「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システムをご利用ください。


   \無料モニターで、お試しプチ相談を体験してみました/
     ご相談メールのやりとりの内容を、包み隠さず公開中!

2014年06月03日

電話による対話の件


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」との対話、プチ相談お試し企画案の件の続きです。


内なる声 :それで、どうして早く始めないの?

ワタシ :どうして早く始めないかというと、電話による対話の件がまだ決まってないからです。
( ̄ω ̄;)

プチ相談お試し企画のほうは、だいたい決まりましたね。
お申込みフォームと説明ページをつくっていたんですが、これに加えて電話による対話のお申込みフォームと説明ページも必要なんですよね。
電話による対話の件がなければ、もうすぐできるんですけど・・・

内なる声 :電話のことをなくすの?

ワタシ :知らないですよーヾ(≧□≦)〃

私は、電話による対話の案なんて、出してないじゃないですかー
まったくもーあなたと仕事をしているといつも私の考えていたことよりもステップが高〜いので困るんですからグチグチグチグチ・・・

内なる声 :だけど、電話をするほうがサポートがしやすくなるだろう?

ワタシ :どうしてでしょう?( ̄‥ ̄;)

対面による対話よりもずっと難しくて、説明もしにくくなりませんか?
それに、目の前にいる人と違って、まったく見えない状態でしょう?
リアクションもわからないし・・・

内なる声 :何をそんなに難しいと思ってるの?

ワタシ :だって、自分の話をするのに電話を使うのならいいですけど、あなたの話を伝えないといけないでしょう?
つまり、電話の受話器を2つ持って話すようなものじゃないですか。
片方の耳でご相談者の話を聞いて、違うほうの耳であなたの話を聞いて、通訳しないといけない感じになるなんて、考えただけですごーくややこしい・・・

内なる声 :何言ってるの?いつもやってるのでは?

ワタシ :いつもやってるのは、メールによる対話でしょう?
いまは、対面による対話のお休みをいただいてますし・・・
はじめてお話する方に、電話でするのは、難しいですよ。

内なる声 :何を言ってるの?頭に聞こえる声をメールにしてるのだから、それを話せばいいだけじゃないか。

ワタシ :だから、対面による対話ならそれでいいけど、電話だと、筆談している姿が相手に見えないから、「ちょっと待ってくださいね」とか説明が必要になって、うまく通訳できないかもしれない。
集中して話を伝えることができなかったり、相手に伝わらなかったりするかもしれないし、お互いにリアクションが見えないので、不便じゃないですかっ!
(((p(>□<)q)))

内なる声 :不便じゃないですかって、不便かどうかまだわからないことを悩んで、そう言ってるの?
面白いね。


ワタシ :ちっとも面白くなーい!(」゜Д゜)」

内なる声 :何をそんなに、文句を言うことがあるの?

ワタシ :そもそも、私が出した案じゃないから、説明がないとわかりませんヨ。
( ̄^ ̄)
どうして今回、プチ相談だけじゃなく、電話による対話について考えろと言われてるのでしょう?

内なる声 :嫌なの?

ワタシ :嫌ではないですよ。(´・ω・`)

電話による対話なら、どこにいてもできるのだから、対面による対話よりずっと効率的ですよね。
だけどまだ何も決まっていないなら、先にプチ相談だけやってもいいんじゃないかと・・・

内なる声 :プチ相談というのは、何のためにするのかというと、あなたがもっと対話を活用して前に進めるためのツールにして欲しいと言うからでは?
ならば、電話を取り入れることによって、メールよりも早くその理解が進んでいくだろう?


ワタシ :えっ( ̄△ ̄;)

・・・そうですか?

私は、なんだか不便な気がしてるんですが・・・
メールのほうが何度も読み返したり、じっくり考えて何度でも質問できるのに?

内なる声 :何言ってるの?
あなたは、実際に電話をしたことがないのに、どうしてそう思うの?


ワタシ :どうしてって、電話をするとなると、いろいろ大変だなーと思って・・・

誤解をしていたり、もしかしたら途中で怒ったり黙ったりする人がいるかもしれないし、説明もいろいろしなきゃいけないんじゃないかと・・・
それに、見えない相手だと話が伝わりにくそうだし。

内なる声 :あなたが伝えるのは、私の話ではないの。
あなたは伝えなくていい。


ワタシ :だけど、私が説明しないと、話にならないでしょう?
いきなりあなたが話すことを伝えるのですか?

内なる声 :いきなり伝えるのではなく、「伝えます」と言って伝えればいい。

ワタシ :あなたの話を聞く間、ちょっと待ってもらったりしなきゃならないでしょう?

