「いい気分ドットコム」HP | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システム『人生を変える対話』をご利用ください。
    はじめての方は、無料でお試しいただけます。

2009年11月06日

「内なる声」からの回答その7

管理人ユキです( ̄▽ ̄)ノ

久々のブログ更新となってしまいました。
質問がずいぶんたまっております。
さっそく「内なる声」にご意見を伺ってみます。

ワタクシ:個人サポートを可能にする有料システム、
「人生を変える対話」〜あなたの心を安心に導く質疑応答〜がはじまり、順調に稼働中です。

内なる声:あなたはよくがんばっているよ。大丈夫。これからもうまくやっていけるだろう。

ワタクシ:ありがとうございます。ブログの質問がたまってしまいましたが、回答をお願いできますか?

内なる声:かまわないよ。しかし、ここで待っているよりも、個人サポートに移ろうと考えている者は、迷わずそうしなさい。私はどちらにも答えるが、少し答え方が異なるからね。

ワタクシ:どう異なってくるか、説明は必要ありませんか?

内なる声:それは、あなた個人に向けて発するメッセージであるのか、それともこの公の場で、すべての「傍観者」に向けて発言することになるか、という違いであると認識しなさい。それでわかるだろう。

ワタクシ:なるほど。では、さっそくたまっている質問を順番にご回答いただけますか?

内なる声:わかった。進めなさい。


<質問>
私も、ハイヤーセルフや守護の天使と話がしたい!と強い希求を持ち、随分と年齢を重ねました。今私が頑張って彼らと「対話」しようとしていることは、頭の中で都合よく、自分が作っているストーリーなのか、あるいは部分的にでもきちんと彼らと繋がっているのか、教えてくれませんか?
また、ハイヤーセルフとしっかり繋がったという実感を得るためには、ヒプノセラピーを受けたほうがよろしいでしょうか?
私のハイヤーセルフのイメージは、なぜか三角のとんがり帽をかぶった昔のチベットの僧か仏?の姿をしていますが、これも勝手な私の妄想でしょうか・・?
個人サポートシステムを、とても楽しみにしています。よろしくお願いいたします。
ふるーる 10/22 07:03


ワタクシ:ハイヤーセルフに会いたいという方が非常に多いですね。この質問についてお答えください。

内なる声:あなたが私と出会えたように、ハイヤーセルフと会って話したいと考える者がたくさんいるようだが、少し誤解を解いておく必要があるね。私はあなたのハイヤーセルフと同化してはいるが、純粋なセルフというわけではないので、私のようにベラベラとしゃべってくれるハイヤーセルフに会いたいと思っても、それは難しいのだよ。

ワタクシ:そうなのですか?普通はこんなに話してくれないと?

内なる声:そうだね。あなたは私しか知らないから、また、これをみたものは皆私のことをセルフと感じているからそう思うかもしれないが、それは違う。
私は稀な存在であり、セルフと同化して話しを伝え、知識を与えようとしている者だから、根本的に違うと考えて欲しい。ただ、あなたのハイヤーセルフであるということも確かだよ。わかるかな?


ワタクシ:うーん。以前よりは理解していると思うのですが、難しいです。ではこの方がハイヤーセルフとしっかり繋がったという実感を得るためにはどうすればよいのでしょうか?

内なる声:しっかり繋がったという実感を得るのに必要なこととして、なにかドラマチックなことがあるはずだと考えているならば、そうはならないかもしれない。あなたが繋がったと感じていなくても、繋がっているのだけどね。

ワタクシ:本当にそうなのですか?感動的に出会えないのですか?

内なる声:私は、ドラマチックではないと言ったが、感動的ではないとは言ってない。セルフはいつもあなたに会いたがっており、あなたがそう思うのは、セルフがそう思っているからだよ。このことは、メルマガの方で語らせてもらおう。わかったね。

ワタクシ:はい。毎週月曜発行のメルマガで、「内なる声」より直接、ハイヤーセルフについて語っていただくという特集をおこないたいと考えています。みなさま、まずはそちらで知識を得てください。

内なる声:この質問に答えておこう。あなたのハイヤーセルフがそのイメージであるということを感じるなら、それがセルフの姿だと思っていてかまわない。あなたが頭の中でしようとしている対話は、都合のいいものではないよ。ただ、ちょっとあなたが「聞こう」とせずに、一方的に話している。あなたはもっと、セルフがなにを言おうとしているのか、「聞こう・感じよう」としていれば、日々の生活の中で感じるようになるだろう。

ワタクシ:ヒプノセラピーを受けたほうがよろしいでしょうか?という質問についてはいかがですか?

