「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システムをご利用ください。


   \無料モニターで、お試しプチ相談を体験してみました/
     ご相談メールのやりとりの内容を、包み隠さず公開中!

2014年01月14日

先導していくもの


どもっ。秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

新年も、すでに半月過ぎましたよー。

というワケで、新年一発目の「内なる声」との対話です。


ワタシ :今年も、始まってしまいましたねぇ。

内なる声 :何か、やってる?

ワタシ :もちろん、やってますよ。
がんばってますけど、まだ発表には致らないんです。
いまは、Energyレターの新ページと、小冊子の作成に励んでいます。

内なる声 :そう。どんな感じ?

ワタシ :そうですね・・・、Energyレターの新ページは、旧ページからの変更点がいろいろありまして。

内なる声 :どんな点?

ワタシ :旧ページでは、深夜0時のメール配信でしたが、21時配信に変更になります。
他にも、早朝6時・15時配信のメニューも作成します。
あと、「いい気分」ガイドレターの内容が変更になるので、それが完成した時点で、新ページに切り替えます。

内なる声 :そうなの?どう変わるの?

ワタシ :旧ページでは、『5分でいい気分になれる講座』と同じ内容の理論を毎日1通ずつ、20日間に渡ってお送りしていたんですが、新ページでは、それにプラスして、「いい気分ドットコム」ホームページの効果的な活用方法や、個人サポート・システムについてのご説明も合わせてご覧いただけるようになります。
20日後には、「いい気分ドットコム」マスターですね。
ふふふ・・・((≧m≦))

内なる声 :なるほど。ホームページの説明を盛り込んでいくわけ?
それで、どうなるの?


ワタシ :どうなるわけではないんですけども。
うちのホームページは、ものすごいページ数があるので、20日問で頭が整理されて、全体像が見えて、活用方法が把握できたって感じになります。

その後、「いい気分ドットコム」のさまざまなコンテンツやシステムを、効果的にご活用いただければいいなあと思って・・・

内なる声 :効果的に活用されてないと思うの?

ワタシ :うーん・・・( ̄^ ̄)

・・・あのー・・・ハイ。そうです。
効果的な活用がされていない面も、いろいろあるんです。
ご感想メールなどをいただいている中、そう感じることがあるんですよね。。。

例えば、Energyレターの旧ページには「望むものを手に入れたいときに」というメニューがあるんですけど、そこに延々と、

「宝くじに当選する・○億円手に入る」
「○○さんにプロポーズされる・告白される・復縁できる」


といった願いを、登録し続けている方がいらっしゃるようなんです。

ちょっと、それって気持ち悪いよぅ。。。( ̄Д ̄;ノ)ノ

「いい気分ドットコム」のEnergyレターに登録したら、○億円手に入ったり、急にプロポーズされたりするらしいよ、なんてことを、私は望んでいないのですヨ。。。

内なる声 :じゃあ、どんな願いならいいの?

ワタシ :私としては、「努力次第で手に入るもの」を想定して作ったメニューだったんですけど・・・
どんな願いならいいってワケでもないので、新ページでは、このメニューは廃止します。。。

そうするとまた、「戻してくれ!」って言う人もいるかなぁ・・・
ガイドレターを一項目に絞ったときにも、ゲストBBSで何人かに「戻して!」って言われたんですよね・・・
うーん・・・(ーωー;)

内なる声 :あなたがそうしたいとき、どうして「そうして欲しくない人」のことを考えているの?

ワタシ :それは、読者のご意見もいろいろ伺いながらおこなっていくのがベストだと思うからなんですけど・・・

こういうのってなかなか難しいですよね。
私の判断でおこなっていることを、「前のほうがよかった」と思う方もいるわけで、だけどそれは「進歩のないもの」であったりするんですが、なかなか伝わらなかったり・・・

内なる声 :伝わらないのではなく、先導していくものを足らずとしているからでは?

ワタシ :先導していくものを足らずとしている・・・?

うーん・・・( ̄ω ̄;)
じゃあ、例えば「○億円欲しい人」は、何を足らずとしてるんでしょう?

