「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システムをご利用ください。


   \無料モニターで、お試しプチ相談を体験してみました/
     ご相談メールのやりとりの内容を、包み隠さず公開中!

2014年04月06日

第一回 公開サイト運営会議


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」との対話、先週の続きです。


ワタシ :前回のブログで、サイトの運営のことや普段から聞きたいと思っていることを、この場で話そうとおっしゃっていましたが・・・。

内なる声 :うん。それでは、サイトの運営において困っていることはある?

ワタシ :マジすか(・ω・;ノ)ノ

本当に、このブログで運営会議をするのですね・・・
うーん、そうですね・・・やはり、個人サポート・システムの運営においては、現在いろいろ考えさせられることがあると思うのですが・・・

内なる声 :そう。では、システムについてのことを話そう。
まず、何を困っているのか言ってみて。


ワタシ :うーん( ̄^ ̄)

でも実のところ、困っているのは、一部のことなんです。
現在、とても上手にシステムをご利用される方が増えています。
毎日たくさんのご質問をいただいてますが、回答をお送りするたびに、ご理解を深めていただいている様子が感じられます。

このシステムを上手にご利用いただけるようになってきたのは、やはり「いい気分ドットコム」サイトの更新や、著書『セルフより愛を込めて』の刊行や、個人サポート・システム公式ガイドブックの発行など、多くの情報を配信していることに加えて、ご案内ページをよく読んでいただけているからだと思います。

しかし、こういったたくさんの情報を、すべての人がしっかりと読んでお申込みいただいているわけではない、というところが課題になってきます。
情報が多すぎて煩雑になっているところも否めないし、人によっては、これは読んだがこちらは読んでなかったということもあると思うので、どうしたものかと・・・

内なる声 :なるほど。では、問題は、煩雑になったサイトというわけ?

ワタシ :うーん。( ̄‥ ̄;)
煩雑になったサイトが問題なのかなあ・・・。

昔は当然のことながら、ページ数もすごく少ないところからサイトの運営を開始したのですよ。
そのときは、情報量が少ないものだから、あなたのことについてもあまり信用してもらえなかったり、どういった理論を提唱しているのかわかりにくかったり、自分が言いたいことがあまり伝わらなかったりという問題があったので、がんばって現在のようにページ数を増やしてきたんです。

そうすると今度は、ページ数が多くなったはいいが、まとまりがつかなくなったりしたので、著書を出したり、ガイドブックを出したりと工夫をしたのですが、
そうするとまた今度は、それを読んでいる人と読んでいない人がいたりして・・・。

という具合に、なんだか問題がどこにあるのか、わからなくなっています。
φ(´・ω・`)

内なる声 :では、問題はそれによって何が困っているかということだと思うが、いま、困っているのはどんなこと?

ワタシ :いま、困っているのは、ハイヤーセルフのことについて、少し誤解をされているようだなと感じることが多いことだと思います。
ハイヤーセルフについてのことは、「この本を読めば理解できます」と言えるように、著書『セルフより愛を込めて』を発表したつもりなのですが、それでも誤解をされている様子を見ると、どうしたものかわからなくなるのです。

内なる声 :ハイヤーセルフのことについての、誤解を悩んでいるの?

ワタシ :例えば、著書を読まずにサポートに申込まれている方が、「ハイヤーセルフというのが本当にいるのかどうかわかりませんが・・・」という文章を書かれていたり、「内なる声」と「ハイヤーセルフ」の違いがわかっていなかったり、ということがあるんです。
著書を読んでいる方の中にも、ハイヤーセルフについて誤解されているのかな、と感じることがあります。
そうすると、個人サポート・システムの中で、その誤解を解くのが難しくなってしまって・・・。

もちろん、これはほんの一部の方のケースです。
ほとんどの方は、よくご理解されてるんですが・・・

内なる声 :あなたが困っているのは、一部の人のことなの?

ワタシ :一部の人のことですが、やはり全体としてできることは何かなと考えるときに、ハイヤーセルフについての説明が足りないのかなと思っています。

内なる声 :ハイヤーセルフの説明をしっかりとすれば、解決するの?

