「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システムをご利用ください。


   \無料モニターで、お試しプチ相談を体験してみました/
     ご相談メールのやりとりの内容を、包み隠さず公開中!

2011年08月05日

自分の言葉をもって書く


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

毎日、ムシ暑いですね。晴れ

ソーメンに、ざるそばに、かき氷。
食べたくなるのは、そんなものばかりの私ですが、しっかり栄養をとることも考えつつ、がんばっておりますよ。

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した書籍をつくるということを進めています。


ワタクシ :毎日、原稿とにらめっこ。やっておりますよ。

内なる声 :そう。それで、どんな具合?

ワタクシ :先週、第3章まで進めてたんですけどね。
じつは、どうも気に入らなくなって、書き直してたんです。
それで、前回の対話で、あなたが言われてたことが、ちょっとわかってきたと思います。
自分にとって、文章の羅列が大切なのではなく、何が大切なことかということを、きちんと見れていないところがあるなと思って…。

内なる声 :うん。それで、何を大切にしようとしてるの?

ワタクシ :私が大切なのは、自分の納得なのです。
あなたのお話してくださったことを編集しているのは確かですが、もっと「自分が理解したことを、きちんと話していく」ような気持ちでつくっていかないといけないと思って…
いま、メルマガでお話していることもシンクロするのですが、私は自分が「作者としても、読者としても満足するものを作りたい」という気持ちを、納得させたい。
だから、遅くなっても、そのために書き直していく必要があると思います。
ブログでは、どんどん進めている様子を、ご報告したいのですけどね…。自分が納得することを目指さないと、意味のないものだから、仕方ない。

内なる声 :ふーん。それで、その「つまらない気持ち」はおさまりそう?

ワタクシ :Σ(゜∇゜|||)
メルマガでは、つまらないけど、「大切な気持ち」って説明されてたじゃないですかー((o(;△;)o))
どこまでやるのかっていう感じになるので、ある程度納得して、進まないといけないとも思いますし、難しいですね。
どうしたら、終わりが「すべてヨシ!」になるんでしょう。

内なる声 :終わり良ければよいということ?それとも、その都度良くなければダメということ?

ワタクシ :自分としては、その都度良くなって、最終的にすごく良くなって欲しいのです。何かに気づいて、次に進んで、また戻って、ということを繰り返しているけれど、要領が悪いですかね…。それがあたりまえなのかな…。

内なる声 :あたりまえというか、まず、何が気に入ってないわけ?

ワタクシ :うーん、今回、直してたのは、自分が読者の感覚をもって読み直してみたとき、「わかりにくい」と思うことがたくさん頭の中に出てくるのが、気に入らなくなってきたからなんですよね…。
もっと、自分の聞きたいところをピンポイントに聞きたいというか…
非常にややこしい感覚をもっている「自分」のことについての文章を読みながら、「自分の中にある気持ちがどう動いているのか」ということを確認していると、「こんな気持ちの動きが気に入らない」と感じるところが出てくるのです。

内なる声 :ふーん、面白いね。

ワタクシ :はい。確かに面白いですが…
ずっと作業してると、文章を並べて編集しようとすることに夢中になって、後で読んで気に入らないと思ったり、違う方向に行きそうになったりして、わからなくなったりもするのです。
で、やっぱり、自分の納得というところに一旦戻って、そこから進むしかないんですよね。

内なる声 :うん。それで、どうしたいの?

ワタクシ :どうしたいと言われても…
がんばってます。
(´・ω・`)

内なる声 :がんばってるのはいいけど、疲れているから調子が出ないこともあるのでは?

ワタクシ :そうですね。一休みしながら、要領よく進めたいですね。
何か、いまの私にアドバイスいただけませんか?

