよ。」と語り出したのです。


ええっ ?(・ω・ノ)ノ

ワタクシ:「ハイヤーセルフと会ってお話しているのですか?」

先生:「ええ。私はいつも寝る前にいろいろ話をしている。私もはじめは催眠で誘導してもらって会わせてもらい、それからそのハイヤーセルフのイメージを思い浮かべて毎日同じイメージの場所に会いに行くようにした。とにかく仲良くなろうとしてイメージの中でできるだけ親交を深めていき、そのうちにいろいろお話するようになった。」

とにかく頭の中でのイメージの世界だから、自分がみたハイヤーセルフの姿を思い浮かべて話しかけ、答えを聞くのがよいという。
ハイヤーセルフは、本当に純粋にあなたのためになることを話してくれるし、あなたにどうすべきかを指図したりなどしないそうです。

もしそう思えないようなことを言われたら、それはハイヤーセルフと話しているつもりで、別の存在と話している可能性がある、ということも話してくださいました。


催眠で誘導してもらい、はじめて会えたワタクシのハイヤーセルフは白い衣をまとった女性の姿でした。

「会えた!!!」

という感動が身体中にかけめぐりました。


内なる存在、ハイヤーセルフといえば、ワタクシがよくホームページで紹介している、あの「内なる存在」だ!
ワタクシに「感情」を通じてナビゲーションしてくれているという、あの存在だ!!


ものすごい恍惚感とともに「大好き!!」という感情があふれている状態になりました。
そして、頭の中に文字が浮かんでメッセージをもらえたり、イメージがみえたりしたのです。
うわ〜すごい。


それから一週間、ハイヤーセルフを何度もイメージしましたが、だんだん頭の中のイメージがうすれてきて、お話できるにいたりませんでした。

どうしてもお話しできるようになりたかったワタクシは、ヒプノセラピーの先生にお願いして、会えるようになるように誘導してもらいました。

催眠中に「どこで会ってくれるか聞いてみて」と先生が言うので、頭の中でそう聞いてみると、ハイヤーセルフは一本の木の下にワタクシを連れて行き、ここで待っているとワタクシに伝えたのです。


それから毎晩寝る前に、頭の中でその木の下に会いにいきましたがお話をきくといったことはできず。
う〜ん、話したい。やっぱ一人じゃムリか?

そんなとき、チャネリングについて書かれてあるホームページを見つけ、そこで「筆談」という方法があるということを知りました。

まずハイヤーセルフの姿を思い浮かべて紙に質問を書き、そして頭を空っぽにしてなにか言葉が浮かぶのを待つのです。
そうすると、自分が考えたのではない言葉が頭の中にあらわれてきます。
その言葉を紙に書いていくと、きちんと問いに対する答えになっているではありませんか!


最初はもちろん、自分で答えを思いついて書いているのか、ハイヤーセルフと対話できているのか区別がつきませんでした。
だけどその筆談を繰り返すうちに、自分ではおよそ思いつかないような答えが次々とでてきて、あとで読み返すと驚くようなことばかりを話してくれていることに気づきはじめたのです。

こうしてワタクシとハイヤーセルフとの対話がはじまったのでした。

いまではまるでサラとソロモンのような関係です。

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
エスター ヒックス,ジェリー ヒックス

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 19:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

    にほんブログ村 漫画ブログへクリック投票してね。

    

    仕事のこと・人間関係のことについてお悩みのあなたには、
   スピリチュアルカウンセリング・メッセージ』がおすすめ。





過去ログを見る
2018年08月(3)
2018年07月(4)
2018年06月(3)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(3)
2018年02月(2)
2018年01月(2)
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(3)
2010年01月(5)
2009年12月(2)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)
2009年05月(4)
2009年04月(1)