ワタシ :解決するかどうかは、わからないのです。
φ(・ω・; )

だけど、現在サイト内に、「ハイヤーセルフとは」という無料で読める説明ページがないので、著書を読んでいない方が参照できる場所があったほうがいいなと思って・・・。

ただ、どれだけそういった説明やページ数を増やしても、誤解がなくなるとは思わないのですが、じゃあどうしたらいいのかというところがわからないので、とりあえず「ハイヤーセルフとは」というページをつくろうかなと思いますが、いかがでしょう?

内なる声 :それはいいけど、じゃあどうして前提となる著書を必須としてシステムに盛り込まず、その辺りを自由にしているわけ?

ワタシ :えっ+( ̄▽ ̄;)+
なぜサポートを申込む際に、著書『セルフより愛を込めて』を既読必須にしないかってことですか?

だって、そんなふうに、無理に読んでいただきたいわけじゃないし・・・
さっきも言いましたが、読んでいる方の中にも、誤解されている方はいるワケですし・・・
困ったなあ。

内なる声 :とにかく、あなたはもう少し何を困っているのかというところを、考えるべき。
もう一度来週に聞くので、答えられるようになって欲しい。

一部の人のことではなく、あなたが引っかかっていることについて話そうとして欲しい。
わかったかな?


ワタシ :ハイ・・・( ̄ω ̄;)


とういうワケで、第一回 公開サイト運営会議は、中途半端に終了。
次回は、もう少し話を進めてみたいと思います。


あなたも、ご自身のお悩みにおいて、「何を困っているのか」ということについては、ぜひ考えてみてくださいね!

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ


2014年03月29日

早い時間でできる順番


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」との対話、先週の続きです。


ワタシ :新しいことをどんどん進めていくつもりだったのですが、今週は、個人サポート・システムの返信がたてこんで、ほとんど進みませんでした。
o(´^`)o

内なる声 :そう。そんなに忙しいの?

ワタシ :忙しいのか、時間の使い方が下手なのか、理解したいと思ってたんです。
先週、書籍を書くために必要なのは、サイトの更新だと言われてましたが、あれは、どういうことなのでしょう?

内なる声 :サイトの更新をするのを優先すれば、書籍も早くなるよ。

ワタシ :どうしてなのですか?( ̄‥ ̄;)??

書籍をつくるには、あなたと話をしたり、編集をしたりする必要があるのに、どうしてサイトの更新を優先すればいいと言うのですか?

内なる声 :サイトの更新をすることによって、早くなる。
あなたがわからないことを理解するようになる。
ブログを更新すれば、早くあなたが理解できることも増える。
あなたが情報を発信すれば、新しい流れを感じることができる。
そうすると、流れが「良い書籍」というところに向かう。


ワタシ :そう聞くと、なんかそうなる気もしますが、実際にはまったく作業が進んでなくて、時間が過ぎてますよ?

内なる声 :過ぎてますよと言わず、早く更新をして作業すれば?

ワタシ :えっ( ̄ω ̄;)??

・・・アレ?
早く更新できるようになれと言ってます?

内なる声 :やっとわかったの?
あなたの優先順位は、一番早い時間に終えられるものを最初にしなさい。


ワタシ :・・・アレ??(・ω・;ノ)ノ

待ってくださいよ。アレアレ(。_。?)(゚-゚?)

先週から、一番優先なのは個人サポートの返信なので、書籍をつくろうとすると、サイトやブログの更新が止まってしまうので困る、という話をしてたんですよね。
どれも必須事項なのに、時間が足りないと・・・

いま、一番優先するのは、何だと言われてます?

内なる声 :優先事項は、早い時間でできる順番。
できるようになれば、更新が最初になる。


ワタシ :「できるようになれば」というのは、どういう意味ですか?

内なる声 :そうだな、例えば、状態の悪いものから先に手をつけると、どんどんはかどらなくなっていくだろう?

最初はそういう苦労も必要だが、あれもこれもという必須事項があるときには、まさにいまできることから片づけていくということによって、良い連鎖も生まれるということ。
あなたが情報の発信を早めれば、自分のやりたいことをする時間が増えるのに、わかってない。


ワタシ :( ̄○ ̄;)

・・・それは、本当にわかってないかも・・・

以前、著書『セルフより愛を込めて』を執筆中に、このブログでその進み具合を報告してたんですが、どちらも進まなくなってしまって、ブログも固まってしまったんですよね。

ブログの話題をどうすれば、良い連鎖が生まれるんでしょう。
書籍の進み具合の話をしていると、また「進んでないからブログも書けない」ってことになりそうで・・・

内なる声 :そう。では、適当に、楽しく、どうでもいいことを話そう。

ワタシ :えーφ( ̄Д ̄;)

「適当に、楽しく」は賛成ですが、「どうでもいいこと」を話すのは、面白くないのでは・・・

内なる声 :そう?では、「面白そうなこと」にしよう。
最近何か、楽しいことはある?


