「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

   仕事のこと・人間関係のことについてお悩みのあなたには、
   スピリチュアルカウンセリング・メッセージ』がおすすめ。
   人生を変える対話は、どなたにも無料でお試しいただけます。

2015年07月29日

なんか、気に入らない?


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするための説明マンガを描くという企画を進めようとしています。


ワタシ :ふ〜・・・ちょっと忙しくて、ブログの更新が遅れてますね。。。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :何を忙しいと言ってるの?

ワタシ :個人サポート・システムの返信と・・・あと、サイトの整理をしなきゃと思っていて・・・
マンガも描いているのですが、なかなか難しくて気に入ったものが発表できません。

前回発表したマンガと別パターンのものをつくってみたりもしたのですが・・・


(画像は削除されました)


内なる声 :前回よりは、わかりやすいよ。

ワタシ :そうですか?うーん。。。
他にも、下記の説明をマンガで表現しようと考えているのですが・・・

・個人サポート・システムのご利用上の注意点の説明
・ハイヤーセルフのことを、誤解のないように説明
・メールによる対話の、「ワーク・サポート」と「ハイヤーセルフメッセージ・サポート」の違いを説明
・「内なる声」についての説明

内なる声 :うん。それをどうして描かないの?

ワタシ :いえ、描いてみては、気に入らないので描き直してるのです。
マンガで説明をすると言っても、まるで私がそこでしゃべっているかのように表現するわけでしょう?

そのとき、ニヤニヤ笑ってたら変だなぁとか、すましてしゃべってたら怪しげかなぁとか、変な顔をしてたらふざけてるみたいだなぁとか、いろいろ考えてしまって、気に入らないんです。。。

内なる声 :そう。それは大変だね。
あなたは、自分がしゃべってるつもりなの?


ワタシ :はい。。。私が、その人の目の前でしゃべっているように表現することで、ややこしい説明やわかりにくい部分を、理解してもらえたらいいなと思っています。
視覚でとらえられると、雰囲気も伝わって安心できるかもしれないし、身近にも感じていただけると思って・・・

内なる声 :なのに、それが難しいの?

ワタシ :・・・はい・・・
なんか、一人でベラベラしゃべってるだけのマンガになってしまうし、説明だらけのような気がして・・・

それでも、いいのかもしれませんが・・・
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :なんか、気に入らない?

ワタシ :はい・・・φ(´・ω・`)

内なる声 :あなたが間違っているのはね、私がしゃべっているところを描こうとしないからだよ。

ワタシ :・・・φ( ̄‥ ̄;) え・・・?

あなたがしゃべっているところを描くのですか・・・?
私がしゃべっているところではなく・・・?

内なる声 :うん。私のしゃべっているところを、描いて欲しい。

ワタシ :全体に渡って・・・?

内なる声 :そう。私が、あなたにしゃべっているところを描いて欲しい。

ワタシ :あなたが、私に、しゃべっているところ・・・?
うーん・・・(/・_・\)

上のマンガのように、筆談しているところを表現するのですか・・・?

内なる声 :あなたは、筆談をして、私が話していることを伝える役目をしているのだろう?
それを表現しないで、何を表現するの?


ワタシ :・・・φ( ̄○ ̄;)・・・

だけど・・・あなたがしゃべった後で、「このようにおっしゃってます」という感じで毎回描くのですか?
なんか、それも不自然な気が・・・

内なる声 :「このようにおっしゃってます」と描くのではなく、あなたがどう思ってるのか、描けばいい。

ワタシ :上のマンガのように、あなたがどう言ってるのかを描いて、その後、私がどう思っているのかを、どのマンガにもいちいち描くのですか・・・?

内なる声 :いいえ。筆談をしながら、聞こえていることを描いて、あなたが思っていることを描いて、終わり。

ワタシ :つねに、あなたと私がどちらもしゃべっているところを表現するということですか・・・?

内なる声 :そういうことだとわかった?

ワタシ :う、φ( ̄Д ̄;)うーん・・・

・・・だ、だけどそれだと、いつも同じような絵になったり、余計表現が難しかったりしませんか・・・?

内なる声 :それは、やってみてから考えよう。
では、よろしく。



・・・というワケで・・・

私がなぜ、なかなか表現することができないのかが、なんとな〜くわかってきました。

実際に表現したいものを表現しようとしていて、実際とは違う状態のことを表現しようとしていることが、あるものなのですねー。。。

表現をするということは、思っていたよりずっと奥が深そうです。


考え直して、トライしてみます。

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2015年08月12日

「いい気分ドットコム」にできること


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするためのいろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :前回のアドバイスを踏まえて、このマンガを描いてみました。


(画像は削除されました)


ワタシ :筆談しているところが表現できなかったのですが、かまわないでしょうか・・・

内なる声 :うん。べつにいいと思うよ。とにかく、いろいろ描いてみて欲しい。

ワタシ :ハイ。。。最近、他にもいろいろな企画を進めたいと思って、考えているのですよ。
φ(・ω・ )

内なる声 :うん。どんな企画?

ワタシ :えーとですね、もっと読者の方々に、「いい気分」になるということについて理解していただき、「いい気分」になるための選択をしようとしていただけることがしたいと思って、いろいろ考えています。

内なる声 :「いい気分」になるための選択か。
それは、どんな感じ?