内なる声:あなたが、そうしたいと思うなら、受けてみなさい。

ワタクシ:ほかにありますか?

内なる声:次に行こう。


<質問>
「引き寄せの法則」というのは世界中にあるありとあらゆる不公平や困難な境遇のもとの生まれた人々のことを説明することができません。 身体的に障害を持って生まれたり、インドの不可蝕民に生まれ一生便所掃除や死体処理を義務づけられた境遇など 幼女が生まれた家の理由で売春を強いられたり、彼らが生きてるうちに引き寄せたわけではありません。 これは生まれ変わりというシステムがないなら宇宙のシステムの公平性などないということになります。
私たちの魂は死んでからまた何度も物質世界に生まれる自由はあるのでしょうか? また、私は他人を通してこのようなメッセージを知ることに対しもうウンザリしています。 私は自分で直接、高次の存在の声を聞き質問の答えを知りたいのです。 一体いつになったら、私は自分で明確に内なる対話することができるのでしょうか。
yuki 10/22 14:34


ワタクシ:まず、「引き寄せの法則」が、不公平や困難な境遇のもとの生まれた人々のことを説明することができないということについては、いかがでしょうか。

内なる声:「引き寄せの法則」というものは、あなたが考えていることを引き寄せるという法則をあらわしているものであり、あなたの境遇を引き寄せることはできない。あなたの言うように、生まれるときに自らが決めている厳しい境遇のことについて、あなたは混乱し、誤解して物事をとらえているようだ。まずは、あなたの頭の中が整理できてないということを理解してなさい。
高次の存在の声を聞ける人間になりたいなら、「ウンザリしている」というような精神でいるかぎり、あきらめてほしいとしか言いようがない。
あなたが、まともに、私に向かって整理をできた頭で、しっかりと質問するつもりがあるなら、また質問してきなさい。
以上。次に行こう。



<質問>
大天使さんにお聞きしたいことがいっぱいありますが、とりあえず1つ。どうかよろしくお願いいたします。
私は虐待を受けている動物のことをすぐ考えてしまい、とても辛いです。 半年前に『ザ・シークレット』を知った時は衝撃を受けました。戦争を反対しているうちは戦争はなくならない。動物虐待に意識をフォーカスせず楽しい気持ちでいよう。 でも最近はまた元に戻ってしまいました。耐え難い苦痛(実験や二酸化炭素による殺処分、劣悪な環境)の中にいる動物たちがいるのに、自分が快適に暮らしていることを申し訳なく感じます。彼らと自分の心を救いたいです。
☆ガール 10/22 23:18



ワタクシ:彼女は、個人サポートに申し込まれています。こちらで先に答えられますか?

内なる声:そうだね。まず、あなたがそのように考える理由は、動物の虐待そのものにひどく心を奪われるからという訳ではなく、あなたの心の片隅にある空虚感につけいられていると考えて欲しい。つまり、あなたの考えは、動物の虐待について知っていることがなんであれ、それそのものに興味があるわけではなく、たまたまひどく興味を持って心を痛めてしまうものがそれであるということだよ。わかるかな?

ワタクシ:原因はほかにあり、動物のことは、すりかえられた気持ちであるということでしょうか?

内なる声:確かにあなたは、動物のことを大切に思っているのだが、それでも、あなたがその気になれば忘れていられることだろう。その点からいっても、別に原因があると思った方がいい。あとは、サポートの方で直接答えることにする。

ワタクシ:わかりました。ほかにありますか?


内なる声:そうだな、ここで、次回までの質問の間にまた、新たな質問も入るかもしれないが、それらには順番にこのようなペースで答えていくことになる。それでも良い者は、この場で質問してきなさい。
しかし、私としては、個人サポートの方に申し込み、あなたの満足が行くまで質問したほうがよいと思っている。あなたは、私のことを信じて、もっと安らかな気持ちで申し込んできなさい。わかったね。


ワタクシ:以上でしょうか?

