「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

   一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
   個人サポート・システム『人生を変える対話』をご利用ください。
   はじめての方は、無料でお試しいただけます。


2009年12月15日

おつかれさまです。

ユキです( ̄▽ ̄)ノ

ハイヤーセルフ・メッセージのほうですが、もうすぐ落ち着きます。
12月に入金された方、いましばらくお待ちくださいませ。

すみませんが、しばらくコメント欄は非表示にします。
事情もよく知らないで、書き込まれるのはつらいのです。
「内なる声」との対話を更新しますのでヨロシクです。


ワタクシ:今回の騒動でテーマとなったのが、「高次元の存在とは」ということだったと思うのですが、あなたはどう思われていますか?

内なる声:「高次元」というのは、あなたがたがつくっている言葉であり、実際に「高い」わけではないのだが、何をもってそれを判断するのかということを一度考えてみる必要はあるね。
あなたが私について、「高次の存在というのを人間が判断できるのか」と言ったとき、他の者は何を考えて読んだろうね。

私は「高次の存在」という言葉が何を連想するのかは理解できるが、あなたがたが思っているような存在がいる場所が「高次元」であるのではなく、「高次元」というのは、あなたがたよりも広い範囲を見渡せる場所なのだよ。
つまり、あなたのように二面・三面を見る存在ではなく、あらゆるところから物事を眺める資質をもっているということ。
あなたにとってそれが理解できないことであっても、必要であるから起こっていることが多いのはそのためだと言える。

あなたが久しく使っていないものがそこにあることを、あなたは理解しながら使わないのではなく、単に忘れていたり、必要なかったりすることがあるだろう。
それは、理解しておこなっているのではなく、そうする必要がないからおこなっていない。
しかし、多面を見る者はその忘れている部分を引っ張り出してあなたに思い出させ、必要なものは何かということを理解させる。
あなたがわかっていないのはそこかもしれないね。


ワタクシ:いまの説明がちょっと難しかったのですが、つまり「高次の存在」というのは、多方面から物事を見ることのできる資質をもっている存在だとおっしゃっているのですか?

内なる声:「高次元の存在はこんなことしない」と言われたとき、「高次元の存在の定義をどうして人間が決めれるのか」とあなたは言った。
そのとき、彼らの心の中には、あたりまえのように
「神たるもの、人間の心を惑わすことなかれ」
という自信をもって答えられる理由がある。

神は「善」であるという意識があなたがたにあるからであり、神に近い「高次の存在」というのが、その神と反対の行為をするわけがないと思う。
私が「なぜあなたがたは、その行為を神が許さざる行為と判断しているのか」と問うたとき、それに答えようとする者はいなかった。
それは、あなたがたの中に、「それが当然だから」という以外に答えが見つからないからだ。そうではない?


ワタクシ:そうだと思います。だけど、あなたは神が「善」ではないと言っているのですか?

内なる声:神は「善」ではない。ましてや「悪」ではない。
だが、明らかに「善」ではない行為であると感じたときに人は不快感を感じる。
あなたが攻撃を覚えた理由は、あなたが明らかに「善」ではない行為をしているという感情を受けたからだよ。


ワタクシ:彼らがですか?

内なる声:あなたも、彼らも、「善」ではない行為に対して、「善」であるべきと訴える。
人は、自分が正しいということを信じ、訴えようとする。だから、あなたがおこなったことに対して、「何が正しいか」という問題にすりかえられてしまったので、あなたは憤慨してしまった。
そのことについては誰もあなたを責めることはできないよ。


ワタクシ:どういう意味でしょう?

内なる声:あなたが、あなたの好きでおこなっていることを、誰にも邪魔する権利はない。
しかし、あなたが一人でおこなうのではなく、皆と共におこなうのであれば、あなた以外の意見が重要になるだろう?あなたは私の言ってることがわかる?


ワタクシ:はい。

内なる声:あなたは、一人でおこなってきたことに対し、憤慨した。
他の者は、皆で成り立っていることに対し、憤慨しているのだよ。


ワタクシ:皆で成り立っていることって何ですか?