ワタシ :選択の内容は人それぞれかと思うのですが、「いい気分ドットコム」にできることを、もっとしたいなと思って・・・いろいろ始めてます。

例えば、ツイッターで、「いい気分」のモチベーションが上がりそうなつぶやきを発信したり、ゲストBBSで、「いい気分」になるための質問にお答えしたりすることにしました。

それから、やはりあなたとの対話をおすすめしたいので、個人サポート・システムのお試しプチ相談で、無料モニターを募集してみてはどうかと考えているのですが・・・

内なる声 :無料モニターって?

ワタシ :無料で、お試しプチ相談を受けていただいて、ご感想とか、内容とかを公開させていただく制度です。
そうすると、お申込みを迷っていたり、お金に困っていたりする人にとっても良くなるんじゃないかなあって。。。

まあ、うまくできるかどうかもわかりませんし、まだ構想段階の話なのですが・・・
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :うん。じゃあ、こうしよう。
まず、「お試しプチ相談が新しくなりました」と発表し、募集するのはモニター生にして、「無料でサポートを受けたい人のためのモニター制度」の案内ページをつくる。

こちらは、お金に困っている方や、できるだけ無料でサポートを受けたい方に対するご提案のページです。
無料でお試しプチ相談を受けていただくことができます。
その際、必ず以下のことをお願いしています。

1.ご利用上の注意点に同意し、真面目にご相談ください。
2.「内なる声」に対する質問・回答・ご感想のすべてを公開させてください。
3.回答後、対話をご希望の方は、メールによる対話(有料)にお進みください。

回答の内容や、そのご感想がどのようなものであっても、公開することを同意していただける方のみご利用いただけます。
それらの情報は、「いい気分ドットコム」が発信する書物や印刷物・ホームページ等に掲載することにより、多くの方のお役に立てるものとして、使用させていただきます。
できる?


ワタシ :・・・え( ̄△ ̄;)・・・


えええええ煤i・ω・;ノ)ノ

・・・もう、できました???
いま、なんかもう、できました???

内なる声 :早くしないと、話が進まないだろう?

新しくなるのは、モニター制度を取り入れる点と、質問をして答えてもらえる内容。
質問をしたら、このように答えます。
1.あなたの質問に対する回答。
2.あなたが対話をするときの注意点。
3.あなたが対話をするための提案。


ワタシ :ちょ、ちょ、ちょ、o( ゚∇゚; )o

ま、待ってくださいよ。
ええ・・・?もう仕上がってます???

内なる声 :あとは、作業だけになっただろう?
では、よろしく。


ワタシ :・・・φ( ̄○ ̄;)・・・


ポカ〜ン・・・

・・・というワケで・・・

決定したみたいなので・・・
作業を始めることにします。。。
φ( ・_・;)


人生、迷っている時間はないのかもしれんが・・・
・・・早いな・・・

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒;)ノ


posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2015年08月27日

「いい気分」に関する書籍


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするためのいろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :無料モニター(お試しプチ相談)の回答は、有料のほうにお申込みの方への返信を優先しながら、順番に送信し始めています。

いやーなんと言うか、無料モニターならではのご質問内容もあって、ずいぶん前にこのブログでおこなった「内なる声」からの回答のコーナーを思い出しますねぇ。
φ(・ω・ )

内なる声 :あなたは、どんなふうに感じているの?

ワタシ :え?どんなふうに感じているか・・・?
うーん、そうですね・・・

いつも思うのですが、お試しプチ相談のご質問って、すごく情報が少ない状態で受信することが多いので、この質問にあなたはいったいどんな回答をされるのだろうと思うのですが、毎回けっこう長い文章の回答を、あらゆる方向からされるんですよね。
よくこんなふうに回答されるものだなあ〜〜〜といつも思ってしまいます。

それに、一人一人にわかるようにお話されながら、今回は皆にもメッセージが伝わるようにされているんじゃないかなと、見ていて思いました。
無料モニターを公開できるようになれば、きっと皆にとってわかりやすいものになりますね。
φ(⌒ω⌒)o

内なる声 :そう。よかった。

ワタシ :・・・それでですね。
実は、他にも進めたいことがあるんです。

以前にもちらっとお話したと思うのですが、「いい気分」に関する書籍をつくりたいと思っているのですよ。
なんというか、原点に戻るような感覚で・・・

内なる声 :何の原点?

ワタシ :えっ煤i・ω・;ノ)ノ
何の原点って・・・えーとえーと、、、

「いい気分ドットコム」の原点・・・?
( ̄ー ̄;A)

内なる声 :うん。それで?

ワタシ :「いい気分ドットコム」というサイトは、そもそも「いい気分」になりたいけれど、なれないときに、ぜひ訪問していただきたいというコンセプトで運営しています。
なぜなら、「いい気分」を継続するということが、私たちにとって難しいことだからだという前提があるからです。

そこをちゃんと理解して、正しく考えていくことや、きちんと行動していくことが大切だと思うのですが、そこがけっこうわからないみたいというか、伝わってないことが多いという感じの印象があって・・・、ちゃんと理解できる書籍をつくっていきたいなという想いがあるのです。

内なる声 :うん。いいんじゃない?
「いい気分ドットコム」なのだから、「いい気分になれる方法」を説いた書籍をつくるのは賛成。

それに、「いい気分ドットコム」の内容を、もっと知ってもらえる書籍をつくるのも賛成。
もっと多くの人にサポートを受けてもらうという考えも賛成だし、あなたがいろいろなことに挑戦するのも賛成。


ワタシ :そうですか!φ(*・▽・*)
では、「いい気分」に関するあなたのお話を聞きたいので、これから時間のあるときにインタビューしていってもいいですか・・・?