内なる声 :アドバイスか。
あなたは、納得したいのであれば、あなたに思いつく考え以外の文章を、捨てるつもりでやりなさい。
あなたが、思いつく文とは、あなたがその文を理解して、把握して、「これを使いたい」という文であるということ。あなたの考えの中で、よくわかっていない文を並べようとするからわからなくなる。


ワタクシ :あなたの文章は、どれもいい言葉が並んでいるので、全部使いたくなって、悩んでしまうのです。

内なる声 :編集が大事なのではなく、納得が大事なら、そんな文はまず捨て、あなたが言いたいことに従って抜粋した文をもってくる。それ以外の文章は捨てなさい。
あなたがしているのは、文の並べ替えではなく、あなたの納得いく文を、教えに沿ってつくることではない?
その文の足りないところは、欲しいと言いなさい。何を書きたいのか、あなたがそこを見つめていないとおかしくなるのであって、「どこがおかしいのか」と悩んで、並べ替え直す必要はない。
そういうところが、気に入らないのでは?


ワタクシ :そうです。そのとおりです。そのバランスが難しいです。
「あなたが話してないことを勝手に判断して書きたくない」という気持ちが大きいので、その文を削ったり、加えたりすることに、慎重になってしまう。
だけど、そうしないと、ダメですね…。あなたの文を並べるのではなく、きちんと、自分の書きたい言葉として、書くつもりにならないとできない。それが、よくわかってきました。

内なる声 :そう、あなたが自分の言葉をもって書く。
あなたの言葉というのは、「自分に届く言葉」という意味。私が話している中、あなたの心に届いていない文は省けばいい。その大事なところが出来てないから、わからなくなるのだよ。


ワタクシ :はい…。足りないところを聞くことも考えないといけないし、なかなか難しいですね。

内なる声 :うん。難しいけど、できる。
だから、早くコツをつかんで進めて欲しい。


ワタクシ :わかりました。
今回、それがはっきりわかってきて、よかったです。
次回はもっと進んだと言いたいです。

内なる声 :じゃあ、がんばって。


…というワケで…

がんばって、コツをつかんでいきたいと思います。


ε=ε=┏( ;・_・)┛ファイトファイト

2011年07月29日

わかると思っている。


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

毎年、夏バテになりがちの私なのですが、今年はいまのところ、バテておりません。

疲れている身体も、「やる気」が勝ると、なんなく動いてますね。
無理は禁物ですが、パワーというものは、身体発信ではなく、心発信だなぁと、つくづく実感。

夏バテに必要なのは、「休養」よりも、「パワー」なのかもしれない。手(グー)ぴかぴか(新しい)

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した媒体をつくるということを進めています。


ワタクシ :私はいま、書籍制作をしています。
ひ〜〜〜難しい作業だなぁ。

内なる声 :そう。それで、進みそう?

ワタクシ :いま、第3章の途中です。難しくて、何度も書いては戻ってます。
今回、あなたの話を大量に聞いて、ある程度自分で構成を決め、第1章から書き始めましたが、あなたの文章のわかりにくいところを、よりわかりやすくしながら、「自分」のことやハイヤーセルフのことがわかってくるように書くのって大変。
…まあ、そんなことは、わかってましたが。

内なる声 :どういうのが大変?

ワタクシ :そうですね…、始めにどんなことを言えば、すんなり理解を始めていく準備が整い、少しずつ理解を深められるものになるかを考え、「第1章をこうして、2章がこれで…」と決めるのが難しい。
「最初に書きたいこと」と、「最後に書きたいこと」は、もう決まってるんですけどね。
あなたが、バラバラに、とびとびに話している内容の、どの部分を、どこからどうもってくれば順序良くなるかということを、必死に考えてます。毎日文章とにらめっこ。
構成を考えるのは嫌いではないし、そこが一番大切なのでがんばりますが、ある程度進んでいかないと、見えてこないかもしれないですね…。
普通は、自分が書きたいことの全体を見て、まずはこれを書くと決めていくと思うけど、私の場合、「この章に足りない部分の文章を、追加に聞くべきかも」とか、自分がわかってなかった部分に途中で気づいたりとか、「あなたの言わんとしてるところが、まだわかっていない部分が隠れてたりするかもしれない」というような、ややこしい理解が必要なんじゃないかと思います。
まあ、それはいつものことなんで、いまさら困ってませんが、作業は難航しますね。
それでも、やりたいからやってるので、やりますよ。

内なる声 :そう。なかなか大変みたい。
あなたは、よく、そんなことをするね。


ワタクシ :はっ…?(゚Д゚)
どういうことでしょう?

