「いい気分ドットコム」ホームページへ

   スピリチュアルな存在と、あなたが、心ゆくまで
   対話をするという新常識。『人生を変える対話


2009年11月06日

「内なる声」からの回答その7

管理人ユキです( ̄▽ ̄)ノ

久々のブログ更新となってしまいました。
質問がずいぶんたまっております。
さっそく「内なる声」にご意見を伺ってみます。

ワタクシ:個人サポートを可能にする有料システム、
「人生を変える対話」〜あなたの心を安心に導く質疑応答〜がはじまり、順調に稼働中です。

内なる声:あなたはよくがんばっているよ。大丈夫。これからもうまくやっていけるだろう。

ワタクシ:ありがとうございます。ブログの質問がたまってしまいましたが、回答をお願いできますか?

内なる声:かまわないよ。しかし、ここで待っているよりも、個人サポートに移ろうと考えている者は、迷わずそうしなさい。私はどちらにも答えるが、少し答え方が異なるからね。

ワタクシ:どう異なってくるか、説明は必要ありませんか?

内なる声:それは、あなた個人に向けて発するメッセージであるのか、それともこの公の場で、すべての「傍観者」に向けて発言することになるか、という違いであると認識しなさい。それでわかるだろう。

ワタクシ:なるほど。では、さっそくたまっている質問を順番にご回答いただけますか?

内なる声:わかった。進めなさい。


<質問>
私も、ハイヤーセルフや守護の天使と話がしたい!と強い希求を持ち、随分と年齢を重ねました。今私が頑張って彼らと「対話」しようとしていることは、頭の中で都合よく、自分が作っているストーリーなのか、あるいは部分的にでもきちんと彼らと繋がっているのか、教えてくれませんか?
また、ハイヤーセルフとしっかり繋がったという実感を得るためには、ヒプノセラピーを受けたほうがよろしいでしょうか?
私のハイヤーセルフのイメージは、なぜか三角のとんがり帽をかぶった昔のチベットの僧か仏?の姿をしていますが、これも勝手な私の妄想でしょうか・・?
個人サポートシステムを、とても楽しみにしています。よろしくお願いいたします。
ふるーる 10/22 07:03


ワタクシ:ハイヤーセルフに会いたいという方が非常に多いですね。この質問についてお答えください。

内なる声:あなたが私と出会えたように、ハイヤーセルフと会って話したいと考える者がたくさんいるようだが、少し誤解を解いておく必要があるね。私はあなたのハイヤーセルフと同化してはいるが、純粋なセルフというわけではないので、私のようにベラベラとしゃべってくれるハイヤーセルフに会いたいと思っても、それは難しいのだよ。

ワタクシ:そうなのですか?普通はこんなに話してくれないと?

内なる声:そうだね。あなたは私しか知らないから、また、これをみたものは皆私のことをセルフと感じているからそう思うかもしれないが、それは違う。
私は稀な存在であり、セルフと同化して話しを伝え、知識を与えようとしている者だから、根本的に違うと考えて欲しい。ただ、あなたのハイヤーセルフであるということも確かだよ。わかるかな?


ワタクシ:うーん。以前よりは理解していると思うのですが、難しいです。ではこの方がハイヤーセルフとしっかり繋がったという実感を得るためにはどうすればよいのでしょうか?

内なる声:しっかり繋がったという実感を得るのに必要なこととして、なにかドラマチックなことがあるはずだと考えているならば、そうはならないかもしれない。あなたが繋がったと感じていなくても、繋がっているのだけどね。

ワタクシ:本当にそうなのですか?感動的に出会えないのですか?

内なる声:私は、ドラマチックではないと言ったが、感動的ではないとは言ってない。セルフはいつもあなたに会いたがっており、あなたがそう思うのは、セルフがそう思っているからだよ。このことは、メルマガの方で語らせてもらおう。わかったね。

ワタクシ:はい。毎週月曜発行のメルマガで、「内なる声」より直接、ハイヤーセルフについて語っていただくという特集をおこないたいと考えています。みなさま、まずはそちらで知識を得てください。

内なる声:この質問に答えておこう。あなたのハイヤーセルフがそのイメージであるということを感じるなら、それがセルフの姿だと思っていてかまわない。あなたが頭の中でしようとしている対話は、都合のいいものではないよ。ただ、ちょっとあなたが「聞こう」とせずに、一方的に話している。あなたはもっと、セルフがなにを言おうとしているのか、「聞こう・感じよう」としていれば、日々の生活の中で感じるようになるだろう。

ワタクシ:ヒプノセラピーを受けたほうがよろしいでしょうか?という質問についてはいかがですか?

内なる声:あなたが、そうしたいと思うなら、受けてみなさい。

ワタクシ:ほかにありますか?