内なる声 :インタビューをする相手は、「いい気分」の話をよーく知っている者なのだから、してもいいと思うよ。


・・・というワケで・・・

ヤタっっ \( ´ ▽ ` )/

「いい気分」のための書籍つくるの決定です。
楽しみにしててくださいね〜♪

と言っても、きっとまた苦労するのでしょうが・・・たらーっ(汗)
これから構想を練っていきます。

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2015年09月09日

公開!無料モニターのご相談内容


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするためのいろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :じゃじゃじゃ〜ん!(」゜◇゜)」

無料モニター(お試しプチ相談)のご相談内容、ついに公開です!
どどどどうしましょう〜っっ
C= C= \(;・◇・)/

内なる声 :何が、「どうしましょう」なの?

ワタシ :い、いえ、なんだか緊張してしまって・・・
(( ̄Д ̄;A)))

あのですね、個人サポート・システムのご相談内容を公開することなど、これまで何があってもできなかったのですよ。
それがですね、無料モニター(お試しプチ相談)制度を取り入れたことによって、お試しプチ相談のご質問・回答・ご感想、すべてを公開することができてしまうワケですよ。

すごいことですよねーっっ(」゜◇゜)」

内なる声 :すごいことって、あなたがしようと言ったのでは?

ワタシ :そ、そうなのですけれど、、、
私が普段、どのようなご質問や回答を目にしているのかということを、一部ではありますが、見ていただくことができるのだなァと思うと、なんだか緊張してしまって・・・
φ( ̄^ ̄;A)

いや〜それにしても私は今回、無料モニター(お試しプチ相談)制度をおこなってみて、本当によかったと思っているのですよ。。。

内なる声 :そうなの?どうしてそう思うの?

ワタシ :一番うれしかったのが、「相談してみて、よかった」とおっしゃる方ばかりだったことです。
無料の機会を得られたことにも、よろこんでいただけたようですし・・・

回答を受信後、一週間以内にご感想を送ってくださいというルールなのですが、最初、ちっとも感想のメールが届かなかったので、びっくりしたのですよ。
すごく不安になってしまって、やっぱり無料だから、、、ルールを無視されることも多いのかなって思ったりもしたのですど・・・まったく逆でした。

皆さん、一週間ギリギリまで考えていただけで、一週間目にきちんとご感想をお送りくださったのです。
あなたの回答は、やはりすごく影響を与えるものなのだなぁと改めて感じることができましたし、ご感想の内容も、とても参考になりました。
φ( ´ ▽ ` )

内なる声 :そう。それで、どうしたいと思ってるの?

ワタシ :えっ煤i・ω・;ノ)ノ
何がですか???

内なる声 :この先、どうしていきたいと思っているの?
あなたは、もっと無料モニター制度を利用する人を増やそうとしているの?


ワタシ :うーん、そうですね。。。
今回たくさんのお申込みをいただいたので、とりあえず9月の募集は終了することにしました。10月1日からまた数名募集することにしようかと・・・
書物や印刷物への掲載も考えていますので、もう少し増えてもかまわないとは思っているのですが・・・

内なる声 :そう。それでどんなことを進めていくつもりなの?

ワタシ :私は、前回お話したとおり、「いい気分」に関する書籍をつくることを考えています。
これからは、どんどん書籍を増やしたり、個人サポート・システムのことをもっと多くの方に知っていただいたりすることを目標にすると思います。

内なる声 :そう。いろいろ考えているようだね。
その調子でいいと思うよ。



・・・というワケで・・・

無料モニター(お試しプチ相談)のご相談内容を、公開しています!

ぜひ、じっくりと読んでみてくださいね。

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2015年09月26日

「いい気分」を目指す人が読む書籍


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ : シルバーウィークは、「いい気分」に関する書籍のお話を聞きまくりましたが、まだ全然聞き足りていないような気がします。
今回は、ページ数も少な目にしようとは思っているのですが・・・

内なる声 :うん。そうだね。

ワタシ :「いい気分」に関する書籍のイメージとしては、すごくすごーくわかりやすいものをつくりたいなぁと思っていたのですよ。
だけど、あなたのお話はいつもの感じで、少し難しくもあるので、どうしようかなぁ。。。
φ( ̄^ ̄;)

内なる声 :どうしようかなって、どういうこと?

ワタシ :編集の仕方を考えているのです。
例えば、5分でいい気分になれる講座は、私の文章で書いていてわかりやすいと言われることが多いのです。あなたの文章をそのまま載せると「内なる声」によるコラムとか、「内なる声」よりのメッセージのように、少し難しくなるじゃないですか。
それを、どうやって工夫しようかなぁと悩んでいます。

内なる声 :まあ、どっちでもいいけれど、早く進めて欲しい。

ワタシ :どっちでもいいんですかっっ
煤i・ω・;ノ)ノ

いやでも、あなたの教えを、私がさも教えているかのように書くのはおかしいし、いつも悩んでしまうのですよ。どういうふうにわかりやすくしようかなって。
私とあなたの知識や考え方は、まったく違うワケですし。。。

内なる声 :うん。だけど、そんなことはどうでもいいよ。
とにかくあなたは、私がそう言っているということを話せばいいと思う。


ワタシ :な、なるほど。
あなたがそう言っていると。。。
φ( ̄ω ̄;)

・・・いや、そこの説明が、書き始めるときに難しいんですよ。
毎回書籍にエピソードを載せていくべきなのかとか・・・

内なる声 :そうだね。だけど、そこではなく、どうしてこの書籍を書くに至ったかというところを考えるのがいいと思う。
あなたは、どうして書こうと思ったの?