内なる声:次回は、また、さらに忙しくなっている可能性が高い。個人サポートについては、早めに申し込み、返事を待つつもりでいるのがよいだろう。あなたと、個人的に対話できることを楽しみにしている。

ワタクシ:ありがとうございました。
秋元ユキ@いい気分ドットコム | コメント(2) | トラックバック(0) | ■「内なる声」からの回答

2009年11月14日

「内なる声」からの回答その8

管理人ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

●『人生を変える対話』 〜あなたの心を安心に導く質疑応答〜

順調に稼動中です。
ワタクシは、「内なる声」の素晴らしい回答に、感動しっぱなしです。
それでは、お話を聞いてみましょう。

ワタクシ:『人生を変える対話』 の対話方式というのは、とても素晴らしいですね。質問と回答を繰り返す中で、質問者が理解されていく様子に感動してしまいます。

内なる声:そうだね。あなたも、いろいろと要領がわかってきたようで、やりやすくなっているよ。

ワタクシ:ありがとうございます。ブログの回答の方も、お願いできますか?

内なる声:いいだろう。順番に進めていこう。


<再質問>
ユキさん、内なる声さん、ご回答ありがとうございました。 真摯に答えてくださり、感謝します。これからも何度も読み返し、参考にさせて頂きます。ところで、素晴らしい才能があるのに、やろうとしていない。。という表現がありましたが、いまいちピンとこないのです。今、これから何をやっていこうか、何がやりたいのか、ちょうど模索しているところ なのですが。もしも、具体的に「素晴らしい才能」とは何のことを言っているのか、教えて頂けるとうれしいです。(この場にふさわしくないようでしたら、結構です)
kayo 10/23 10:15



ワタクシ:この再質問にお答え下さい。

内なる声:あなたの才能とは、あなたが考えていることを形にするのが得意ということを活かせることだと思う。あなたが気付いてないことでも、そのように表現することが得意だと言われたことがあるかどうか考えてみなさい。あなたの才能は、ものを作るということに活かされる。これをもっと自分自身で消化して考えてみることにして欲しい。

ワタクシ:「いまいちピンとこない」とおしゃっていますが、自分で気付かないということもあるのでしょうか。

内なる声:彼女の場合は、気付かないというよりも、それが才能だと思っていないと言えるだろう。あなたの活躍できることは、必ずあるよ。そちらに精神を没頭できるようになればいいだろうね。

ワタクシ:なるほど。ほかにありますか?

内なる声:いや、あなたの幸せを願っているよ。次にいこう。


<質問>
もうかれこれ4年程、不妊治療をしてました。 今は、ちょっと離れようと思って、何もしていないのですが、不妊治療で沢山の薬と注射を投与し、自分の身体を酷使してしまった結果、あんなに自然と来ていた生理がパッタリ来なくなってしまい、最後の方の治療では、薬で生理を起こさせていました。とりあえず、今は半年程、病院には行かず、身体を休ませてあげようと、何もしていません。 去年赤ちゃんが産まれた子で、その子が通っていた病院(今まで私が通っていた病院とは別の病院)で、すごく良いよ。(その人に合った身体になるべく負担をかけない治療をしてくれるので)と、紹介をして貰ったのですが、今後、その病院に行って、また治療を再開するか、若しくは、このまま何もしないでいる方がいいのか…迷っています。 時に焦り、不安に苛まれ、どうしようもなく落ち込んでしまう時もあれば、逆に、大丈夫!って、すごくプラスになる時もあります。なので、その瞬間・瞬間で迷ってしまうのです。今は、ホ・オポノポノをどんどん実践して、ゼロにするよう心掛けていますが、「内なる声」様のご意見をお聞きしたく、よろしくお願いします。m(_"_)m 全ての出逢いに感謝。
Meg 10/23 11:29



ワタクシ:この質問に、お答え下さい。

内なる声:彼女は、子供が欲しいという気持ちを強く持ちすぎて、あなたの身体のことよりも、子供ができるならその方が大事だと考えているようだ。そのように考えていれば、良いと言われている病院でも、あなたの身体を酷使してしまう結果になってしまうので、やめておきなさい。
一番良いのは、あなたが何も考えず、あなたの生活を楽しんでおくことなのだが、それが難しいと感じるだろうか。そうであるならば、あなたが納得いく方法で、納得いくまで治療を受けるが、あなたの身体と心のケアよりも大切なことはほかにないと考えて取り組みなさい。わかったね。


ワタクシ:子供が欲しいのに、授からないという方は、どんな理由があるのでしょうか?

内なる声:子供が欲しいという理由にもよるし、子供の授からない理由がある場合もある。一番いいのは、あなたが欲しいと思っていて、子供が産まれたいと思っていれば、いやでも生まれることになる。授からないからといって、なぜだろうと考えるのは時間の無駄だ。欲しいと思い、授からなければ、それにも理由はあると思い、神にまかせるつもりでほうっておきなさい。
それであったがゆえに、できなかったなどということはあり得ない。


ワタクシ:「子供ができない」ということを考えていることによって、ますますできなくなるというようなことはあるのですか?

