「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

   仕事のこと・人間関係のことについてお悩みのあなたには、
   スピリチュアルカウンセリング・メッセージ』がおすすめ。
   人生を変える対話は、どなたにも無料でお試しいただけます。

2011年07月16日

その「満足」が、必要なもの


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

暑いですね。晴れ

ウチの猫を動物病院に連れて行ったのですが、帰りの車の中があまりに暑く、ゼェゼェ呼吸してるので、どうしようかと思いました。

この症状が心配なので、病院に引き返すべきなのか?あせあせ(飛び散る汗)
しかし、また病院に戻ると、帰りに暑さが…(延々と続く)

家に戻って涼むと、本人(猫)はごきげん。
…やれやれ。暑いのも寒いのも、かなわんですね。

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した媒体をつくるということを進めています。


ワタクシ :いやー忙がしくってですねー(´∇`; )ゞ
あんまり、お話できてなくて、スミマセン…
(;´・ω・`)

内なる声 :そうなの?どうしたの?

ワタクシ :いやー猫の調子が悪くてですね…あと、個人サポートの返信が重なったりしてまして…いろいろあって、ブログの更新も遅くなったりしてですね…
とにかく、なんだかたてこんでたので…
怒ってマス…?

内なる声 :怒ってないし、よろこんでないし、困ってもない。

ワタクシ :そ…そうですよねー(゚∇゚ ; )ゞ
私だけですよねーバタついてるのは…

内なる声 :何を困ってる?

ワタクシ :困ってる?私がですか?

内なる声 :困ってるんじゃない?

ワタクシ :えー…いえ、困ってるってほどじゃ…
でも、たしかに優先順位がわからなくなって、つらくなったりしてますね…
あなたとお話をして、媒体の完成に向かいたいというのが、いまやりたいことであっても、他にもやることがあると後まわしになるのですが、そうすると、時間がとれなくなっていきますね。
どれも大事なことだし、削れないし…
こういう時、どういうふうに考えればいいのでしょう?

内なる声 :ああ、そういうふうに悩んでるの?
自分のやるべきことが終わらないってこと?


ワタクシ :え?いえ、終わっていくこともないと思うんですけど、時間配分というか、どういうふうに考えればいいのか、自分の基準がしっかりしてないのかもしれないですね。

内なる声 :あなたの優先すべきは何?

ワタクシ :え?そうですね…一番優先すべきと思うのは、「困ってる人がいるところ」かな…だから、個人サポートだと思ってるんです。あと、猫が困ってても、助ける。だけど、そういう意味では、メルマガも、いまつくっている媒体も、広く助けになるかもしれないですよね。
…で、全部一生懸命やろうとして、時々、自分が困っているという…

内なる声 :変なことに、悩んでいるんだね。べつに、時間のかからないところから、はじめていけばどう?

ワタクシ :あ、そうですか…そうすると、やっぱりこの媒体づくりが後まわしになってしまってるんですよね。

内なる声 :余分に時間をつくろうとせず、あなたが時間についての概念を変えては?

ワタクシ :時間についての概念を変える…?どうすればいいのでしょう?

内なる声 :時間って、配分しようとすると、時間のなさに、無理を感じる。なぜなら、ほんの数時間に、できることをこなそうとして、考えているため。そうすると、できないことを後まわしにするってことになる。
じゃあ、できることってのが、一体どうしてできているのかというと、「自分がここまでおこなう」と決めていることの、すべてを求めておこなったところ、できたのがそこまでってこと。
つまりね。できていることっていうのが、自分がしようとしていることの中、半分くらいだったとして、残りの半分は「まだできてないこと」になる。
そうすると、半分以上やるのに、あなたが二人必要になる。「半分しかできない」ということを知るのなら、あなたの時間配分が間違っているのだから、必要になる時間を倍に考え、取り組んでいくとして、どう急ぐのかを考えないと。


ワタクシ :時間を倍に考える…?(゚-゚?)(。_。?)
どうして、時間がないのに、倍にして考えて、できるようになるのでしょう…?