ワタシ :えーと、一番大きい理由は、私が「いい気分」のお話を聞きたいからなのですが・・・
あなたと個人サポート・システムを開始してからもうすぐ6年になりますが、「いい気分」のことを皆、まだ全然わかっていないと思うからです。
メールをいただく内容を見ても、「どうしたらずっといい気分でいられるようになるのでしょう」とか、「問題を見ないフリをしていい気分になろうとしているけれど難しい」とか、おっしゃっている方も多くてですね。。。

私の中では「いい気分」を目指すことって、ダイエットとか勉強の努力に似たところがあるのですが、「朝から晩まで、死ぬまで楽にいい気分でいられて、願いが叶う方法が知りたいです」とかいう考えでいる方を見ると、「大食いしながら痩せたいです」とか「勉強しないで頭良くなりたい」とか言ってるだけのように見えてしまって・・・
「いい気分ドットコム」としては、これではいけないなぁと思うのですよ。
ちゃんと「いい気分」を目指そうとする、正しい努力の方法を説かないといけないんじゃないかなって。。。

内なる声 :うーん。まあ、それはともかく、「いい気分」を目指そうとしている人はたくさんいるの?

ワタシ :誰もが「いい気分」を目指したいと思っていて、誰も「いい気分」になれる筋道を説ける人がいないと思っています。
でも、あなたなら説けるじゃないですか。それを、わかりやすく書籍にしたいのです。

内なる声 :ちょっと違うな。
その考えは、違う。

私は、「いい気分」に関する書籍というのは、「いい気分」になれない人ではなく、「いい気分」を目指す人が、それをマニュアルにするために読むのだと思う。

だから、あなたは「いい気分」になれない人を、放っておかなければいけない。
なぜなら、「いい気分」になれないと思う人は、読む気がないだろうから。
べつに「いい気分」になれなくてもいいと思っている人なのだから。


ワタシ :え・・・そっ、そうなのでしょうか・・・?
φ( ̄○ ̄;)

内なる声 :うん。「いい気分」になれない人は、なろうとしていない人だから、なれない。
「いい気分」になろうとしている人が、わかりやすく読める書籍をつくることにしよう。



・・・というワケで・・・

「いい気分」を目指す人が読む書籍を、つくり始めることにしました。

まだまだ、どんなものになるのかは手探り状態ですが、このまま進めていこうと思います。

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2015年10月09日

もうすぐ6周年


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ : 今月の末で、個人サポート・システムも6周年になります。
早いものですねぇ。
私もずいぶんこの仕事に慣れてきましたよ。。。
φ( ̄ー ̄ )シミジミ

内なる声 :何の6周年?

ワタシ :あなたと個人サポート・システムを開始して、ご相談者の方とメールのやりとりを始めてから、今年で6年です。
よくこんなことを、6年も続けてきたなぁとは思うのですが、、、
でも、アレですね。読者の方にはまだまだ伝わってないことが多いのが現状かもしれませんねぇ。
φ( ̄ω ̄)

内なる声 :何を伝わってないと言ってるの?

ワタシ :うーん、そうですね。。。
あなたとの対話をおこなうことによって、前に進めるようになるっていう気持ち良さとか、早く前に進もうとしたほうがいいっていう、そのこと自体がまだまだ伝わってないかなと。。。
φ( ̄^ ̄)

とにかく私は、個人サポート・システムのことや、あなたのことを信頼して、理解して、ご自身が早く前に進もうとしてくださるにはどうするのがいいのかってことを考えてきましたが、やはりまだ伝わっているとは言えないなと。
無料の情報を大量に出しても、有料の本を出しても、テキストをつくっても、メルマガやブログを更新し続けても、無料モニター制度を取り入れても、きっと伝わってないことがたくさんあります。

内なる声 :そうなの?どうして?

ワタシ :そうですね・・・やはり対話がうまく進まない方もいらっしゃいますしね。そもそも前に進もうとしていないと思える文章を書いていらっしゃる方とか・・・そういうのを見ると、システムの主旨がまだまだ伝わってないかなと思います。
あと、お試しプチ相談や公式ガイドブックのお申込みの際に、簡単なアンケートに答えていただいてるのですよ。
「システムへのお申込みに不安があるとすれば、どのような点ですか?」というような質問にお答えいただいているのですが、いまだに「だまされるのではないかと不安」とか「なんか勧誘してくるんじゃないか」とか書く人がいるんですもん。

もうこれ以上、信頼していただくための努力はできませんってぐらいいろいろしてきたつもりなのに、なんだそれって思っちゃいます。
だって、ホームページの内容とか、著書『セルフより愛を込めて』を読んで感動しましたって書いてある人ばかりなのに、「でもだまされたらどうしよう」って、なんじゃそら。
それって、どうやってだますのよー???
ヾ(≧へ≦)〃

内なる声 :はあ?何言ってるの?
あなたは、あまりわかってないね。


ワタシ :えっ煤i・ω・;ノ)ノ

な、なんですか。なんですか。
何をわかってないのでしょう?

