「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システムをご利用ください。


   \無料モニターで、お試しプチ相談を体験してみました/
     ご相談メールのやりとりの内容を、包み隠さず公開中!

2013年08月04日

書籍販売記念 対談その2


どもっ。秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

書籍販売記念企画 第2弾〜♪


・・・の前に、書籍の見本が数冊届きました。

わーぉ すっごーいキレ〜イ! グッド(上向き矢印)
(((p(≧▽≦)q)))

表紙カバーに、光沢のあるパール紙を使ってるんですが、これがとってもキレイ。
輝いて見えます。ぴかぴか(新しい)

見返し(表紙と本文の間の紙)の色は、すごくキレイなイエローです。
黄色は、この本のイメージカラーに決めた色なのだ。

中の印刷も、くっきり美し〜い〜〜〜
ようやく感動しましたー(T∇T)


というわけで、「内なる声」との対話、
今回は書籍にまつわる対談の第2弾でーす。


ワタシ :できましたよー綺麗な本。
すごくうれしいです。

内なる声 :そう。できたの?どうやってつくったの?

ワタシ :どうやって?( ̄ω ̄;)

製本の話?それとも、その前段階のお話ですか?

内なる声 :本をつくろうとしたら、できたのではない?
じゃあ、きっと他にも「こうしよう」とか「ああしたい」と思うことを、「きっと、できるんだろうなあ」と思えばどう?


ワタシ :そういえば、前回「成長を感じたところの話」をしようと言われてましたね。

そういう意味では、成長してないかもしれません。だって、いつも「大丈夫かなぁ。不安だなぁ」って思いますよ。
(´・ω・`)

内なる声 :うーん、じゃあ、いつ「大丈夫」だと思う?

ワタシ :え?うーん・・・( ̄^ ̄;)

・・・まあ、いつも不安と「大丈夫」を行ったり来たりではないでしょか?
いつも「大丈夫」って思えるならいいけど、そりゃあ不安もありますもの。

・・・って、そうそう。
こんなふうに、「これもOK」と考えられる、基本的な力が身についたように思います。
とにかく、考えは格段に整理できるようになりました。
それは大きいです。

内なる声 :どうして、整理できてくるのだと思う?

ワタシ :うーん、どうしてか・・・( ̄^ ̄)

この書籍の内容を理解するにつれて、とても俯瞰的に物事を眺められるようになったからです。
あらゆる物事・・・あらゆる作品とか。

不思議なんですが、例えば歌の歌詞とか、ドラマや映画なんかの見方も変わりました。
「ああ、これは書籍でいうと、この部分のことをとりあげてるんだな」とか、そんなふうに見ている自分がいます。

なんだか変な感じ。どうしてそうなるのかなあ?
( ̄ー ̄?)

内なる声 :考えていることについて、どのように変わったと思う?

ワタシ :えー +( ̄▽ ̄;)+

それは、本の内容を理解したら変わるというわけではないですが、「たぶんこの考えはよくないな」とか、自分で判断して、とにかく俯瞰して考えられるようになりましたね。

うーんやっぱり、冷静に正しく物事をとらえようとするのが大切だという理解を得られたことが大きい。
それが大事ですねえ。

内なる声 :じゃあ、そこから、何をしようと思うの?

ワタシ :そこからですか。φ(・ω・ )

えーと・・・私は、この書籍は、うちのサイトに足りてなかった「前提」だと思ってるのですよ。

「いい気分ドットコム」は、「いい気分」を選択するため、「思考の改善」を推奨しています。
だけど、どうして「思考の改善」を必要にしているのか?「思考の改善」をすることによって、どうしてより良い選択をおこなっていくことができるのか?
というところの「前提」となる部分が説明できずにいました。

つまり、『引き寄せの法則』などの参照でしか説明できていなかったところです。
あなたの言葉と理論において、独自の見解をきちんとまとめることができていなかったところが、今回は、形になったと思います。

そして、その「前提」ができたなら、そこからは「思考の改善」というところに、もっと素直に焦点をあてやすくなると思うんですよ。
だから本書を読めば、他の情報を、よりうまくとらえることができるようになると思うので、活動しやすくなると思うんです。

内なる声 :どうしてそう思うの?