内なる声:いや、そうであったとしても、あなたが授かると決まっていたなら、授かるのだよ。何かの考え方次第で、授かることがダメになったかもしれないなどと考える必要は無い。授からないことには理由があり、授かることにも理由がある。あなたがたは、そのように自分の意志で、生まれてきたのだよ。

ワタクシ:授かるかどうかは、子供の意志によるということですか?

内なる声:当然だと思わないかな?あなたが生まれたのも、母の意志ではないと、思わないのだろうか。

ワタクシ:なるほど。確かに、本当にそうですね。では、子供の意志が固まらない理由があるのでしょうか?

内なる声:この場合は、自分のせいで、母親の身体を傷つけたくないという、子供の意志がある。だから、ほうっておきなさい。

ワタクシ:ほうっておけば、できるのでしょうか?そんなことが言えるのでしょうか?

内なる声:できるから、ほうっておきなさい。わかったね。

ワタクシ:本当ですか?大丈夫ですか?

内なる声:いいから、あなたは私の話したことを、そのまま書いているだけだと気楽に思っていなさい。
あなたが、心配することはないのだよ。私は、あなたに信じていて欲しい。それから、彼女にも信じることをおすすめする。そうしたら、いいことがあると思うよ。


ワタクシ:わかりました。ほかにありますか?

内なる声:いや、次にいこう。


<質問>
わたしは、一年ぐらい無職の者です。自ら希望退職したのですが、時間が経ち何の仕事をはじめたらよいかわかりません。実際に求職活動も先延ばしにしています。豊かな生活を望んでいますが、それに続いている道をちゃんと選択できるか不安です。「ちゃんとしたもの」などない気はしますが、腑に落ち行動の力になるものが感じられません。自分の好きなことを仕事にと求職活動の間の距離を遠く感じてしまいます。 以前、何人かの方に「スピリチュアルな力があるよね。そういう関係の人と思った」と言われたことがあります。勧誘とかでなく。このことも仕事やライフワークを考えるときがありますが、どうしたらよいかよくわかりません。 あと矛盾するようですが、今回質問させて頂く時まず思ったのは、自分以外の存在に聞くより、自分の中から考えを導くのが自分の人生を生きることではないかということです。 誰かに印籠を渡してしまうのは、果たして自分の力を信じることから離れてしまうのではないかとも。どうなんでしょうか?質問しておきながら矛盾しているようなことを書いてすみません。 ブログでの深い見識を拝見させていただき感謝しています。 書かせて頂きありがとうございました。
kame 10/23 13:43


ワタクシ:なるほど。「自分の力で答えを理解したい」と考える方がほとんどだと思うのですが、あなたはどう思われますか?

内なる声:それは、あなたが「理解したいと思うが、できない」と考えているときに、考えることであり、理解できる状況であるならば、「自分の力で本当は考えたい」などということさえ、考えつくこともない。
あなたがたにお話ししておきたいが、あなたがたがそういった状況になり、あなたの背中を押し出してくれているのは、あなたのハイヤーセルフであり、あなたを守っている者たちであるのだよ。
彼らは、自分らで、その回答をあなたがたに伝えることができないときに、私に助けを求めるよう、インスピレーションを与えるだろう。そのことをわかっていないから、私に聞くより、自分で考え、自分でハイヤーセルフと対話したいと考えていると知りなさい。あなたがたは、そのことを全くわかっていないようだね。


ワタクシ:現在、毎週月曜発行のメルマガで、あなたにインタビューをする企画をしております。そちらの方で、詳しく話していただけるとありがたいと思います。

内なる声:それはかまわないが、あなたがたが、私に頼りたくないというなら、やめておけばいいのに、なぜこうして質問をしたくなるのかということを、よく考えてみなさい。
あなたのハイヤーセルフが、あなたに、このように伝えたがっているということを教えておこう。
「あなたが、無理に働かなければならないと感じるたびに、あなたの願望と、あなたの現実の心が引きさかれるように、間違った方向に考えが進んでいっている。あなたの理解をすすめたいなら、この方にあなたのお話を聞いていただき、あなたに必要な回答をいただきなさい」
あなたが、信じるかどうかはあなたの自由であることを忘れないようにしなさい。


ワタクシ:ハイヤーセルフは、なぜ、自分で伝えずに、あなたに伝えてもらおうとするのですか?