内なる声 :そもそも、「だまされるかもしれない」と言ってる人の心境をわかってない。
「だまされたくない」と言う人は、だまされたことのある人だよ。


ワタシ :・・・・( ̄○ ̄;)・・・!

あ、な〜るほど・・・
こちらの問題じゃなくて、「そちらの問題」なのですか。。。

内なる声 :まあ、あなたがそのように誤解するのはわかるけど、あなたの考えるべき点が違うっていうこと。
あなたが信頼を得たいと言うのは、どういう点において?


ワタシ :どういう点かというと・・・そうですね例えば、自分が一人で行き詰まってるなと思うときに、できるだけ早く前に進みたいって思う人はたくさんいると思うのですよ。

だけど、悩んでばかりで前に進もうとしていないこと自体に気づいていなかったりする。悩むべき点を間違えていたりする。何かに頼ろうとしたり、行動しようとしていなかったり、わかっていないことをわかろうとしていなかったりする。自分で何でもやってみようとしていない状態。自分がそうだったから、よくわかるんです。
だから、それを変えなきゃいけないんだって知って、その状況を脱するための一つの手段として、個人サポート・システムのことを理解して、信頼してご利用いただけるようになればいいなって、そう思うのです。

内なる声 :そう思うのに、どうしてできないの?

ワタシ :いや、できないんじゃなくて、できてますよ。
できてから、6年たつってゆー話をしてるんですけどもー・・・
φ( ̄▽ ̄;)/

・・・まだまだ伝わってないことも多いなあって、そう思ってしまうんですよね。

内なる声 :できてるんだか、できていないのだか、わからないね。
もっとできればいいということ?


ワタシ :サポートを受けてみたいと思うのであれば、対話を開始すること自体には、もうそろそろ悩んで欲しくないですよね。
私はこれから、早く前に進もうとしたほうがいいっていう、そのこと自体をわかっていただくための書籍をいっぱい書きたい。そう思うんです。

内なる声 :7年目の決意ってこと?

ワタシ :そうですね。
単にそういうことなのでした!
φ( ´ ▽ ` )


・・・というワケで・・・

だましませんので、安心してください(笑)

おかげさまで、もうすぐ6周年。
これから、もっとわかりやすくするための努力をしていきます。


ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2015年11月05日

「ゆっくり」のほうのスピード


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ : やりたいことがいろいろあってー、困ってるんです。
φ(´・ω・`)

内なる声 :何を困ってるの?

ワタシ :「いい気分」に関する書籍をつくろうと思うんですけれど、他にもサイト内の情報を整理してつくりたい書籍とかいろいろあって、あっちもこっちもやりたくなるんです。
マンガも描きたいし、スマホ対応にもしたいし。
私が3人いればできるんですけどー。。。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :3人もいらないんじゃない?

ワタシ :でも、2人ぐらいはいないと、無理ですよね。。。
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :いや、1.5人ぐらいでいけるんじゃない?

ワタシ :1.5人か・・・1日が36時間ぐらいあるといい感じってことですか?
(≧ω≦)b

内なる声 :36時間あっても、効率は落ちるからね。ちょうど1.5倍の早さでおこなえばいけるんじゃない。

ワタシ :煤i・ω・;ノ)ノ早さっスか!

結局、私1人で早くしろってことなのでしょうかー。。。
φ(ーωー;)

内なる声 :そうだよ。早さは重要。
1.5倍の早さがあれば、1.5人になれるということ。


ワタシ :ダメだ。その早さは無理です。
ゆっくりでも、だんだんと進めていくしかないですね。
((((o_ _)o

内なる声 :だめだめ。ゆっくりしてると、早さを忘れるんだよ。
早さっていうのはね、「慣れ」なんだから、早さに慣れないといけない。わかる?


ワタシ :えーだって・・・作業自体は早いほうですから、これ以上無理ですもの。構成も考えていかないといけないし、早くするだけじゃ効率悪いですよね。

内なる声 :早くするだけ効率が悪くなるんじゃないよ。早くする時間を長くすれば、ゆっくりする時間が長くなるんだよ。どうしてだかわかる?

ワタシ :えっ、早くする時間を長くすれば、ゆっくりする時間が長く・・・
・・・そりゃあ、時間が余るから、その分ゆっくりできるということでしょう?

内なる声 :違う。早くしようとする時間が長いと、「ゆっくり」のほうのスピードが上がるんだよ。

ワタシ :んだははははφ(≧▽≦)
なんスかそれ!

内なる声 :本当だよ。「ゆっくり」のスピードが上がれば、とてつもなく効率が良くなるんだよ。
あなたは、「ゆっくり」のスピードが遅いから、効率が悪い状態になる。そう思わない?


