「いい気分ドットコム」HP | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システム『人生を変える対話』をご利用ください。
    はじめての方は、無料でお試しいただけます。

2016年01月04日

新年ご挨拶


新年、あけましておめでとうございます。
m( _ _ )m

旧年中は、たくさんのメールや素敵なご感想をいただきまして、本当にありがとうございました。


今年のおみくじは、中吉でした。グッド(上向き矢印)

新年から、新しいことをどしどし始めようとしています。

便利で、快適な生活を送るための案を、どんどん出していきたいと思います!手(グー)


皆さま、「いい気分」で、がんばっていきましょうねぴかぴか(新しい)

今年も、よろしくお願い致しますexclamation×2
(⌒▽⌒)ノ

秋元ユキ@いい気分ドットコム | コメント(1) | トラックバック(0) | ■お知らせ・日記

2016年01月13日

Todoリストのつくり方 その1


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ : 今年になってから、新しいことをどんどんやっていこうとしているんですが、どうもタスクリストの設定の仕方がわからないんですョ。。。
Todoリストをつくって、次々とこなそうとしてもうまくいかない感じで、書籍のほうもあまり進んでないのです。
どういうふうに進めるのがいいのかなぁ・・・
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :進めようとしてるの?
それとも、リストをつくろうとしてるの?


ワタシ :リストは、すぐにつくれるのですよ。
ただ、リストどおりには進まないことが多いし、「リスト管理」というTodoが増えるのは本末転倒ですよね・・・

そもそもTodoリストというのは、どういうふうにつくって進めていくのがベストなのでしょうか・・・?

内なる声 :リストというのは、「やること」を書いてるの?
それとも、「やるべきこと」を書いてるの?


ワタシ :ええと・・・φ( ̄^ ̄;)
「やるべきこと」と、「やりたいこと」を書いています。

内なる声 :ではまず、「やりたいこと」を書くのをやめて、「やるべきこと」を書く必要をもっている。
それから、「やるべきこと」を書いた後、理由を書くといい。そうしたら、「やるべきこと」だけのリストになるだろう?
それを、こなしていくためのことを考えてみる。
そこまではOK?


ワタシ :えっ煤i・ω・ノ)ノ・・・

ま、待ってください。「やりたいこと」は書いちゃダメなのですか?
そうすると、新しいことが何もできなくなっちゃうのでは・・・

内なる声 :ん?
「新しいこと」は、どうして「やりたいこと」なの?

ははぁ。なるほど。
あなたはきっと、こう思っているんだね。
「新しいこと」は、「やるべきこと」として義務ではなく、後回しにするべきことなのだと。
それがまずおかしいよね。


ワタシ :・・・( ̄‥ ̄;) ええ?
そうでしょうか。。。
誰しも、日々のはずせないルーチン業務があって、それをこなしてからでないと新しいことに取り組めない状況だと思うのですが・・・

「新しいこと」は、優先順位が高いとは言い切れないし、やり方が定まっていないから時間もかかるので、ちょっとずつしか進まないですし・・・

内なる声 :うーん、そうなの?
でも、「新しいこと」は、「やりたいこと」ではないよね。
「やるべき」だよね。


ワタシ :え?( ̄○ ̄;)

う、うーん確かに「やるべき」・・・

・・・ん?
いえ、やっぱり「やりたいこと」ですョ。
やりたいけど、進まないことも多いって感じで・・・

内なる声 :違う違う。
「やるべき」だよ。

「やりたいこと」というのはね、リストに書かなくても、もうやってることなんだよ。
ははは。人間心理というのは、ややこしいものだからわからないかもしれないけれど、リストをつくる時点において、もう「やりたいこと」なんて書く必要ないのだよ。
「やりたいのに、やらない」なんてこと、存在すると思う?