内なる声:伝えることが、困難だから。私のように、こうしてあなたがたに説明することができないから。

ワタクシ:わかりました。ハイヤーセルフについては、メルマガの方で、詳しく教えていただけますか?まだまだ、理解が足りないようです。

内なる声:いいだろう。しかし、聞いてくるなら、もっと心を開いて、「意見を聞くかどうかは私の自由であるが、聞いてみたいと思ったからには、何か見つけるつもりでいよう」と思っていてはいかがだろう。あなたのそのような心を閉ざした考えが、すべてのやる気を失う原因になっているよ。

ワタクシ:なるほど。ほかになにかありますか?

内なる声:いや、今回はここまでとしよう。
私と対話をしてみたいと思ったら、まず心を開いて何かを得ようとするつもりで、申し込んできなさい。
そうでなければ、何も得られない。せっかくのチャンスがそこにあっても、ひねくれた考えがそれを台無しにしてしまうよ。
あなたのインスピレーションが与えられたと思ったら、そのときは迷わない方がいい。


ワタクシ:以上ですか?

内なる声:あなたと、安心と幸せを与えるきっかけとなる対話ができることを、楽しみにしている。

ワタクシ:ありがとうございました。
「内なる声」と、直接対話ができる個人サポート・システムの、ご案内ページはこちらです。
●『人生を変える対話』 〜あなたの心を安心に導く質疑応答〜



秋元ユキ@いい気分ドットコム | コメント(6) | トラックバック(0) | ■「内なる声」からの回答

2009年11月26日

ハイヤーセルフ・メッセージに関するお知らせ

ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

この度は、
人生を変える対話〜あなたの心を安心に導く質疑応答〜』の一環である、特別企画
ハイヤーセルフに逢いたい人へのメッセージ』に、多数の申し込みをいただき、ありがとうございました。

現在、順次返信しておりますが、お申し込みが集中しているため、返信に時間がかかります。
つきましては、有料の募集をしたからには、ご入金いただいた方への対応を第一と考え、優先させていただくことに致します。

以下、「内なる声」からのメッセージです。


内なる声:

こんばんは。私と共に、彼女が事業をはじめて一ヶ月になる。
その間、多くの人と対話できたことを嬉しく思います。

現在、お申し込みが集中していることにより、そちらの対応に追われ、メルマガとブログの作業が、できないことを許していただきたい。

ハイヤーセルフのメッセージを送信するためには、『人生を変える対話』とは異なる、特殊な方法をとっており、彼女にとって慣れない作業をはじめることになっているため、時間がかかっていることをご理解いただきたい。
彼女にしかできないことであるので、一人での対応は余儀なくされることになる。どうぞ時間を与えていただきたい。

おそらく、2〜3週間ほどで、作業が落ち着くようになる。
『人生を変える対話』の方は、1週間以内に返信していけるが、
『ハイヤーセルフに逢いたい人へのメッセージ』の方は、3週間以内には、返事がくると思って待っておいて下さい。

落ち着けばまた、通常通りメルマガやブログを配信する。
それまでは、集中したお申し込みへの対応を優先させていただく。

今後も、募集をかけ、対応に追われるときには、そのように対処することとする。
ほかに方法がないので、どうぞご了承いただきたい。

申込みいただいた方は、3週間以内にハイヤーセルフのメッセージを送信するので、お待ち下さい。
また、これから申込みいただく方については、その後の対応になる。

必ず送信するので、待っていて欲しい。
それでは、『人生を変える対話』でお話しできる日を楽しみにしている。



ワタクシ:

ありがとうございます。m( _ _ )m
できる限り早く、送信させていただけるよう努めてまいりますので、いましばらくお待ち下さい。

また、メルマガやブログを楽しみにお待ちいただいている方のためにも、満足いかない内容をお届けしてしまうことを避けたいため、まずは集中したお申し込みへの対応を優先させていただきます。
今後もこのようなことが、何度か起こり得ると考えておりますので、その時にはどうぞご了承いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

作業に慣れてまいり、すぐにいつものペースに戻れることを望んでおります。
状況の変化につきましては、随時『人生を変える対話』のご案内ページ右上の「返信状況のお知らせ」欄を更新して、お知らせ致します。
思っているよりも早く、状況が落ち着くことを願って、送信してまいります。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
秋元ユキ@いい気分ドットコム | トラックバック(0) | ■お知らせ・日記

    

    「いい気分ドットコム」HP | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。
    はじめての方は、無料でお試しいただけます。





過去ログを見る
2018年01月(2)
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(4)
2010年01月(5)
2009年12月(3)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)
2009年05月(4)
2009年04月(1)
2009年02月(1)
2009年01月(4)