スピリチュアルな存在と、あなたが、心ゆくまで
   対話をするという新常識。『人生を変える対話


2009年01月07日

初ヒプノセラピー体験


あけましておめでとうございます。

管理人ユキです。(⌒▽⌒)ノ
今年もよろしくお願いします。

年末に、はじめてヒプノセラピー(催眠・前世療法)というものを体験しました。

うーん、すごい。
これは、スピリチュアル・カウンセリングと違って、自分自身で前世をみたり、感じたりすることができるところがすごいんですよ。

意識ははっきりしながら、誘導によって前世のできごとや、そのときの感情などを自らしゃべっていることに驚きました。

それから、ハイヤーセルフにメッセージをいただいたり、未来の自分からメッセージをうけとったり・・・なんてことが実際に体験できました。

どういうしくみになっているのだ?と、しばし考え込んでしまいますね。

セッションを受けているときに、ものすごい感情の起伏が激しかったのを覚えています。
ハイヤーセルフに出会えたときには感動がかけめぐりました。
(ハイヤーセルフについては宇宙一のそもそも論参照)

もっとハイヤーセルフと対話できるようになりたい!
と、思っていた私は、とにかく「会えてうれしい」という気持ちでいっぱいだったのです。

普段の生活の中で、「この気持ちはどこからくるのだろう?」と不思議に思うことや、自分がなにをするために生まれてきたかということに迷ってしまうとき、このヒプノセラピーで原点に立ち戻ることが可能になります。


前世というのはひとつではなく、幾つもの前世での想いが絡み合って現在の自分がいるのだということがよくわかりました。
現在の自分も、現在の人生だけでなく、来世につながっていくのだということも実感できました。

こんなふうに全体から俯瞰できるようになることにより、考えが狭くなったり、日常のストレスにとらわれてしまったりということが減り、本来の自分の目的を確認することができますね。

セッションをしてくださった先生に教えていただいた前世療法の本です。
ご興味のある方はどうぞ。

魂の療法―ワイス博士の人生を癒すメッセージ
魂の療法―ワイス博士の人生を癒すメッセージ
Brian L. Weiss,山川 紘矢,山川 亜希子

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30327072

この記事へのトラックバック

    にほんブログ村 漫画ブログへクリック投票してね。

    

    仕事のこと・人間関係のことについてお悩みのあなたには、
   スピリチュアルカウンセリング・メッセージ』がおすすめ。





過去ログを見る
2018年10月(2)
2018年09月(5)
2018年08月(4)
2018年07月(4)
2018年06月(3)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(3)
2018年02月(2)
2018年01月(2)
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(3)
2010年01月(5)
2009年12月(2)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)