ワタシ :そ、そう言われると・・・( ̄Д ̄;)

・・・た、確かに、「やりたいのに、やらない」んじゃなくて、「やるべきなのに、やってない」という気がしてきました・・・

だけどそうなると、それは本当に「やるべきこと」なのか?という疑問がでてきますよね。。。

内なる声 :疑問がでたところで話を戻すけれど、さっき言ったろう?
「やるべきこと」には、必ず理由がある。それを一緒に書くのだよ。そうすると、なぜ自分がそれをやるべきなのかということを見直すことができる。


ワタシ :な、なるほど。。。φ( ̄△ ̄;)
「やるべきこと」だけのリストをつくるというところまではわかりました。

そうすると私の場合、たくさんリストをつくってしまって、実際にはこなせないことも多いのですが、優先順位とかはどう考えるのがいいのでしょう?

内なる声 :優先順位?
優先順位というのは何の?


ワタシ :ええと・・・1日24時間の中で「やるべきこと」をこなしていく上での優先順位というか・・・

内なる声 :「やるべきこと」をこなしていくの?どうして?
「やるべきこと」をやってから、「やりたいこと」をするために、リストをつくるのでは?


ワタシ :・・・φ(・ω・; )え?

内なる声 :「やりたいこと」をするために、さっさとおこなうためのTodoリストではないの?
優先順位は考えず、「やりたいこと」をするために、早くしてしまえばいいのでは?


ワタシ :・・・φ( ̄△ ̄;) ・・・

い、いや、、、確かにそうかもしれませんが・・・
だとすれば私は、その「やるべきこと」リストさえ、毎日こなせていないということになりますよね。。。
困ったな・・・

内なる声 :何を言ってるの?
Todoリストの考えを見直そうとしているのでは?
ならば、一旦考えを白紙に戻してごらんなさい。

あなたは、Todoリストに何かを書くとき、理由を書いたことがある?
きちんとした理由を書いてみれば、自分が何をやるべきか、どうやるべきか、見直すことができる。そうすると、「やらなくていいこと」もわかってくるのだよ。
それを見直すことから始めるべき。そこまできて、次を説明するので、まずはそれをやってみてくれない?


ワタシ :ハ、ハイ・・・

では、それをまずやってみます。
_s(・`ヘ´・;)ゞ


・・・というワケで・・・

どうやら私は、まだ全然わかっていない感じです。
皆様も、日々のTodoリストについて、ご一緒に見直してみてくださいね。

次回に続くのであった!
(⌒▽⌒)ノ

秋元ユキ@いい気分ドットコム | コメント(0) | トラックバック(0) | ■「内なる声」との対話

2016年01月26日

Todoリストのつくり方 その2


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ : 前回教えていただいたとおり、Todoリストをつくるときに、なぜ自分がそれをやるべきなのかという理由を書いて、考えてみました。
そしたらですね、理由がいっぱいあって、たくさん「やるべきこと」があるんですよ。。。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :そうなの?
そんなにたくさんあるの?


ワタシ :たくさん、「やるべきこと」が思い浮かんでしまって、どれも理由がいっぱい書き込めてしまうんですよ。
絞ろうと思ってたのに、これじゃあどれからどう手をつければよいのか、ますますわからなくなってしまいました。
(/・_・\)

内なる声 :そうなの?
でも、それはどのぐらい時間がかかりそうなの?


ワタシ :え?どのぐらいって・・・
φ( ̄○ ̄;)

内なる声 :どのぐらいかかりそうか、書いてみてくれる?

ワタシ :Todoリストに、「どのぐらい時間がかかりそうか」を追加するのですか・・・?

ええと・・・
私の場合、これからやるべきと思うことが6つほどあって、
・1つ目→2〜3日かかる
・2つ目→丸一週間ぐらいあればできる
・3つ目→丸3〜4日欲しい
・4つ目→あと2日ぐらい
・5つ目→1〜2ヶ月集中すればできる
・6つ目→2〜3ヶ月集中すればできる

こんな感じでしょうか・・・
ちなみに、6つ目が書籍作成で、一番時間がかかりそうです。。。

内なる声 :うーん、これで全部?細かいのは?