ワタシ :えーとたとえば、あなたがきちんとお話された書籍があるのだから、まずは「内なる声」という存在の語る理論がどんなものかというのは、これまでよりずっととらえやすくなると思います。
そうすると、個人サポート・システムの利用のされ方も、変わってくるかもしれない。

このサイトを活用しようとするとき、まずその「前提」となる理論を理解することによって、より一層理解が深まるかもしれない。
何を基準にしていいのかわからなかったことが、一つの「前提」を差し出すことによって、変わるかもしれない。

・・・と思って、この本をつくることにしたのです。

内なる声 :そう。なら、この話を実現させるために必要なことを、考えるようにしよう。
それでいい?


ワタシ :はい。これから、個人サポート・システムを復活させるにあたって、いろいろ考えたいと思っています。

内なる声 :そう。それにしても、もう少し真面目に話をすればいいのに、どうしていつもそうしてわからないようにするの?

ワタシ :えっ煤i・ω・;ノ)ノ 何ですかそれ。

わからないようにする???

はっ・・・こーゆー表現↑のことですか?
真面目に書けってこと???

たったいま、けっこう真面目に語ったつもりだったのに!
(T▽T;)

内なる声 :あなたは、すでに理解できていることを、真面目に話さない傾向にある。
べつに、真面目に語ってもいいのにね。


ワタシ :はぁ・・・( ̄‥ ̄;)

そうでスか?自分ではよくわかってませんが・・・

内なる声 :では、そういうことを、これから決めていこう。
また次回。


ワタシ :はい。では皆さまごきげんよう!

書籍は、予約注文受付中です。
詳細は、こちらのページをご確認ください。


ご予約の方法は、下記の二通り!

●アマゾンからご注文いただけます。




●お近くの書店からご注文いただけます。
注文書(PDF)をプリントアウトしてご利用ください。


現在、第1章のすべてを4回に渡って配信中!
メールマガジン万事良好!もう「いい気分」でいることを忘れない!
まだの方はいますぐ登録♪

ヨロシクでーす(⌒▽⌒)ノ


2013年08月30日

個人サポート・システム再開


個人サポート・システムを、再開しました。


「まずは、前提となる書籍をご確認くださいね。」

↑このセリフを書けるようになるために、
2年間、無我夢中で書籍づくりに取り組みました。


この書籍には、2009年末にシステムを確立させてから、たくさんのご相談内容や「内なる声」と対話していただいている様子を拝見してきた私が、
「まずは前提となる書籍をご確認くださいと、ご紹介する必要がある」と感じていた内容が、詰まっています。

どうぞシステムをご利用になる前に、本書をご確認くださいますようお願い致します。
本書を読むだけで、心の晴れることもあると思っています。
宜しくお願い致します。


無我夢中で書籍をつくっていた期間が長かったせいか、
「書籍をつくり終えたら、呆然としてしまいそう。私はどうなってしまうのだろう?」と思っていました。

だけど完成をさせてから、呆然とする暇もなく新しい個人サポート・システムの説明ページを作成する必要があり、再開をすれば、本書を読んでお申込みをしてくださった方に次々と回答をお送りしていく必要があるということに気づいています。
φ( ̄○ ̄;)

一球入魂しすぎて、そんなあたりまえのことが、考えられなくなっていたような気がします。


現在の私は、システムを利用してくださっている方々が、「システムの意図を理解し、書籍を前提として、自身の実になる対話をしよう」としてくださっている光景を見ています。

「ああ、こんな光景が見れるのか」と。
「今度は、どんな光景を見たいんだろう?」と、そんなふうに思います。

前に進んでみると、少し景色が変わりましたよ。(≧ω≦)b


今後、どうなるのか、どのように進んでいくかというところが、まだ手探りです。

少しずつ、理解していけるといいなと思います。


次回は、「内なる声」との対話を更新します。
今後とも、宜しくお願いしますね。

以上、お知らせでしたφ(^ω^)o♪

    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。