内なる声 :だって、そんなふうに難しいことが、よく頭の中、整理されるんだね。

ワタクシ :いや、整理しないとわからないんですけど…。
自分がわかりたいから、整理するんですよ。整理したらもう、そのややこしさに悩まなくていいし、そこからまた次のことを考えられるでしょう?

内なる声 :じゃあ、整理する人がいないなら、あなたのわかったことを、理解する人もいないってこと。あなたがいないと誰も理解できないことを、整理しようとしているのだね。
それは、便利なものになるね。


ワタクシ :そうですか…?
だけど、どうして最初から、なるべくそのまま載せれる文でお話してくださらないんでしょう…?

内なる声 :そしたら、あなたはそれを載せるだけでいいのにってこと?

ワタクシ :うーん…それだけでは、私もきっと面白くないだろうから、いろいろ工夫していくとは思いますけど、こんなにバラバラにお話されるのって、なぜなのでしょう?

内なる声 :私が話していることが、たとえば千あるうちの、ほんのいくつかだとして、「どこから聞いていくことで、順番にわかるのか」なんて、どうしてそんな構成を整えて話すのだろう?
あなたが、幼い子供に何かをたくさん教えるとき、一から十まで、必要になることを並べて説明するの?あなたなら、「それだけをわかっていれば、大丈夫だから」って教えるの?
「あなたにはまだ、たくさんわかってないことがあるのだ」ということを、わかるように話していくのでない?つまり、あなたの方が、理解できてきたことを並べるということに意味があるのでは?


ワタクシ :そうですね…。「幼い子供」の方が、わかったことを整理していくのが一番いいですね…。そう聞くと、そのとおりだなと思ってますよ。
バラバラすぎて、大変ですけど…

内なる声 :うん、それで、あなたはその文章を何とかできそう?

ワタクシ :できるかどうかではなく、やるのでっす!\(*`∧´)/
…というか、何とかしてやろうとして奮闘していますが、きっと何度も書き直して完成に至ると思います。
私は、あなたがいま、どう考えているのかを、聞きたいなあ。

内なる声 :私?そうだな。
もう少し進んだら、自分が何をわかってないのかわかってくる。
もう少し進んでから、そういう話をもっとしないといけないと感じる。
あなたの完成に至るまでの時間が伸びるからといって、そうするのをやめることはしないでしょう?
あなたの納得のできる書籍ってのが、どんなものか見えてから、完成をイメージできないとね。


ワタクシ :そうですか…やっぱり、まだ足りないところを残しているのですよね。
自分もそう思ってたけど、とにかく始めてみないと見えないかなと思って始めたのですが。

内なる声 :そう。では、途中でそれに気づくまで書いてごらん。
「そこまでは、わかっていることとして進める」ということをしているうちに、見えるものがある。
その説明をしたいと思うから、待っておく。


ワタクシ :そうですか…。では、このまま進めていきます。

内なる声 :あなたは、「自分」のことについて、初めて考えようとしてる。
それがわかる?


ワタクシ :え?…初めて?いままでは、考えてなかったのでしょうか?
こんなに話を聞いて、準備を進めてきたのに?

内なる声 :そう。話を聞いているうちは、あなたのことを考えるよりも、「早くこの書籍の完成をイメージすること」に夢中だった。
しかしいま、その書籍を「読む」ということを意識し、「自分がもしこれを読んだとして、自分のことを理解できるのだろうか」という目線をもって、その文章をチェックしている。
だから、納得できないことがあるというところを、放っておくことができない。
わからなければ、わかるようにすると思う。
だから、あなたがわからないことが何か、わかると思っている。


ワタクシ :なるほど。わかりました。がんばりますね。

内なる声 :では、よろしく。


…というワケで…

がんばっておりますよ。
皆さまも、夏バテなど、なさいませんように。

ε=ε=┏( ;・_・)┛ふぅふぅ



2011年07月22日

あなたが一番したいこと


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

仕事や勉強や、やりたいことを始める前に、時間に余裕もないのに、なんだか掃除をしたり整理をしたり、準備を整え、気合いを入れる…ということは、ありませんか?