ワタシ :「ゆっくり」のスピードが遅い・・・?
そもそも「ゆっくり」のスピードって何でしょ???
φ( ̄‥ ̄;)

内なる声 :「ゆっくり」のスピードを、どの程度「ゆっくり」と考えているかということは、重要になる。
例えば、休暇をとりたいと思うときに、自分がゆっくりできる時間を何日と設定するのか、考えてみるといい。

「自分が休める時間を、長くとるべき」と考えている者は、「ゆっくり」のスピードが遅い。
反対に、「1日のうちに何度もゆっくりできる時間がある」と考える者は、効率がいい。なぜなら、「ゆっくり」のスピードが早いから、休息をとる時間が短く早く済むのである。
そうして、効率よく休憩をとれる者が、実のところ最も効率よく働くことができる。
だから、「ゆっくり」のスピードを早める方法を考えるのがいい。


ワタシ :「ゆっくり」のスピードを早める方法なんて、じぇんじぇんわかりましぇん。。。
φ( ̄○ ̄;)

内なる声 :「ゆっくり」のスピードを早めるためには、早くする時間に慣れること。
いいかな?

作業にとりかかる時間をできる限りさっさとし、できる限りのスピードでこなすことに「慣れる」こと。
あなたの過ごしてきた1.5倍の早さに慣れようとすることができれば、「ゆっくり」のスピードが上がる。

「早くする」ということは、「休憩時間がとれる」ということ。長い間一定の速度で作業しようとするのをやめ、さっと動いてぱっと休憩することに慣れてごらんなさい。
1.5人のあなたになることは、可能。


ワタシ :な、なるほど・・・確かに、達人並みに作業早い人いますものね・・・慣れようとしないとそうはならないってことかな・・・。

ヨシ。では、やってみます。φ(`0´;)ノ


・・・というワケで・・・

何だこの話(笑)
今回、これだけで終わっちゃった。

最初冗談かと思ってしゃべってたのですが、本当に「効率の良くなる方法」を教えてくださったみたいです。

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2015年11月20日

「説明をする」ということ


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ : 無料モニター(お試しプチ相談)の募集は、終了しました。
まだ全部更新できていないのですが、こちらのページに公開しています。
いや〜この度はホントに、貴重な体験をさせていただきました。
φ( ´ ▽ ` )

内なる声 :何の体験?

ワタシ :無料モニター制度でお試しプチ相談をしていただき、メールのやりとりの内容をすべて公開させていただくという企画だったのですが、有料のほうにはない「ご感想をいただく」という体験をすることができました。

もちろん、メールによる対話に移行された方が、お試しプチ相談の回答に関することを書いていらっしゃるのを見てはいましたが、「回答を読んで、どのように感じたか」を全員にお聞きできる機会なんて、まあないですからね。。。
本当に、この企画をおこなってみてよかったです。

内なる声 :そう。どんな感想だった?

ワタシ :え、そりゃあ、いろいろとありましたが。。。

とにかく、「新しい発想」というか、「まったく異なる視点からのアドバイス」に対する驚きがまず伝わってきますよね。
それから、皆ドキドキしながら回答を待ってくださっているようで、「予想とは違っていた回答」に対して驚く人あり、よろこぶ人あり、中には怒っているような人もいらっしゃいますよね。

まあ、それはいつもの反応なのですが、、、共通しているのは、必ず何かしら得るものを感じていらっしゃるということなのです。
自分とは違う意見を聞き、予想とは違った回答を見て、自分の感じていることを知る。
それが対話の最大の利点なのですから、読んでいる方にそれこそが伝わればいいのになぁと思うのですよ。。。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :得るものか。
そういうものは、伝わりにくいと思ってるの?


ワタシ :そうですね。。。
対話をする意味とか、例えば私が、なぜあなたというスピリチュアルな存在と対話をしてみて欲しいと思っているのかということを、伝えるのは難しいです。
「対話をすると、こんなに得るものがあるんですよ」ということを言い表わすのが難しいから、複数の方のご相談内容やご感想を読んでいただこうとしたりする。

だけど、それを読んでどう思うのかは、ご本人のとらえ方の問題になるし、こちらとしては、ありのままのことをたくさん公開していくしかない。
そんな中で、本当にいろいろな誤解もあるかもしれないし・・・やはり伝え方というのは難しいなあと思うのです。
(≧ω≦;)b

内なる声 :伝え方か。
伝え方と言うのではなく、説明の仕方と言うべきかな。
説明の仕方を上達させないと、何事も滞ってしまうからね。


ワタシ :そうですね。。。
確かに、説明の仕方が難しい仕事なのですよね。。。
φ( ̄^ ̄)

何か、コツのようなものはありますか?
説明をするときに心がけるべきというような・・・

内なる声 :心がけ?
説明をするときに必要なのは、心がけではない。
言葉の使い方をひたすら勉強することだよ。

「こういうふうに話せば、人はこう感じる」ということを、勉強すること。
それ以外に上達する方法なんてないんだよ。

例えば、「あなたは、自分がどんなふうに勉強するのがいいと思う?」と言われると、
その瞬間に、「どんなふうに勉強するのがいいか」ということを考え始めると思う。

ところが、「勉強してみてごらん」というふうに言われると、
「勉強するかどうか」について、考えるのだと思わない?


ワタシ :た、確かに・・・。φ( ̄○ ̄;)

あなたは、そういった話し方を、計算ずくでおこなっているように見えます。。。

内なる声 :説明の仕方というのはね、「こうで、こうで、こうなのである」という、話し手の意見を言うのがいいのではない。
まず、「こういうことが言いたいのだが、どう話せば、最も効果的にそれが伝わるのか」ということを、3日ぐらい勉強してから相手に伝えるぐらいの慎重さが必要。
なぜなら、伝わらないのなら、話すことに意味などないからだ。

何も伝わってないのに、「話すだけ話す」なんてことに、意味なんかない。
あなたが話すことを、相手がどう受けとるかということを考えに考え、出た一言があなたの最も言いたいことであるのかどうかということ。
そういったことを、できるようになるまで練習し、普段から勉強する必要をもっている。


ワタシ :本当に、そうですね。。。

・・・うん・・・言ってることが、すごくよくわかります。
それを、ずっと勉強して、上達していかなければならないですよね。。。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :それで、勉強の仕方はわかる?