ワタシ :楽しいことは、いっぱいありますよ。φ(・ω・* )

前から読みたかった本を、スキャンして、ipadにたくさん入れる方法を習得しました。
「自炊」ってやつですね。(≧ω≦)b
思ってたよりずっと簡単で便利です。

おかげで、本棚に置いてるだけだった本が次々と読めそうですし、しおり機能とか、検索機能とかも使えそうだし、本が少なくなって部屋も片づくし、すっごくウレシ〜イ♪
(((p(>▽<)q)))

でも、いま時間がないので、一日15分ぐらいしか読めてません。

内なる声 :ああ、そこに戻るわけ?

ワタシ :ああっ +( ̄▽ ̄;)+

しまった。戻ってしまった・・・

内なる声 :時間がないと言いながら、結構楽しんでいるのでは?

ワタシ :えっ煤i・ω・;ノ)ノ

いや、だって、そういうのは得意だし、好きなことなので、すぐできるんですよ・・・
どちらかというと、時間を短縮するための作業なんです。
以前は、一日15分も読めない感じになってしまったので、なんとか工夫しようとしたんじゃないですか。

内なる声 :そうそう。時間を確保するために必要なのは、別の時間の確保だろう?
いいかな?何かをしたいと思うときには、そうしたいと思う時間の確保ではなく、そうするための別の時間が必要なんだ。わかる?


ワタシ :そこに戻りますかっ +( ̄▽ ̄;)+

たしかに、本を読むために自炊の作業をしましたが、ブログの更新と書籍づくりは「違う作業」じゃないですか。
それに、どっちも時間かかりますけど・・・

内なる声 :だから、「違う作業」をしなければいい。
あなたが、早く書籍を書けるようにするための更新をしよう。
あなたが知りたいことに答えるのだから、早くなるだろう?


ワタシ :知りたいことに答えるって、どういうことでしょう?

内なる声 :そうだな、まず、サイトの運営のことや、普段から聞きたいと思っていることを、この場において話せばいい。
そうすると、そういったことを別に相談する必要をもたず、別に発表することも短縮できる。


ワタシ :な、なるほど・・・φ( ̄ω ̄;)

私は、このブログで、こうして相談をすればいいということでしょうか?

内なる声 :そうすると、あなたが他のことに気をとられず、方針もここで決めていけるようになる。
だから、あとは書籍の話に集中できる時間が増えるだろう?


ワタシ :た、確かに・・・
そうすれば、私の言いたいことはこのブログ更新で伝わるし、別であなたとお話する必要がなくなりそうですね・・・
だけど、サイトの運営のことや、私の相談なんかを更新していくのでしょうか?

内なる声 :そうだな、サイトの運営のことにしても、あなたが理解していることを話すのはいいことだし、あなたが情報を発することに意味のある場合も多いだろう?
少しずつ、必要なことを話合っていこう。


ワタシ :は、はい・・・φ( ̄△ ̄;)


というワケで、このまま私の悩み相談っぽいブログが続くのかどうかはともかく、とりあえず次回に続くのであった。

あなたも、優先順位については、ぜひ考えてみてくださいね!

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ


2014年03月22日

とんちみたいな問題


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」との対話です。


ワタシ :えーと、何の話をしましょうかね。

内なる声 :じゃあ、いまとりかかっているものについての話をしよう。

ワタシ :うーんと、そうですね・・・σ( ̄^ ̄)

内なる声 :どうしたの?とりかかってないの?

ワタシ :いえ、とりかかろうとしてるんです。
とりかかろうとしてるんですが、しかし。

じゃあ聞きますが、毎回何かにとりかかっては、このサイトが固まってしまう状況になるのが、果たして良いのかどうかと・・・

内なる声 :何の話?