私は、あります。
とりかかるまでが、長い。時計

…で、いざ、やるべきことを始めてみると、だんだん集中してきて、「もっと時間が欲しいゾ〜」と思うようになります。

だったらさっさと、とりかかってりゃいいのに、準備の時間も欲しかったりする。

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した媒体をつくるということを進めています。


ワタクシ :前回の対話でお話したとおり、3連休は、あなたにたくさんお話を聞くことができました。
ちょっとバテましたー(((((o_ _)o

内なる声 :話を聞いて、どう思った?

ワタクシ :そうですね…結局、「自分が聞きたかったことを聞けた」というより、「自分がわかっていなかったことがあったのだとわかった」という感じになりました。
自分の頭の中で想像しているような答えを求めて質問を繰り返しても、想像どおりの答えは、返ってこない。それがどうしてなのかが、わかったと思います。
それにしても、この2ヶ月で、たくさん準備ができました。
状態は悪くないと感じているので、この辺りで、ここまでに聞いたお話を、媒体にしていく作業に取りかかることにしました。
そうしないと、もう何もできないと思ったのです。

内なる声 :うん、それで、どんな媒体にするの?

ワタクシ :それは、もう決まっています。
書籍として作成します。
いまのところ、電子書籍をつくろうとしています。

内なる声 :そう。それで、どうなるの?

ワタクシ :どうなるんでしょうね。それが知りたくて、さっそく第1章をつくってみました。
なんだか、ドキドキします。
「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、語っていく文章を編集していると、なんだかすごいことをしているような気持ちになって、興奮しました。
「自分のこと」を理解できる本なんて、ないものなぁ。

内なる声 :そう?「自分のこと」を理解することを、いつもしようとして、話してるのでは?

ワタクシ :あなたとお話するときは、いつもそうですよね。
だけど、こうしてきちんと一からまとめ、全体を見ようとするなんて、やっぱりすごいことかも。
「ハイヤーセルフとは何か」って、詳しくわかっていくんですよ?
「どうしよう〜(((p(>▽<)q)))」とか、思ってしまいマス。

内なる声 :そうなの?
「自分のこと」ってそんなに興奮するの?


ワタクシ :しますよー。みんな、「自分のこと」、知りたいだろうなと思ってますよ。
これまでお話された大量の情報をどのように伝えていくかを考えながら、自分でつくっていこうとすると、さらにその内容への理解が深まってきて、「なんだこういうことか」とか、「えーどういうことだろう?」とか、感じてるのが、面白いです。

内なる声 :自分のことを眺めているのが面白いのだよ。
わかる?


ワタクシ :はい。たしかに、あなたの文章を読むことで、自分を眺めているのが面白いのです。
「自分ってこうなのか」と考え、理解できるのが面白いです。

内なる声 :自分のことがわかるのが、なぜ面白いのかわかる?

ワタクシ :えー。なぜって、自分のことがわかるってのがうれしいから?
なぜなのか…は、わからない。なぜですか?

内なる声 :なぜって、それが、あなたが一番したいこと。
自分のことを知っていくのが、あなたの喜びとわかるのでしょ。
自分って者は、自分を知ることを望んでいる。


ワタクシ :そうですね。
そういう内容のお話が、たくさん書かれている本になると思います。
いまの質問の答えが、書かれているものになりそうですね。

内なる声 :じゃあ、そのままできそう?

ワタクシ :はい。先はまだ長いですけどね。
このまま自分が行き詰るところまでやってから、あなたに相談しつつ、工夫してみます。

内なる声 :では、よろしく。



…というワケで…

最近の私は、寝不足である時にも、なぜかパワフルな自分を感じている。


ε=ε=┏( ;・_・)┛進むゾ進むゾ


    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。