内なる声 :あなたが、「そんな願いを登録するな」と言うことだよ。
つまり、こうしてあなたがそれを知らしめるなら理解する機会になるが、そもそもこのメニューを作ったのがあなたなら、文句も言えまいということ。
あなたが、それを先導していたんじゃないの。


ワタシ :私がそれを先導してしまっていたのだとしたら、やはり私が廃止の意思を伝えないといけないですよね。

内なる声 :あなたがそれを作ったのが、間違いだったんだよ。
間違えているものを、廃止するのは当然でしょ。
何を言ってるの?


ワタシ :ま・・・間違い・・・Σ(T▽T;)
望むものを、手に入れようとするのって、間違ってるんでしょうか。

内なる声 :間違ってるのは、あなたが登録メニューにそれを入れていることではないの。
あなたが登録させることによって、「努力なしに勝ち取ろう」とする誤解を生んでいることではないの。
もしもそのメニューを作っていなければ、あなたが「努力しましょう」と言えば、誰も誤解しないではないの。
あなたが、メニューを作ることによって、誤解を生んだのではないの?


ワタシ :わかった、わかりましたよ。+(T▽T)+
誤解を生んでしまったので、新メニューでは、訂正します。

そ・・・そうだ。ゞ( ̄∇ ̄;)

その代わり、『フリーリマインダー〜未来の自分に捧げる言葉〜』という、新メニューを追加するんです。
3日後・10日後・30日後のいずれかに、自分へのメッセージを送ることができるメニューなんですよ。

自分で目標を作って、「どうなった?」ってメッセージを、30日後に受けとることなどができるんです。(≧ω≦)b
そうやって、新しく「自分で目標に向かっていこう」とするメニューをつくることによって、先導できることになりますよね。ね?

内なる声 :まあ、そのうちまたいろいろ誤解を生んでいることに気づいたら、直していけばどう?
いまできることを、やるしかないからね。


ワタシ :そうですね。
いろいろ考えて、改善していきます。

Energyレターの新ページが完成しましたら、またお知らせしますね。

それでは皆さま、コホン。


努力しましょう。
ナハハハ。

では、また次回〜(⌒▽⌒)ノ


2013年10月10日

書籍販売記念 対談その4


どもっ。秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

著書『セルフより愛を込めて』発売から、そろそろ二ヶ月。

というわけで、「内なる声」との対話、
書籍にまつわる対談の第4弾でーす。


内なる声 :いま、何してるの?

ワタシ :えっ煤i・ω・;ノ)ノ

なんですか?何してるのって…
個人サポート・システムも稼動中ですし、その他にもいろいろがんばっておりますよ。

内なる声 :いろいろ何かをしてるのはわかるんだけど、何をしようとしてる?

ワタシ :え?そりゃあ、実践ですよ、実践。φ( ̄∇ ̄;)b

書籍にある理論を実践しようと、日々、いろいろ何かをしようとしてるんです。

内なる声 :それで、何をしてるの?

ワタシ :いまはですね、ホームページの整理をしながら、いろいろ企画を練っているところなんです。
とにかく整理していかないとできないんで、確認しながら片づけをしているカンジですね。

二年間の受験生活を終えて、しみじみと新生活を楽しめる環境を整えているといったところかなー。
やっぱり最初は、片づけをするところからはじめないと、動きにくいですからね。
__/(。。_/))オカタズケ!サッサー(((;/ ゚ペ)/ ̄

内なる声 :片づけて、何をするの?

ワタシ :えーと、まだ本決まりではないのですが・・・
小冊子をつくろうかと・・・φ(・ω・ )

内なる声 :何?小冊子ってどんな冊子?

ワタシ :小冊子ってのは、ページ数の少なめな書物ですけど、なんだかこう・・・

B5サイズくらいの小冊子を、
どんどんつくっていきたいぴかぴか(新しい)


という衝動にかられるんですよ。
なぜだかわかりませんが・・・

内なる声 :B5サイズくらいの小冊子か。
それで、中身はどんなものなの?


