「いい気分ドットコム」HP | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システム『人生を変える対話』をご利用ください。
    はじめての方は、無料でお試しいただけます。

2010年02月19日

「内なる声」からの回答その14

ユキです( ̄▽ ̄)ノ
「内なる声」からの回答です。

ワタクシ:11月分の質問に入りました。少しずつですが、追いついてきています。

内なる声:じゃあ始めよう。


<再質問>
私が聞きたかったものの一つは、人間が生まれてくる前に自らの境遇を決めてくるのだろうか?ということでしたが、それについては、「内なる声」もそのように言っているので安心しました。 そして結局、今回私が訊きたかったのは、生まれ変わりはあるのか?私が死んだあと私の魂は物質世界に生きることを選択できるのか?ということです。 私はこのことについて、長年、宇宙は自由であり思ったことや選択したことが実現する世界だから再び物質世界に生まれる自由にも疑いを持っていませんでしたが、最近それを否定する情報に沢山出会い混乱しています。 宇宙には時間などなく、過去生も未来生も全ては同時に起こっているので、死後は統合するのみで個の魂のレベルでは生まれ変わりなどない、という人もいるからです。 ガブリエルの使者さんは輪廻転生をどのように捉えていますか。
yuki 11/06 10:09



ワタクシ:この質問にお答えください。

内なる声:そうだな、どうしたものかな。あなたがたの理解を超えるお話しをしたところで、あなたがたが理解できるわけではないからね。

ワタクシ:まず、「生まれ変わり」はありますか?

内なる声:そうだね。あなたは生まれ変わっているよ。

ワタクシ:「あなた」とは私ですか?

内なる声:いや、あなたに限らず、生まれ変わっているに決まっていると思わないかな?

ワタクシ:どうして決まっているのですか?

内なる声:だって、そうでなければ、どうやってあなたの過去生を、現在のあなたが知ることができると思う?

ワタクシ:過去生を知るとは、どういう意味ですか?

内なる声:あなたは過去生を見ただろう?

ワタクシ:はい。ヒプノセラピー(催眠療法)で、過去生を見ましたが。

内なる声:それが本当なら、なぜ過去生をみて、現世とのつながりを感じることができる?

ワタクシ:そうですね。過去生も未来生も全てが同時に起こっているのなら、現在の生とのつながりの意味がわからないですね。

内なる声:なぜそんなことに気にするのだろう。あなたはどう思う?

ワタクシ:生まれ変わりのことですか?

内なる声:生まれ変わったり、死後のことを気にするのはなぜかな?

ワタクシ:「現在」を、充実して生きれないからでしょうか。
あなたは、亡くなった人とお話しをすることができますよね。私も単純に、どんなしくみになっているのか、理解したいという気持ちはあります。

内なる声:そんなことを理解しても仕方ないと思うけど、まぁ知りたいのなら話してもいいよ。
生きているうちは私と話ができる者はあなたしかいないが、亡くなってしばらくすれば私は話をすることができる。そのしくみは、あなたがたが生きている世界と、あなたがたが死んでからの世界が両方あって、あなたがたが知っているように、そこは同じ場所である。私が言ってる事がわかる?


ワタクシ:生きている世界と、死んでからの世界が同じ場所なのですか???

内なる声:同じ場所といえば、あなたは同じ空間を指すと考えるだろうけど、同じ場所でありながら違う次元にいると考えるとわかりやすいかもしれない。

ワタクシ:あなたはどうして、亡くなってしばらくしないと話をすることができないのでしょう。また、ずいぶん前に亡くなった人と話ができるのはなぜですか?

内なる声:あなたが言っていることは、はじめて聞く人がほとんどだよ。きちんと説明しないの?

ワタクシ:そうですが、メールサポートや、対面サポートでは、普通に亡くなった人の言葉をお伝えしたり、ハイヤーセルフや守護神の言葉をお伝えしたりしてますよね。相談者の方に、違和感はないようですが、どういうしくみになっているのかはとても不思議でした。教えてください。

内なる声:しくみというほど大げさなものではない。あなたが死んだ後、消えてなくなるのではなく、違う次元の世界に移るのだと思ってごらん。いきなりそこから遠ざけられ、自分の居場所を理解し、把握するまでに時間がかかる。あなたが言うところの「時間」ではないが、あなたが気にするところの「時間」ではあると言えるね。

ワタクシ:成仏していないと、あなたと喋れないというわけではないのですか?

内なる声:「成仏する」と言うのは、自分がどこに行くべきなのか理解し、そこに向かうということだよ。私は、そのどの段階にいても、彼らが理解できるなら話せるよ。

ワタクシ:うーん。。。話がそれてしまいましたが、「死後は統合するのみ」ではないようですね。「統合」はしないのですか?