内なる声 :待ってもらえばどう?

ワタシ :待ってもらったり、あなたの説明をしたり、途中でトラブルがあったりしたときのことが決まってないので、まだできないんですよ。
o(>ω<)o

内なる声 :じゃあ、こうしよう。
すべて私がそれを決めるので、安心しなさい。


ワタシ :ハイ。o( ̄ω ̄;)o

・・・って、だからって安心できるかどうかはともかく、じゃあそれでいいので早いとこ決めてクダサイ。。。

内なる声 :わかった。


というワケで、(o_ _)o

私は心配性でしょうか?フツー心配よねコレ。。。

電話による対話の件が決まるまで、もう少しお待ちくださいませ。
プチ相談と合わせて、良い企画になればいいなと思います。

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

2014年05月18日

プチ相談お試し企画会議


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

プチ相談お試し企画案に関するご意見をいろいろいただき、ありがとうございました。

「内なる声」との対話、企画案の件の続きです。


内なる声 :じゃあ、あなたの案を教えて?

ワタシ :はい。やはり正規料金よりもお安く、はじめての方のお試しのときや、ちょっとした相談をしたいと思うときにお申込みいただけるものにしたいと思っています。

ただ、私は現在のシステムをうまく活用していただくための企画を考えたかったので、悩んでいるのです・・・
( ̄ω ̄;)

内なる声 :何を悩んでいるって?

ワタシ :えーと、そもそもこの企画は、あなたとの対話によってとても得るものが大きいということを、もっと多くの方に知っていただきたいという想いで考えていたんですよ。

普通、「スピリチュアルな存在」と話をするのだという意識の上においては、あまりこちらが具体的に話をしなくてもいいと思いがちですよね。
占いのように、黙っていてもいろいろ一方的に話してくれることを望んで、「対話」をするための具体的な質問をされない方も多いのです。

だけど、あなたと対話をするときには、具体的なことを話そうとしたほうが、得るものがずっと大きくなるでしょう?
そこのところをもっとわかっていただきたかったので、フォームに沿ってアンケートに答えていけば、具体的な質問文ができるというものを考えていたんです。

プチ相談では、1回だけの回答ということでお安く試していただいて、もう少し話をしてみたいと思ったら対話の方法を理解してワーク・サポートへ移行してもらえるといいなと思って・・・

内なる声 :あなたが悩んでいるのは、こういうこと?

最初からそう理解してワーク・サポートに申込んでくれればいいものを、フォームを細かく設定し、1回のみ回答を送って終了してしまう者を、わざわざつくることになるかもしれないのだと。


ワタシ :ハイ・・・(´・ω・`)

プチ相談がメインになってしまうと、本末転倒になってしまうんじゃないかと・・・
困ったなあ。

内なる声 :そう。困ったね。

まずは、試してもらわないといけないのに、そこで終わってしまうかもしれないの?
真剣に対話をしようという人向けではないということ?


ワタシ :いえ、というかむしろ1回の回答がけっこう深いので、対話に移行されないことも多いんじゃないかと・・・

うーんうーん・・・( ̄^ ̄;)

ダメだ。これ以上いい案が浮かばない・・・
(o_ _)o

あなたには、何か案がありますか?

内なる声 :私の案はこう。

まず、あなたが言うように、フォームをつくるだろう。
聞きたいことを書いて、質問してもらう。

回答と共に、下記のことを書いて送ろう。

1.あなたが対話をする内容の提案
2.あなたが対話をする上において、気をつけることの提案
3.あなたが対話を終了するまでに得て欲しいことの提案
以上

ある程度の判断を書いて送るので、それ以上のことを話そうと思う人は対話にお申込みくださいと。
お電話でもお申込みいただけますと言う。

わかった?


ワタシ :煤i・◇・;ノ)ノexclamation×2

な、なるほど・・・!

質問の回答と共に、「対話についての提案」をお送りすることによって、私が悩んでいたところが解決するのですね。
す、すごーい・・・( ̄○ ̄;)

なんか、いけそうな気がしてきました。。。
でも、電話でも申込みって・・・どうすればいいのでしょう?

電話って、けっこう難しいと思うのですが・・・

内なる声 :それを、少し考えてみることにしよう。


というワケで、これからもう少し話を詰めていきます。

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

2014年04月28日

プチ相談お試し企画案


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

最近の「内なる声」との対話は、すっかりサイト運営会議の場になっております。


ワタシ :あのですね。

内なる声 :うん。

ワタシ :ちょっと企画を考えてるのですが・・・

内なる声 :やろう。どういうふうにやっていく?