ワタシ :えーとですね、最初は「いい気分ドットコム」のガイドブックなんかをつくってみたり、コンテンツ内容を小冊子にしてみたりしようかなと思っています。
「サイトの内容をそのまま本で見れたらいいな」という声もいくつかいただいてましたし、うちのサイトは情報量が多くてパソコンで読むのが疲れますからね。

それで、先にサイトを整理したり、リニューアルしたりしてるんですよ。
それらの冊子ができたら、今度は書き下ろし小冊子をつくっていけたらいいなーと思って・・・。

内なる声 :書き下ろし?例えばどんな?

ワタシ :そうですね・・・( ̄^ ̄)

「実践」していくためのアドバイスになる書物がいいかなと・・・
もちろん、あなたにいろいろお話を聞いて、要点をまとめて考えていくと思うんですけど。

セルフより愛を込めて』が基本的・根本的なところを書いてあるものですので、小冊子では、実践的な知識を提供したいです。
個人サポートの中に比較的多い題材のことや、「仕事」「人間関係」「具体的な考え方」とか、絞っていくといいかもしれませんね。

難しそうですが、ページ数が少なめだと、なんとか次の小冊子へと進んでいけそうな気がして。

内なる声 :すごく楽しそう。いいね。

ワタシ :本当ですか?俳( ゚∇゚* )o

わーい。じゃあ、がんばろう。
小冊子ができたら、『セルフより愛を込めて』のレビューを書いてくださった方に、プレゼント企画もできたりするので、イイ感じですね。きっと♪

内なる声 :そう。いろいろ他のことと連動して考えるのはいいことだけど、あなたはなぜその小冊子をつくるの?

ワタシ :・・・・・・o( ゚∇゚* )oナゼ?

楽しそうだからですケドも・・・

内なる声 :楽しいかもしれないけど、途中で何をしたかったのかわからなくなることは多い。
何を目的にそれをはじめようとしている?


ワタシ :目的・・・( ̄ω ̄;)?

目的は、自分の「いい気分」です。
このサイトを継続するかぎり、その方法を最も知りたいのは私として、「いい気分」のための知識を得て、提供していこうとしてるのです。

内なる声 :あなたがおこないたいのは「実践」ではないの?
どうして「知識」を提供することで、終わろうとしているの?


ワタシ :あ、そうか・・・( ̄○ ̄;)!

う、う〜ん、( ̄‥ ̄;) そうですね・・・
たしか、『セルフより愛を込めて』の仕上げのときにも、あなたにそう言われて個人サポート・システムの再開と連動することを考えたのでした・・・

「実践」を薦めることが目的なのだから、そこがちゃんと入ってないとダメなんだな・・・
「実践」というのはそれぞれの生活の中でおこなうものだとは思いますが、うちのサイトで「実践」をお薦めするとすれば、
いまは個人サポート・システムのメールによる対話しかないですものね・・・

内なる声 :つまり、そういったことを考慮しながら書物を提供しないと、「知識」だけを提供して「実践」の伴わないことを薦める結果になるということ。
あなたが「実践」をおこないたいのなら、「実践」を目的につくりなさい。わかる?


ワタシ :ハイ・・・φ(・ω・;)ゞ

「実践」につきまして、もっとよく考えていきます。


というワケで、これから「実践」をしようとしている皆さま、一緒にがんばってまいりましょ。

「いい気分ドットコム」は、「いい気分」になりたいあなたの「実践」を応援していきますヨ。


では、また次回〜(⌒▽⌒)ノ

2013年09月06日

書籍販売記念 対談その3


どもっ。秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

著書『セルフより愛を込めて』発売から、もうすぐ一ヶ月。。。

というわけで、「内なる声」との対話、
書籍にまつわる対談の第3弾でーす。


ワタシ :いや〜ついに販売されてしまいましたねぇ。

・・・とか、話す間がなかったですわ!

先月販売しだしてから、いろいろご感想をいただくまでの時間が

早っっ!煤i・ω・;ノ)ノ

・・・ってカンジで、びっくりしてました。
個人サポート・システムも再開したので、余計にそう感じるのかもしれませんが。


内なる声 :そうなの?どうして?