内なる声:例えば、あなたが私と共に皆を見守っていくと約束したこと。
「皆を見守っていくなら、そんなことはしないはずだ」というわけだよ。
あなたが私のことを信用しているのはわかるけど、信用しているのはあなただけなのでは?と思うわけ。わかるかな?


ワタクシ:はい。

内なる声:あなたが信用していることを、他の人にわかってもらう必要はないと思っているだろう?
だから、あなたのその気持ちが、皆に伝わってしまった。わかったかな?


ワタクシ:それではいけないのですか・・・?

内なる声:だからね。いけないのではなく、それでいいと思うなら、それでいいと考えることだよ。
あなたが「善」か「悪」ではなく、「自分を信じればいい」ということに重きを置いたのは、わかったと思うよ。
あなたはそれ以上に、何も求めていないのだろう?


ワタクシ:・・・そうですが、「高次の存在はそんなことしない」という主張について、あなたはどう思うのですか?

内なる声:私はなんとも思わないよ。高次の存在を定義づけることに意味はないのでは?

ワタクシ:私もそう思うのですが、うーん・・・
その高次元の世界には、他にも存在する者がいるのですか?

内なる声:「高次元の世界」なんてないよ。あなたが見えない世界に、多くの存在がいるだけ。その中でレベルをつけようとしているのがあなたがたであり、私はどうでもいいことだと思っている。

ワタクシ:しかし多くの人にとって、そのあたりが一番どうでもよくないのでは・・・?

内なる声:だから、判断するのはあなたがたになるのだよ。
これは巧妙なトリックでもあなたがたを納得させるための罠でもなく、あなたがたが判断する以外に、その存在がどうであるかという基準など、存在しないのがわかるかな?


ワタクシ:だけど、あなたがいろいろなことができるのを、私は知ってますよ。

内なる声:だからといって、あなたがそれを話しても、嘘だとしか受けとらない人には何も伝わらないということ。あなたが何を話しても無駄だよ。

ワタクシ:「高次の存在」を定義づけることに意味はないなら、意味があるのはどんなことなのでしょう。

内なる声:あなたが何をしたいかということだろう。
あなたは、何をしたいの?


ワタクシ:したいことはたくさんあります。
作業に追われてまったくできずにいましたが、いろいろ考えてます。

内なる声:それを邪魔する者はいないのでは?
あなたがしたいことをおこなえばいい。


ワタクシ:はい。。。
ブログでの質疑応答は、どうされますか?

内なる声:質問を受け付けたままなので、おこなっていけばいいのでは?
あなたはなぜそれを心配しているの?


ワタクシ:質問をされた方は、待っていらっしゃるのでしょうか。。。

内なる声:そうだね。まあ、待っているかはともかく、あなたがどうしたいかというだけの問題であると知りなさい。

いいかな?
あなたが問題と感じていないことは問題ではないのだよ。
あなたがそうではないと考えたことはそうではない。
あなたが良いと考えたことは良いのだし、悪いと考えることはどんどん悪くなる。

あなたが考えるべきことは、あなたがどうなりたいかということだけでいい。
あなたのことを邪魔することは、もうできない。
あなたが、それを理解したのだから、そうなるのだよ。


ワタクシ:わかりました。他に何かありますか?

内なる声:いや、それではあなたがこれからどうしたいかを考えていこう。あなたのことについて、心配してる人もいるよ。あなたは大丈夫だと伝えればどう?

ワタクシ:私は大丈夫です。心配してくださった方、どうもありがとうございました。

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34216331

この記事へのトラックバック

    にほんブログ村 漫画ブログへクリック投票してね。

    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。
    はじめての方は、無料でお試しいただけます。





過去ログを見る
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(2)
2018年01月(2)
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(3)
2010年01月(5)
2009年12月(2)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)
2009年05月(4)
2009年04月(1)
2009年02月(1)
2009年01月(4)