ワタシ :公式ガイドブックをご請求いただく際に簡単なアンケートのご回答をいただいているのですが、それによっていろいろとヒントをいただき、やりたいことがたくさんでてきています。

いろいろ考えているのですが、一番やりたいのは次の書籍をどんどんつくっていくことなので、その件についてはあなたとお話も始めてますよね。

だけど、作品をつくろうとすると、いつもサイトが固まってしまうぐらい時間の余裕がなくなるので、困ったなと思って。
著書『セルフより愛を込めて』の制作には二年かかりましたが、この次は絶対二年もかけたくないし、サイトの更新も続けたいんですよね・・・

内なる声 :ふーん。

ワタシ :ふーんって・・・ヾ( ̄ω ̄;)

最優先のお仕事は、やっぱり個人サポート・システムの返信なので、サイトが固まってしまったからといって困っている人はいないから大丈夫とは思うのですが、やはりこうバランスが悪いというか・・・いつもそのパターンで悩んでるんですよ。

内なる声 :それは、悩みなの?

ワタシ :けっこう悩んでます。どうしてこう時間がないという悩みがあるんですかねえ。

内なる声 :そうだな・・・

時間はあるけど、することがないのではなく、
時間はあっても、たいして進んでないという話?


ワタシ :えっ +( ̄▽ ̄;)+

それは、両方とも「時間がある」じゃないですかっ・・・

内なる声 :まあ、「時間」は、「ある」よね。
どうして「ない」の?


ワタシ :はあ。(´・ω・`)
まあ、確かに「時間」は「ある」・・・

・・・のにどうして「ない」か・・・

わかった!「時間」は「過ぎる」からだ! ヾ(`Д´)ゝ

・・・って、そんなとんちみたいな問題ですか?

内なる声 :そうだよ。とんちと言えば、こういうのはどう?

Aをしたいのに、Bをしている人がいて、Cをする時間がないと言っています。
さて、どれを優先すれば解決するのかな?


ワタシ :えーっ+( ̄Д ̄;)+

むっ難しいっっ!!

Aをしたい・・・ならAが優先だけど、Bはきっと必須事項で、Cをする時間が・・・あれっ、Cはべつにしなきゃいいのでは・・・

内なる声 :ははは。サイトが固まっても、べつに気にしなきゃいいじゃない。

ワタシ :えっ、で、でも・・・煤i・ω・;ノ)ノ

やっぱり、個人サポートを受ける方も、受けていない方も、私にとっても、サイトが動いているほうがいいと思うんですよ。
このブログもそうですが、現在の発信があるからこそ、個人サポートにも影響があるし、多くの反応や状況を見ながら、必要な書籍を作成していくという流れがあるのが、一番いいですもの・・・

内なる声 :なるほど。では、AもBもCも、必須事項だということ?

ワタシ :( ̄○ ̄;)

内なる声 :必須事項なの?

ワタシ :( ̄□ ̄;)

必須事項ですね・・・

内なる声 :そう。「時間」を、「ある」ものとして、配分しないといけないね。

ワタシ :問題は、「配分」ということですか?

内なる声 :そうだな、一つのことに集中したからといって、はかどるとは限らないだろう?すごく早く物事を処理したとして、あなたがはかどるには、「良い流れ」が必要だろう?
そうすると、一つのことばかりおこなってても、いけないということになる。あなたは、いつも「一つのことをおこないたい」かのように言ってるよ。


ワタシ :そうかもしれない・・・(;¬m¬)

でも、「優先順位」は、あるでしょう?
そうすると、結局AとCの時間配分が少なくなるということについては、どうですか?

内なる声 :まあ、AとCの時間配分を気にするのではなく、AをするためにCをするということだね。あなたがわかっていないのは、次の書籍を書くために必要なのは、サイトの更新だということだよ。

ワタシ :えっ( ̄‥ ̄;)

ブログやメルマガや、コンテンツの更新が、どうして次の書籍を書くために必要なのでしょう?
書籍は、書き下ろしにするでしょう?

内なる声 :そうだな、早く言うと、こうなる。
次の書籍を書きたければ、書籍に関する作業を減らして、あなたが情報を発信することを優先しなさい。
そうしないと、実践を推奨する書籍は書けない。
次の書籍を書くのに必要なのは、情報を発信する力をつけるということだよ。どうしてそう思わないの?


ワタシ :たっ、確かにそうですがっ

し、しかし・・・+( ̄▽ ̄;)+


というワケで、私の悩み相談が長くなりそうなので、次回に続くのであった。

あなたも、時間の使い方については、ぜひ考えてみてくださいね!

ではまた、次回〜。(⌒▽⌒)ノ


    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。