「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システムをご利用ください。


   \無料モニターで、お試しプチ相談を体験してみました/
     ご相談メールのやりとりの内容を、包み隠さず公開中!

2015年05月20日

テキスト近日発送開始


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするためのテキストをつくるという企画を進めようとしています。
※テキストの題=「対話の心得」

「内なる声」との対話の更新です。


ワタシ :「対話の心得」テキスト、完成しましたよ〜。。。
(((((o_ _)o

内なる声 :そう。もう発送できるの?

ワタシ :あとは、印刷とご案内ページの更新ですので、近日発送開始です。

やっとここまで来ましたね〜。。。
φ( ̄▽ ̄;)=з

内なる声 :じゃあ、最後にこうしよう。
あなたが最も伝えたいことを、案内ページに綴ること。


ワタシ :最も伝えたいこと・・・?
φ( ̄○ ̄;)

んー何でしょね・・・
このテキストを読めば、「対話をする」ということについての考えが変わるってことですかね。。。

内なる声 :そう。あなたは、変わったの?

ワタシ :変わりました。d( ̄  ̄)

「対話をする」ということについて、こんなふうに説明してもらえる機会は、なかなかありませんもの。
「対話をする」ということについての理解を得てからというもの、いろいろな人と話をするときに、頭が整理できるようになったり、自分の考えが伝わりやすくなったり、余計なことを考えずに話せるようになったりしました。
いつも思うのですが、言葉というのは、こんなにも人に理解を促す力をもっているのですねぇ。。。

内なる声 :そうだね。
言葉というのは、それだけで人の気持ちを変えることができるものだからね。


ワタシ :いやー、でもそれは、あなたが発する言葉なのでそうなるのだと思います。
私が話をしていて、人の気持ちを変えることなんて、そんなにできるものではありませんものー。

内なる声 :そんなことはない。
人の気持ちが変わることなど、一瞬の出来事だよ。

相手が何を理解していて、何を理解していないかをとらえることが大切なんだよ。
あなたがそれを理解すれば、簡単にできるようになる。


ワタシ :そ、そうスか・・・φ( ̄ω ̄;)

それはまたじっくりとお聞きしたいようなお話ですね。。。

内なる声 :そうだね。いろいろなことを学ぼうとするのがいい。

ワタシ :それにしても、このテキストはきちんと、前に進むための「基本編」とも言える著書『セルフより愛を込めて』の続きとなる、「実践編」テキストになっているので、すごくよかったと思います。

実際に役に立つテキストをつくっていくのが目標だったので、完成してうれしいですー。
φ( ̄▽ ̄)

内なる声 :そんなことより、早く軌道に乗せないといけないよ。
さっさと仕上げて、次に移らないといけないだろう?


ワタシ :そっ、そそそそんなことより???
煤i・ω・;ノ)ノ

内なる声 :そんなことはもうとっくにわかっていることだろう?
次に次にと移っていく中において、そんなふうに立ち止まっている暇はないのだよ。

だって、そうじゃなければ進まないだろう?
次に進めるだけの余裕ができてはじめて、そのように振り返ってみてはいかが?


ワタシ :そ、そうスね。φ(TーT;)
さっさと発送できるようにしろってコトですよね。

内なる声 :さっさと発送できるようになったら、ゆっくり感動して欲しい。
では、よろしく。



・・・というワケで・・・

個人サポート・システムでは、メールによる対話の際に、「内なる声」の語った内容を忠実にまとめたテキストをお読みの上、テキストの内容に沿って対話を進めていただくことができるようになります。

すでに対話に申込まれている方は、後からでも入手できるようにします。


準備ができ次第、発送を開始します。

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

2015年04月20日

慎重に、工夫しています。


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするためのテキストをつくるという企画を進めようとしています。
※テキストの題名=「対話の心得」

「内なる声」との対話の更新です。


ワタシ :「対話のススメ」テキスト改め、「対話の心得」テキストの仕上げにかかっていますが、難しいですねぇ。
φ( ̄▽ ̄;)

内なる声 :どこが難しいの?

ワタシ :えーと、編集や仕上げ方によって、このテキストがどんなものになるのかが決まると思うので・・・

慎重に、工夫しています。
φ( ̄^ ̄;)

内なる声 :そうだね。テキストを読んだ人は、わかりやすくなると思う。
だけど、一つ案があるのだよ。


ワタシ :えっっ煤i・ω・ノ)ノ

何ですか何ですか。
早く言ってくださいよ。

内なる声 :あのね。このテキストを配布するときに、こう言って欲しい。
対話を進める方法が書いてあると。

それから、あなたが対話というものを見直す機会がここにある。
そういったことを書いて、あなたが理解を求めねばならない。


ワタシ :そうですねぇ。
テキストを何冊つくっても、そういうことをわかってもらえないと始まらないですものね。
φ(・ω・`)

内なる声 :それで、案なんだけど、実際に配布するときに、こうして欲しい。
「テキストを読まれた方は、テキストの内容に沿って対話を実行することができるようになる」ということ。
その説明をできるものとして、出さなければならない。


ワタシ :うーん。。。
そうすると、ますます仕上げ方が大切になりますね。

内なる声 :そう。仕上げ方をもう一度考えよう。
それから、仕上げるときに大切なのは、対話のやり方ではなく、対話の考え方なのだから、間違えてはいけない。
対話をする上での考えを示すことさえできれば、完成すると思って欲しい。


ワタシ :そうなのですね。。。
私は、個人サポート・システムの管理人として、対話のやり方やルールの説明をしなきゃいけないと思いがちなので、注意します。。。
・・・他にありますか?