ワタシ :あ、決定スか・・・?(・ω・;ノ)ノ

えーと、読んでいる方にもわかるように説明しないと・・・
個人サポート・システムの企画なんです。

最近、サイト内を整理したり、もっとわかりやすく表示しようとしたりしていて思ったのですが、
個人サポート・システムの対話のお試し版
があればいいんじゃないかなぁと思って・・・

あ、いえ、お試しというより、
プチ相談・ミニ対話・都度アドバイス・・・
説明しにくいのですが、現在のようにがっつり対話できるシステムに対して、「そこまでがっつりではない一度きりの対話」を、低料金でしていただける企画にすればどうかなと思います。

内なる声 :何言ってるかよくわからない。

ワタシ :Σ(T▽T;) まだ固まってないんですっ

現在の個人サポート・システムは、メールによる対話にお申込みされると、同じテーマにおけるご質問に対する「内なる声」からの回答を、納得されるまで返信していきます、というシステムですよね。

この企画では、一度だけ返信しますという、お試し版のような感じをイメージしています。
その後、がっつり対話したい場合は、現システムに移行できるようにすれば、はじめての方はお申込みしやすいのではないかと思って・・・

また、すでに対話のお申込みをされたことのある方にも、利用していただける企画にできればいいなと思ってます。

内なる声 :それで、電話のことはどうするの?

ワタシ :それは、さっきちょっとそのことを話したら、あなたが「メールだけでなく、電話でも受け付けないのか」と言ってたことですよね。
電話によるプチ相談・・・というのは、難しそうだと思うのですが・・・たしかに、文章が苦手な方も多いですよね・・・

内なる声 :どんなふうに企画しようと思ってるの?

ワタシ :この企画の意図は、もっと「内なる声」との対話、つまりあなたとの対話を活用していただきたいということです。
なぜなら、私は、あなたと対話をすれば、とてもためになるし、頭が整理されて、心が楽になるのだと知っているからです。

だけど、あなたの言うように文章の苦手な方も多いし、うまく質問をすること自体が難しいときもあるので、メールでの対話を活用しきれない点があると思います。
そこを工夫できればいいかなと思います。
例えば、アンケート形式で書いていただいたお悩みに対して、一度きりの回答をお送りする、というのはどうでしょう?

内なる声 :アンケート形式ってどんなことを聞くの?

ワタシ :それを、あなたにご相談したいのですよ。
もちろん、一度きりの回答ではあまりご理解が進まないかもしれませんが、大きなヒントになる可能性は充分にあると思います。
そのために、どんなアンケートを記入してもらうかがカギとなると思うのですが・・・

内なる声 :アンケートか。
どうしてアンケートが必要なの?


ワタシ :( ̄△ ̄;)えっ?

内なる声 :アンケートがなくても、一度だけ回答すればいいなら、必要なことを書いて送る?

ワタシ :その人に必要なことをですか?
・・・いや、だけどそれじゃあ、現システムの「ハイヤーセルフメッセージ・サポート」と変わらなくなるじゃないですか。

内なる声 :ハイヤーセルフのメッセージではなく、回答を一度送ればいいんでしょ?

ワタシ :いや、だってそれ「回答」って何の回答スかっ
あなたはその人のことをわかってるのかもしれないですが・・・
\(T▽T;)ノ

内なる声 :あなたは、どういう「回答」を送ろうと思ってるの?

ワタシ :えーと、だから私は、もっとあなたとの対話によって前に進むためのヒントを得られるようになっていただきたいんですよ。

例えば、アンケート形式で書いていただいたことに対して、一つ一つあなたのコメントを入れて、「気づき」を得ていただくための回答になればいいなとか・・・

内なる声 :なるほど。「回答」というのは、わかりやすく・簡単にという意味?

ワタシ :そうです!(≧▽≦)b

お試し版のような企画ですので、「わかりやすく・簡単に」です。
それから、「低料金で・お気軽に」!
ちょっとしたお悩みのときのヒントに!

ん・・・?( ̄^ ̄;)

となると、がっつり相談したい方には向かないから、現システムに移行する必要がないのか・・・?
そもそも、現システムをうまく活用していただくための企画だったはずなのにな・・・

内なる声 :やれやれ。まだ全然まとまっていないようだね。
あなたの言いたいことはわかるが、すぐに起動というわけにはいくまい。もう少し話を詰める必要をもっている。


ワタシ :そうですね・・・( ̄ω ̄;)
よろしくお願いします。


とういうワケで、これから話を詰めていければいいのですが・・・

もしもこの企画についてあなたのご意見・ご要望がありましたら、
ぜひメールでお聞かせください。


ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ

    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。