内なる声:統合したいならできる。しかし、あなたはもっと複雑な過程を経てそこにたどり着く。あなたが言いたい事はわかるが、まぁ理解の範囲を超えていることについて、あなたが理解できることは、「本当かどうかわからない」ということぐらいだと思っていればどう?

ワタクシ:そうですね。。。あなたはそのような理論を、伝えようとは思っていないのですね。

内なる声:私が伝えたいのは、あなたがたがいかにして、この現在の生を楽しむかということだけである。それ以外にはあまり興味がない。

ワタクシ:それがあなたの「役目」なのでしょうか?

内なる声:私ではなく、あなたの「役目」だろう。

ワタクシ:そうなのですか?

内なる声:いまさらだけど、そうなのです。

ワタクシ:「ガブリエルの使者さんは輪廻転生をどのように捉えていますか」とのことですが?

内なる声:ガブリエルの使者さんは、輪廻転生を説明することに興味があまりないと言っている。

ワタクシ:うーん・・・「輪廻転生」はありますか?

内なる声:あるから心配いらない。次に行く。


<質問>
2つ聞きたいです。ひとつ目は、仕事のこと。まわりの人がすごく頑張りやさんでいい人ばかりで、自分だけがだらだらしているように感じます。むいていないのかと思います。どうしたらよいのか分からなくなっています。2つ目は彼とのことです。もう何年も同棲状態で、このままでよいのかなということです。こうして文章にしてみると、情けない自分だな〜と感じてしまいます。このままではだめかな、なんとかしたいと思います。よろしくお願いします。
momo 11/11 22:51



ワタクシ:この質問にお答えください。

内なる声:なぜだめなの?別にいいと思う。
なぜだめだと思うか、話して欲しい。


ワタクシ:そうですね。対話形式でないと、こういう回答は難しいですね。仕事が自分にとって、むいているかどうかわからないという点についてはいかがでしょうか?

内なる声:その質問になら答えるが、あなたがむいているかむいてないかということは、あなたが「楽しいかどうか」で決めていい。「むいている」ということが「得意である」こととは限らない。どのようなやり方であれ、あなたが楽しいなら自分のやり方を変える必要もない。あなたがやりたいことを、やりたいままにやれることを目指して欲しいと思う。難しいと思うなら、確かに「むいていない」のではないかな?

ワタクシ:彼ともう何年も同棲状態で、このままでよいのかなということについてはいかがですか?

内なる声:彼はいいと思っているのではない?あなたが嫌なのでしょう?あなたはそのように、嫌なことを「むいていない」とか「なんとかしたい」とか考えているけれど、「どうしたらよいかわからない」という。
本当にどうしたらよいかわからないのでしょうか?それとも、まわりの人が頑張りやさんではなくなったり、同棲状態を抜け出したりすれば安心が得られるのでしょうか。
どちらもあなたが、安心が得られる方法ではないでしょう?あなたが安心できる状態が、どのようなものであるかを考えてみなさい。
「このままでいいのだろうか」「もっとほかに何かしたい気がする」と考えるのはいいが、「情けない自分」「このままではだめだ」と考えることはあなたをダメな未来に導くことになる。
あなたが何をしたいのかを考え、何をどこでしている自分を想像すれば、あなたが安心を得られるかということを、じっくり考えてみなさい。その答えを出し、「このようにしたいができない」と感じたときに、はじめて「このようにするにはどうすればいいだろう」と悩むのが普通だが、「ダメな気がする」ということを伝える必要ない。
それをあなたに伝えているのは、あなたを促している者であり、あなたを導いている者である。


ワタクシ:ハイヤーセルフですか?

内なる声:「気がする」と感じるなら、あなたが導かれていることを知り、安心して考えをすすめなさい。わかったね。

ワタクシ:なるほど。ほかにありますか?

内なる声:いま話したように、あなたが何をしたいのにできないと思うのかということを、理由を添えて具体的に書いて欲しい。
そうすれば、その質問をする過程に意味があるとわかるだろう。


ワタクシ:はい。以上でしょうか。

内なる声:今日はこれまで。

ワタクシ:ありがとうございました。

秋元ユキ@いい気分ドットコム | コメント(0) | トラックバック(0) | ■「内なる声」からの回答
記事へのコメントは下のフォームからどうぞ。( ´ ▽ ` )ノ

個人的なご相談・ご質問に対する回答をご希望の方は、別途、
個人サポート・システムを、ご活用ください。

コメントが表示されるまでには時間がかかる場合がありますので、書き込みボタンは一度だけ押してください。
ご発言には、マナーをお守りくださいネ。

――管理人 秋元ユキ


<この記事へのコメント>

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35403655

この記事へのトラックバック

    

    「いい気分ドットコム」HP | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。
    はじめての方は、無料でお試しいただけます。





過去ログを見る
2018年01月(2)
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(4)
2010年01月(5)
2009年12月(3)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)
2009年05月(4)
2009年04月(1)
2009年02月(1)
2009年01月(4)