「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システム『人生を変える対話』をご利用ください。
    現在、300名以上の方がリピートしてご利用中。
    あなたのハイヤーセルフのメッセージも、送信致します。

2016年11月15日

「できる」の発想を始める


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくることやその他いろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :「メールと電話による対話」のご案内ページ、完成〜。
リニューアル完了しました!
φ(・`ヘ´・;)ゞ

内なる声 :おつかれさま。

ワタシ :おかしいなぁ。なんか・・・シンプルにすっきりしましたよね。。。
お話を聞いていた段階では、「メールによる対話」と「電話による対話」のページを統合するなんて無茶だとしか思わなかったのに・・・
φ( ̄‥ ̄;)

内なる声 :そうだろう?

ワタシ :ルールは基本的に変わってなかったし・・・電話による対話のメニューも増えて良くなりましたし・・・かえってわかりやすくなったというか、あるべき姿になったような気が・・・
φ( ̄^ ̄;)

内なる声 :そうそう。

ワタシ :なんであんなにわからないと思ってたのかわからないくらい、普通にわかりますねぇ。
φ(・ω・ )

内なる声 :それで、何の話?

ワタシ :いやー、あなたの言うことは、いつも
的確だなと思いまして・・・

ときとして、その的確さに気づけない自分がつらい、、、
(/T∇T\)彡

内なる声 :そうなの?

ワタシ :はい。人はいつも、自分の頭の中が最も的確だと誤解しているものですよね。
このお仕事をして7年になりますが、本当にそう思うようになりました。。。
φ( ̄- ̄; )

内なる声 :じゃあ、今度からちゃんと話をわかりやすく聞こうとする?

ワタシ :いやー、それはどうかな。あなたの話のレベルが高いわけですし。できるものならやってます。はっはー
φ( ̄▽ ̄;)ノ

ところで、リニューアルに時間がかかって、書籍が進んでないじゃないですか。
年末までにやるんじゃなかったでしたっけ?
どうするんですかもぅ〜ヾ(≧へ≦)〃

内なる声 :どうするって、やればいいじゃない。
終わらせれば、次ができる。その次も、その次も、できるだろう?

頭の中を、「できない」から、「できる」にしなければならないよ。


ワタシ :はっ煤i・ω・ノ)ノそうですよね。。。
私は基本的に「できない」から発想して、「できる」ためのことをしようと奮闘する性格かも・・・

内なる声 :「できる」と考える人になれば、「できない」を潰していく性格になれるよ。
だって、「できない」という発想をすると、「できる」が遠く感じるだろう?


ワタシ :え?うーん、確かに・・・
でも、考えなしに「できる」と発想することが正しいとは思えないし・・・
私は、ちゃんと「できる」ようになろうとして、工夫しているつもりなのですが・・・

内なる声 :工夫するより、「できる」の発想を始めるほうが、よっぽどできるようになるけれど。
だって、「できない」の発想を続けると、あなたが今回わかったように、「できる」の発想をしている者との意見の違いを埋めることから始めなければならないだろう?
「できる」の発想をしている者同士のほうが、対話が弾むに決まっているのでは?


ワタシ :う・・・うーん・・・
し、しかし私には「できる」と思えていないことについて話し合うわけでしょう?
どうやって、その段階で「できる」の発想をするのでしょうか?
ヾ(≧◇≦)〃

内なる声 :あのね、「きっとできるのだろうな」という発想。
だから、「きっとできるので、心配はしなくていい」という発想。

「できないかもしれない」という考えを入れると、ややこしくなる。
そう思わない?


ワタシ :た、たしかに・・・φ(´・ω・`;)

そうですね。。。不安になったり、心配したり、余計なことが混じってますよね。
苦労して理解する点は変わらないとしても、ややこしくしないということでしょうか・・・

内なる声 :ややこしいというのは、そこに余計なものが混じっているということだよ。
今回の「メールと電話による対話」を理解するまで、あなたは頭の中に余計なものが混じっていることに気づいていない状態にあったということ。
だから、「余計なものがあるのだ」ということに気づかなければならない。

頭の中がややこしいと感じる者は、物事が複雑だと勘違いしているから、「できない」の発想をするのだよ。
物事ではなく、あなたの頭の中がややこしいと気づいていれば、「できる」の発想をしようと考えるのでは?


ワタシ :な、なるほど・・・
それをいつも心がけるのがいいのですね。

そういうことを、対話をしながら習得していくというのもいいですね!
(≧ω≦)b

内なる声 :そうだね。


・・・というワケで・・・

フタを開けてみれば、とってもシンプルになるこの世界。

あなたも、頭の中がややこしいと感じるときには、ぜひメールと電話による対話を活用してみてくださいね。


ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ


秋元ユキ@いい気分ドットコム | コメント(0) | トラックバック(0) | ■「内なる声」との対話
記事へのコメントは下のフォームからどうぞ。( ´ ▽ ` )ノ

個人的なご相談・ご質問に対する回答をご希望の方は、別途、
個人サポート・システムを、ご活用ください。

コメントが表示されるまでには時間がかかる場合がありますので、書き込みボタンは一度だけ押してください。
ご発言には、マナーをお守りくださいネ。

――管理人 秋元ユキ


<この記事へのコメント>

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177668291

この記事へのトラックバック
    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。