内なる声:次に行こう。


<質問>
「引き寄せの法則」というのは世界中にあるありとあらゆる不公平や困難な境遇のもとの生まれた人々のことを説明することができません。 身体的に障害を持って生まれたり、インドの不可蝕民に生まれ一生便所掃除や死体処理を義務づけられた境遇など 幼女が生まれた家の理由で売春を強いられたり、彼らが生きてるうちに引き寄せたわけではありません。 これは生まれ変わりというシステムがないなら宇宙のシステムの公平性などないということになります。
私たちの魂は死んでからまた何度も物質世界に生まれる自由はあるのでしょうか? また、私は他人を通してこのようなメッセージを知ることに対しもうウンザリしています。 私は自分で直接、高次の存在の声を聞き質問の答えを知りたいのです。 一体いつになったら、私は自分で明確に内なる対話することができるのでしょうか。
yuki 10/22 14:34


ワタクシ:まず、「引き寄せの法則」が、不公平や困難な境遇のもとの生まれた人々のことを説明することができないということについては、いかがでしょうか。

内なる声:「引き寄せの法則」というものは、あなたが考えていることを引き寄せるという法則をあらわしているものであり、あなたの境遇を引き寄せることはできない。あなたの言うように、生まれるときに自らが決めている厳しい境遇のことについて、あなたは混乱し、誤解して物事をとらえているようだ。まずは、あなたの頭の中が整理できてないということを理解してなさい。
高次の存在の声を聞ける人間になりたいなら、「ウンザリしている」というような精神でいるかぎり、あきらめてほしいとしか言いようがない。
あなたが、まともに、私に向かって整理をできた頭で、しっかりと質問するつもりがあるなら、また質問してきなさい。
以上。次に行こう。



<質問>
大天使さんにお聞きしたいことがいっぱいありますが、とりあえず1つ。どうかよろしくお願いいたします。
私は虐待を受けている動物のことをすぐ考えてしまい、とても辛いです。 半年前に『ザ・シークレット』を知った時は衝撃を受けました。戦争を反対しているうちは戦争はなくならない。動物虐待に意識をフォーカスせず楽しい気持ちでいよう。 でも最近はまた元に戻ってしまいました。耐え難い苦痛(実験や二酸化炭素による殺処分、劣悪な環境)の中にいる動物たちがいるのに、自分が快適に暮らしていることを申し訳なく感じます。彼らと自分の心を救いたいです。
☆ガール 10/22 23:18



ワタクシ:彼女は、個人サポートに申し込まれています。こちらで先に答えられますか?

内なる声:そうだね。まず、あなたがそのように考える理由は、動物の虐待そのものにひどく心を奪われるからという訳ではなく、あなたの心の片隅にある空虚感につけいられていると考えて欲しい。つまり、あなたの考えは、動物の虐待について知っていることがなんであれ、それそのものに興味があるわけではなく、たまたまひどく興味を持って心を痛めてしまうものがそれであるということだよ。わかるかな?

ワタクシ:原因はほかにあり、動物のことは、すりかえられた気持ちであるということでしょうか?

内なる声:確かにあなたは、動物のことを大切に思っているのだが、それでも、あなたがその気になれば忘れていられることだろう。その点からいっても、別に原因があると思った方がいい。あとは、サポートの方で直接答えることにする。

ワタクシ:わかりました。ほかにありますか?


内なる声:そうだな、ここで、次回までの質問の間にまた、新たな質問も入るかもしれないが、それらには順番にこのようなペースで答えていくことになる。それでも良い者は、この場で質問してきなさい。
しかし、私としては、個人サポートの方に申し込み、あなたの満足が行くまで質問したほうがよいと思っている。あなたは、私のことを信じて、もっと安らかな気持ちで申し込んできなさい。わかったね。


ワタクシ:以上でしょうか?

内なる声:次回は、また、さらに忙しくなっている可能性が高い。個人サポートについては、早めに申し込み、返事を待つつもりでいるのがよいだろう。あなたと、個人的に対話できることを楽しみにしている。

ワタクシ:ありがとうございました。
posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 「内なる声」からの回答
この記事へのコメント
こんなに早くご回答くださりどうもありがとうございました。感謝します。
私が聞きたかったものの一つは、人間が生まれてくる前に自らの境遇を決めてくるのだろうか?ということでしたが、それについては、「内なる声」もそのように言っているので安心しました。
そして結局、今回私が訊きたかったのは、生まれ変わりはあるのか?私が死んだあと私の魂は物質世界に生きることを選択できるのか?ということです。
私はこのことについて、長年、宇宙は自由であり思ったことや選択したことが実現する世界だから再び物質世界に生まれる自由にも疑いを持っていませんでしたが、最近それを否定する情報に沢山出会い混乱しています。
宇宙には時間などなく、過去生も未来生も全ては同時に起こっているので、死後は統合するのみで個の魂のレベルでは生まれ変わりなどない、という人もいるからです。
ガブリエルの使者さんは輪廻転生をどのように捉えていますか。
Posted by yuki at 2009年11月06日 10:09
はじめまして。苦しみから・・・のメールでずいぶん救われました。ありがとうございます。2つ聞きたいです。ひとつ目は、仕事のこと。まわりの人がすごく頑張りやさんでいい人ばかりで、自分だけがだらだらしているように感じます。むいていないのかと思います。どうしたらよいのか分からなくなっています。2つ目は彼とのことです。もう何年も同棲状態で、このままでよいのかなということです。こうして文章にしてみると、情けない自分だな〜と感じてしまいます。このままではだめかな、なんとかしたいと思います。よろしくお願いします。
Posted by momo at 2009年11月11日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33455043

この記事へのトラックバック

    にほんブログ村 漫画ブログへクリック投票してね。

    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    仕事のこと・人間関係のことについてお悩みのあなたには、
   スピリチュアルカウンセリング・メッセージ』がおすすめ。
   人生を変える対話は、どなたにも無料でお試しいただけます。





過去ログを見る
2018年07月(3)
2018年06月(3)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(3)
2018年02月(2)
2018年01月(2)
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(3)
2010年01月(5)
2009年12月(2)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)
2009年05月(4)
2009年04月(1)
2009年02月(1)