ワタシ :えーだって私、2年かけてつくったのに、販売した次の日に

「読みました。また第二弾も楽しみにしてます♪」

とか言われたんですよ。
φ( ̄□ ̄;)

いや、考えてみると普通のことですし、うれしかったのですが、なんか予想できない感覚でしたわー
なんか最初、ものすごい時間かけてつくった料理を、3分くらいで平らげられて呆然とする母のような気分でしたわー

内なる声 :なるほど。じゃあ、もっと次を考えていかないとね。

ワタシ :しぇ〜〜〜〜っっ???煤i;ω;ノ)ノ

何言ってんスかっっ!
私はいま、浪人を終えたばかりの受験生のような、非常にしみじみとした状態なんですっ!
こんな本、次々とつくれますかぃなっ!

内なる声 :えーそうなの?どうして?

ワタシ :どうしてって・・・( ̄ω ̄;)

・・・この書籍をつくるのに時間がかかった理由は、私の理解を超えていたところのお話を、わかりやすくまとめる必要があったからなのです。
それはそれは私にとって、すごーく難しかったのです。特に第5章あたりで、すでに当時の私の理解の限界を超えていたにもかかわらず、7章〜8章とさらにステップアップする内容をまとめなきゃいけなかったってことが・・・

でもだからこそ、この作品は尻すぼみにはならないんだということは、わかっていたんですよ。
だから私はずっと、「これがあなたの書籍でなければ、普通は6章までの内容ぐらいで終わってるよ、きっと…」と思いながらやってました。

内なる声 :なるほど。それは大変な思いで仕上げたのだね。それで、仕上げてみて、どうなの?

ワタシ :私はいま、自分でまとめたあなたの教えを、がんばって実践中なのです。
書籍を出すまでの間、私は「早く完成させたい」という考えと同時に、「この先に進むのも不安なので、ここに留まっていたい」という考えも、どちらももっていたのだと思うんですよ。

だけど、この書籍の中の、
●進んでみなければわからない道の上において、「進んでみたら、どうなるのか」ということを考え、留まっていてはいけない。
●あなたが歩みを進めることによって、留まっていたときには見えずにいたものが、必ず見えてくる。


といった多くの言葉が、私を励ましてくれたんです。
それでやっとこの書籍を形にすることができて、個人サポート・システムを再開するとこまで、進んだところなんですよ。

内なる声 :そこで終わるの?

ワタシ :いえ、もちろん次を考えてますが、まずは『セルフより愛を込めて』の続きを書くのとは、違うことをしますよ。
ここからまた受験生活に突入しても、うまくいかないと思いますもの。

内なる声 :どんなことをしようか。楽しいね。

ワタシ :そうですね。(≧ω≦)
私は、書籍にある教えを、誰よりも実践していきたいと思っているんです。

たとえば、いまの私は書籍の中の、
●あなたが「こうしてみようかな」と思うことをしてみるたびに、また一つ「今度はこうしてみようかな」ということが、わかるようになってくる。
●あらゆる「結果」というものが現れる時点とは、あなたにとって、無常の通過点に過ぎない。


…といった文章について、「本当にそのとおりだなあ〜」と実感しているところなんです。

やっぱり、実践しないと実感できないことだし、実感してはじめて理解できる文章も多いのです。
そうして実践する中で、次に進むことを考えていきたいと思っています。

内なる声 :そう。ではもっと実践するためのことを、考えていこう。それでいい。

ワタシ :そうですね。φ(^ω^)o

内なる声 :あなたが何を提案するのか、楽しみにしている。


というワケで、著書『セルフより愛を込めて』発売から、もうすぐ一ヶ月。

こうして、書籍の中の文章を少し引用しつつ、お話できるようになりました。


アマゾン当サイトの書籍紹介ページにレビューをいただいた方、メールや「読んだよボタン」などでコメントをくださった方、本当にありがとうございます。
今後もがんばっていきますよー。

では、また次回お会いしましょう!(⌒▽⌒)ノ

    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。