ワタシ :えっ、効果的な勉強の仕方があるのでしょうか?
煤i・ω・ノ)ノ

内なる声 :あるよ。
自分が気持ちを動かされたときに、そのときの相手の説明の仕方を、分析しようとすること。
それから、あなたが最もわかりやすいと思った説明の仕方で誰かに話し、わかってくれるかどうかの反応を見て、変化を加えていくこと。
他にもあるけど、まずはそれかな。


ワタシ :な、なるほど・・・φ(・`ヘ´・;)ゞ
ヨシ。どんどんやってみます。

内なる声 :それから、「説明をする」ということは、「わかってもらう」ということではなく、「話を早く進める」ということなのだよ。

あなたには、目的があって説明しているのであって、説明をするのが目的ではないだろう?
その目的さえ叶うのなら、何をおこなってもかまわない。
例えば、自分の行動で示すとか、他の人から伝えてもらうとか。
とにかく、「説明をする」というのは、手段を選ばないことだと思っておこなうのがいい。それが、最も大切。


ワタシ :なるほど・・・めっちゃ勉強になります。
もっとよく考えてみます。。。
φ(・ω・; )


・・・というワケで・・・

やはり日々、練習&勉強なのですね。。。
もっと上達できるように、がんばります。

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2015年12月15日

早くするための工夫


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ : 規則正しい生活をしたいのですがー、不規則になりがちなのですよ。
φ(´・ω・`)

内なる声 :不規則なの?

ワタシ :ハイ。。。
もともと夜型ですので、夜中の作業が最もはかどるんですが、規則正しく、早寝早起きがしたいと思っているのですよ。

どうするのがいいんでしょかね。。。
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :うーん・・・

ワタシ :・・・早寝早起きについて、どう思います?

内なる声 :どうって?

ワタシ :推奨するかどうか。。。
早寝早起きしたほうがいいと思います?
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :早寝早起きは重要ではないけど、よく寝たほうがいいよね。

ワタシ :そうですね。。。
「規則正しく」についてはどう思います?

内なる声 :規則正しくというのは、同じことをするということ?

ワタシ :あ、そうですね。。。
だいたい毎日、同じ時刻にすることを決めていくってことですよね。

内なる声 :べつに正しくなくてもいいかな。

ワタシ :・・・φ(・ω・; )・・・

で、でも、不規則になりがちだと、「ちゃんとしなきゃ」って思うんですよね。。。ちゃんとしないと、スケジュールがうまく進まないし、健康的に過ごせないなって・・・

内なる声 :うーん。
それは、あなたがしたいスケジュールをこなせていないだけで、「規則正しく」というのがしたいわけではないんじゃないの?


ワタシ :煤i・ω・ノ)ノそ、そんなコトはないですよ。
作業は夜中に最も進みやすいけれど、健康的じゃなさそうって話じゃないですか。。。

内なる声 :健康について言うのなら朝型生活をしたいけど、作業を進めるには夜中がいいと言ってるの?

ワタシ :夜中にはかどると思うのは私の気のせいで、実は脳ミソが一番働く時間は朝のはずなんですよね。。。
作業効率がよくて健康的なのは早寝早起きのほうだとわかっているのですが、ついつい夜中に作業しちゃうんですよ。
φ(ーωー;)

内なる声 :それは、よく進むから?

ワタシ :そうですね。。。
私の場合、個人サポート・システムのお仕事が終わってから、いろいろ作業したいことがでてくるので、始める時間が遅くなるんですよね。
それで、開始すると進んでいくから、やめたくなくなっていると思います。

内なる声 :じゃあ、やめなくていいじゃない。

ワタシ :いやだけど、そうすると不規則になっちゃうんですってばー
ゞ( ̄∇ ̄;)

内なる声 :不規則というのは、どうして夜中に進み出すのかというその一点の話なの?
なら、不規則にならない時間を選んで、始めないといけない。
夜中に始めるのではなく、朝に始めたいと言っているのかもしれないけれど、始めるのは夕方がいいと思うよ。


ワタシ :えっφ( ̄○ ̄;)・・・!

ゆ、夕方に開始・・・?

内なる声 :夜に朝の準備を進めて、夕方にやりたい作業が開始できるようにもっていかないと、「作業も進んで、早めに眠れる」状態にならないだろう?
あなたは、朝の準備をしてるの?


ワタシ :朝の準備・・・?
し、してません。夜は、作業をしてますもの。。。

内なる声 :朝の準備というのはね、朝起きぬけに、ほとんどの準備が前の日に終わっているような状況をつくり上げることなんだよ。

朝の準備をしていると、それが習慣になって、面白いことにすべてのことが前倒しになってくるよ。
だって、朝の準備を前の日にすませておけば、昼のことを朝にできるのだから、当然だろう?
そうして、自分の時間を前倒しにしないと、健康的にならないという話をしているのでは?