内なる声 :対話をするときに考えて欲しいことが詰まっている。
これを読めば、余計なことを考えずに、対話に入ることができる。
それだけのことを話しているものに仕上げること。

あとは、どのように配布するかだけど、普通にあなたがシステムの申込みを受け付ける際に、購入できるようにすること。
その他の申込みは受け付けない。
テキストのみを別売りしないこと。以上。


ワタシ :えっそうすると、テキストの完成を待っていただかなくてはならなくなるので・・・
すでに対話を開始している方にも、ご希望の方には配布したいと思っていたのですが、ダメでしょうか。。。

内なる声 :希望しているのが、対話をスムーズにできない人であれば配布してもいいけれど、すでに対話が終了している場合は、次回申込み時にして欲しい。
これは、「読み物」ではないからね。


ワタシ :そ、そうスか・・・φ(・ω・; )
十分面白い「読み物」だと思うのですが・・・
あくまで、対話をする際のテキストとして、購入していただくのですね。。。

内なる声 :うん。では考えていこう。


・・・というワケで・・・

対話がスムーズにいかない場合は後からでも入手できますので、対話をご希望の方は、待たずにお申込みください。
早く前に進もうとすることのほうが大切ですからね。。。

テキストの完成にはまだ時間がかかりますので、こうしてブログでのお話やメルマガでの「内なる声」によるコラムなどを参考に、あなたにも「対話をする」ということについて考えていただきたいと思っております。


ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

2015年04月02日

いまのところ問題ナシ!


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするためのテキストをつくるという企画を進めようとしています。
※テキストの仮題=「対話のススメ」

「内なる声」との対話の更新です。


ワタシ :「対話のススメ」テキストの編集が進んでいます。
通して読むと、本当に面白い内容ですねぇ。
φ( ̄▽ ̄)=3

内なる声 :そう。もうできるの?

ワタシ :いえ、現在7・8割くらいかと・・・
φ( ̄^ ̄)

後は仕上げなのですが、テキスト全体を読み上げ機能で繰り返し再生しながら、文章の足りないところやわかりにくいところ・順番がおかしなところなんかを確認する作業をしていくのですよ。
それが終われば後はいろいろ案を加えて完成させて、どうやって配布するかを考えて、実際に印刷する・・・
ってところまで、まだかかりますね。。。

内なる声 :うん。

ワタシ :あ、そうだ。
「対話のススメ」という仮題なんですが、このテキストについては、「対話の心得」という題名に変えようと思うのです。

内なる声 :このテキストについては?

ワタシ :そうです。もともと「対話のススメ」という題名のシリーズで、さまざまな悩みに関するあなたの見解や教えを説いたテキストをどんどんつくっていきたいということだったのですが、このテキストは別にしないとややこしいのです。

これは、メールによる対話をお申込みの際の必読テキストとして配布したいので、今後作成する他のテキストとは分けて考えたいと思っています。

内なる声 :他のテキストは、「対話のススメ」として出すの?

ワタシ :そうですね。。。
いや、次に取りかかるのが「対話のススメ」テキストになるかどうかはまだ決めてないのですが、とにかく今回のテキストと、それ以外のものを分けたいということなんです。
それで、「対話の心得」という題名がわかりやすいかと思ったのですが・・・

内なる声 :「対話の心得」を出したら、次に何をするの?

ワタシ :いや、まだわからないですけど、次は違うことしたい気もしてまして・・・
実はちょっと違う感じの本を出したい気もしてまして・・・

内なる声 :違う感じの本って?

ワタシ :いや、まだわからないですけど・・・
ちょっと前から、思ったりするのですよ。
「いい気分」をテーマにした本をつくれたらいいのになぁって。。。
ヾ( ̄▽ ̄;)〃

内なる声 :そう。じゃあ、「対話の心得」ができたら、また話そう。

ワタシ :そ、そうスか・・・φ(・ω・; )

「対話の心得」テキストでいいスか?

内なる声 :うん。それで、何が問題なの?

ワタシ :いえっいまのところ問題ナシ!っス。
s(・`ヘ´・;)ゞ

それから、今後の「対話のススメ」テキストの走りとなっていく予定の、メールマガジンで連載中のコラムの件なのですが・・・

内なる声 :うん。どれを出す?

ワタシ :すでにいろいろあなたにお話をうかがっていますが、今回は個人サポート・システムの中でも、ご相談の多い題材である「恋愛について」の論にしようかと・・・

内なる声 :そう。「恋愛について」の論にするの?

ワタシ :あなたが「恋愛について」語ってくださったのがすごく面白かったので、それにします。
「内なる声」の理論としては珍しい題材ですし、とっても興味深かったです〜。
(⌒m⌒)

内なる声 :そう。では、恋愛に悩む者は、参考にして欲しい。


・・・というワケで・・・

「対話のススメ」テキスト改め、
「対話の心得」テキストぴかぴか(新しい)となりました〜。。。

テキストの完成にはまだ時間がかかりますので、ブログでのお話やメルマガでの「内なる声」によるコラムなどを参考に、あなたにも「対話をする」ということについて考えていただきたいと思っております。


メルマガは、準備ができ次第配信しますので、よろしくお願い致します。

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。