ワタシ :細かいのは省いてます。
日々のルーチン業務は、数時間かけていつもどおりするとして、残り全部の時間を使ったとしてこれぐらいかかるだろうなと思った期間を書いてます。

内なる声 :そうなの?おかしいな・・・
あなたは、これをどのように進めようとしてるの?


ワタシ :えっφ( ̄△ ̄;)

・・・いや、そ、それがわからないので聞きたかったのですが・・・
とにかく、ちょっとずつでも進めていこうとして、がんばってますが、どれもなかなか進められなくて・・・

内なる声 :そうか。わかったわかった。
あなたは、こう思っているんだね。丸一日、それに集中できたとして、どのくらいかかると思うかを書くのだと。
そうではなく、全部少しずつ進めるのだとして、どのくらいかかるの?


ワタシ :えっ、全部少しずつ・・・?
φ(・ω・; )

全部進めるのは、そもそも無理があるんじゃ・・・
そ、そうすると、上記の6倍くらい・・・!

ん?・・・いや、そんなにはかからないか・・・
3〜4倍くらいはかかりそうです。

内なる声 :どうして3〜4倍で、できると思うの?
あなたは、6つも同時に進めるのだろう?


ワタシ :・・・いえ、だって6つのうち、長くかかるものは、毎日コツコツ進める時間をとるしかないと思いますし・・・それで2つ3つを同時に進めれば、短いものは比較的早い段階で終わっていくと思うので、項目が途中で減っていくはずですから・・・

内なる声 :そう。
それで、どうやって進めるのかは、わかった?



ワタシ :・・・あれっっ煤i・ω・;ノ)ノ

内なる声 :まず、「やるべきこと」を考えるときには、「理由」をそこに書くこと。
それから、「全部やるのだ」として、かかる時間をかくこと。
そうすれば、勝手に頭の中で、どうやって始めればいいのかわかるようになると思うよ。


ワタシ :・・・えぇ〜〜〜〜φ( ̄Д ̄;)?

あれェ、なんで???
全然わからなかったのに。

なんでぇ?
さっき、急にわかったぞ?
・・・「全部やるのだ」として、考えたから???

内なる声 :違うよ。例えば、6つの「やるべきこと」があるのに、「どれから手をつければいいのかわからない」とか、「どれも時間がかかる」とか、「これがどのくらいかかるかわからない」とか、考え過ぎなんだよ。

とにかく、計画というのは、貪欲にたてなさい。
自分がやろうと思うことを、「やるべき」と決めて、「どのくらいかかるのかな」と、前向きに時間を見積もってみれば、「たいしたことないんじゃないか」とか、「よく考えれば、こうすることができる」といった思考に変わるんだよ。
そういうことをせずに、「大変そうだ」と考えている思考を、正そうとするのがいいのだよ。


ワタシ :そ、そんなぁ・・・φ( ̄△ ̄;)

本当に、単にそういうことだったのでしょうか・・・???

内なる声 :つまりね、あなたは、「混乱」しているんだよ。
頭の中で計画をたてるのではなく、そのようにリスト化しないといけないほど複雑な状態にあるのに、整理する方法を知らなかったというわけ。
これで、整理できたろう?


ワタシ :ハ、ハイ・・・
・・・と言っても、ホントにそれで進められるかどうかは別でしょうが・・・

内なる声 :そうだね。
がんばらないとね。



・・・というワケで・・・

なんてこったぃ。

私は、だいたいわかってきましたが、皆様はいかがでしょうか。

・・・というか、ほんとにこれで整理できて、やっていけるのかどうか、ちょっとやってみてからの話にします。

ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ

秋元ユキ@いい気分ドットコム | コメント(0) | トラックバック(0) | ■「内なる声」との対話

    

    「いい気分ドットコム」HP | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。
    はじめての方は、無料でお試しいただけます。





過去ログを見る
2018年01月(1)
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(4)
2010年01月(5)
2009年12月(3)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)
2009年05月(4)
2009年04月(1)
2009年02月(1)
2009年01月(4)