ワタシ :な、なんと・・・+( ̄▽ ̄;)+
そんなふうに考えたことがなかった。。。

で、でも、それはこれまでと違って、うまくいきそうな気がする・・・
やってみようと思います!

内なる声 :うん。本当にやりたいことをする時間というものを、後回しにしているなと思うときには、前倒しにするための準備をするのがいいよ。
わざわざ苦労して習慣を変えるのではなく、早くするための工夫を前の日にするってことだね。



・・・というワケで・・・

うーん、いいコトを聞きました。
ちょっとやり方を変えてみようと思います。


ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2015年12月31日

改善の年へ!


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ : そろそろ、今年が、終わってしまいますョ。。。
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :そうなの?

ワタシ :2015年も終了ですね。。。
今年もがんばりましたよね。
何をがんばったかは、ほとんど忘れましたが・・・

あ、そうそう。(←調べた)

まず、メルマガで、アドバイスのコーナーを始めたんですよ。「内なる声」によるコラムと題して・・・今年は、これが好評でしたね。
それから、個人サポートの際の『対話の心得』テキスト送付を開始。これを読んで、対話をスムーズに進められる方が、かなり増えましたよね。
あと、あまり進みませんでしたが、説明マンガも始めましたし・・・
それからなんと言っても、今年は無料モニター(お試しプチ相談)制度をおこなってみたことが、一番大きかったかなぁ。。。

内なる声 :いろいろ、がんばったね。

ワタシ :こうして一年をふり返ったときに、いろいろがんばったなぁと思えるのが、一番いいことですね!
φ( ´ ▽ ` )

内なる声 :それで、来年はどうするの?

ワタシ :え?来年は、とりあえず「いい気分」に関する書籍完成!それから、次々と書籍関係を出す予定・・・になればいいなぁと。
あと、リニューアルをバンバンして・・・さらにわかりやすくしていこうと思っています。

内なる声 :そう。

ワタシ :・・・そう言えば、昨年の最後のブログを見たら、あなたがこう言ってましたよ。
「来年は、新たな発想をもつ年。
皆も、考えてみて欲しい。
いままでの発想に加え、新たな発想の力をもつ年にしようとしてみて欲しい。」って。。。

確かに、私にとって、今年はそういう年だったなぁと思います。
来年は、どんな年だと言えるのか、聞いてみたいです。
(≧ω≦)b

内なる声 :来年は、積もった不満を解消させる年。
あなたは、そう感じると思うよ。


ワタシ :えっ煤i・ω・;ノ)ノ

つ、積もった?ふ、不満・・・??

・・・積もってないやいとは言い切れないにしても、
な、なんですかその、人聞きの悪そうな感じ・・・!

内なる声 :あのね。いままで我慢していたり、困っていたりしたことが、なくなるよきっと。

ワタシ :えっ( ̄○ ̄;)・・・マジすか。

・・・めっちゃいいじゃないスか。

内なる声 :そう。だって、発想を変える年があったわけだろう?そうすると、次は解消できるよ。
そもそも、改善されないわけがないことをおこなっていれば、そうなるだろう?

皆も、考えてみて欲しい。
発想を変えて、何かに取り組もうとした者は、必ず改善の年がやってくる。
そうでなかった者は、来年に、発想を変えるのだと考えてみて欲しい。
そうすれば、次の年に改善はやってくる。


ワタシ :な、なるほど。「改善の年」ですか。。。

「積もった不満を解消させる年」とか言うから、ビックリしましたよ〜。。。
( ̄▽ ̄;A)

内なる声 :あなたは、そう感じると思うよ。
とにかく、あなたは、爆発的に、解放へ向かおうとしなさい。
つまらないことにとらわれず、どんどんやりなさい。
わかった?


ワタシ :・・・φ(・ω・; )は・・・?

ハイ・・・なんか、バクハツするんでしょうか。。。
こ、コワイ・・・

内なる声 :爆発するんじゃなくて、解消。
解消しなさい。えぃっ!て感じ。
そうしたいはずだろう?


ワタシ :ま、まぁ、確かに。う、うん。
えぃって感じに、、、いつもなりたかったはず。。。

そ、それが、叶う年かもしれないってことですね。
よし。がんばります!
_s(・`ヘ´・;)ゞ

内なる声 :そう、がんばってね。



・・・というワケで・・・

今年「新たな発想をもつ年」だった方、「改善の年」ですヨ!
(」゜▽゜)」
ご一緒にがんばってみましょうね♪


それでは皆様グッド(上向き矢印)

今年も、「内なる声」と私に、たっくさんのメールを届けていただきまして、ありがとうございましたexclamation×2
<(_ _)> <(_ _)> <(_ _)>


「いい気分ドットコムは、進化していきます。ぴかぴか(新しい)
来年も、どうぞよろしくお願い致します。

良いお年を〜。(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

    にほんブログ村 漫画ブログへクリック投票してね。

    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    仕事のこと・人間関係のことについてお悩みのあなたには、
   スピリチュアルカウンセリング・メッセージ』がおすすめ。
   人生を変える対話は、どなたにも無料でお試しいただけます。





過去ログを見る
2018年06月(2)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(3)
2018年02月(2)
2018年01月(2)
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(3)
2010年01月(5)
2009年12月(2)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)
2009年05月(4)
2009年04月(1)
2009年02月(1)
2009年01月(4)