内なる声 :時間内にできてないと思うことがあったとして、それが後まわしになるってことを、どう考えるかってこと。あなたにとって、自分の時間の配分の中、その後まわしの部分を入れてない。
自分ができる範囲において、おこなっている中、後まわしの分も入れていくと、まわらなくなるのでしょう?なら、後まわしの部分についての配分ができてない。配分するため、どうするかというと、空いた時間に入れていくのか、それとも、自分の他の時間をなくして入れるのか、どっち?


ワタクシ :えーとですね…いつも、月曜日が祝日の時は、メルマガのお休みをいただいているので、今回の3連休で、また、ゴールデンウィークの時のように、あなたのお話をたっぷり聞けると思ってるんですね…だから、そうしてまとまった時間をとりながら、やっていくとして、「空いた時間に入れていく」ということを選ぼうとしてるのですが…

内なる声 :あなたが空いている時間になるまで、その「やりたいこと」は、進まないの?

ワタクシ :えーと…はい、いまのところ…

内なる声 :なら、空いている時間って、どんな時?

ワタクシ :えーと…他の作業をこなした後。

内なる声 :それが「空いている時間」?なら、空いてない時間は、埋まってる?

ワタクシ :いや、わからないですよ…だって、個人サポートの入るタイミングとか、他の作業の完成時間とか、計算できないんですもん…

内なる声 :それ。計算してないので、配分できない。計算が、できないとして、できるところまでしか、こなしてない。つまり、残った分の、配分は、計算に入ってない。だから、計算するため、あなたの時間の概念が正しくないと知ること。
じゃあ、どうすればいいのか。
よく、「自分の時間」と言って、あなた専用にある時間をそう呼ぶんじゃない?


ワタクシ :え?はい…「自分の楽しみの時間」って感じのことですよね。

内なる声 :あなたが後まわしにしてることを、「自分の時間」としてやってる。だから、進まない。

ワタクシ :え?うーん…そうかもしれないですね…うん。そうですね。「空いてる時間」ということは、そういうことですよね…

内なる声 :それが、配分に入ってない。だから、その配分を少し変化させないと、「自分の時間」としての空きがない限り、進まない。

ワタクシ :なるほど…だけど、時間は限られてるのだから、その部分も配分に入れて、全体的にスピードアップするしかないんでしょうか…

内なる声 :配分に入れてるのなら、スピードアップするのではなく、自分の「できる」と考えていた時間の概念を、「できていない」に変えないと。「できていない」のに、何を「後まわし」に考えている?
毎日、毎日、「できていないこと」を増やしている。そうすると、毎日の「できること」の中、「できていないこと」を入れていかないといけなくなる。入れてみれば、「できていないこと」というものを、自分の配分の中、調整しないとどうにもならないはず。
そうしてやってみれば、あなたが忙しい日にも、そうでもない日にも、やるべきことをこなしているように、その配分の中、こなせることは、必ず増える。
いま、「しなくても困らない」として、「自分の時間」にやろうとしてることを、配分に入れなさい。


ワタクシ :はい…(´・ω・`)
だけど、実際、「新しいこと」をはじめようとして、がんばっていることなので、「まだ、しなくても困らない」と言える気持ちがあると思うのですが、それがよくなかったのでしょうか…。

内なる声 :いま、しなくて困っているのが、あなたの「しなくても困らない」と考えていることなら、考え直してみるのがいい。なぜなら、あなたがそのことを頭に置かないのなら、「仕事はこなしてるし、問題ない」として、楽しんでいる。
その、「しなくても困らない」ことって、しないと、困ってるんじゃない?


ワタクシ :はい…(´・ω・`)
自分の中で、やりたいことですものね…

内なる声 :やれば、「できているということに、満足できること」を、「困っていない」という考えをもって、後まわしにしないこと。
その「満足」が、あなたにとって、必要なものなのだよ。


ワタクシ :わかりました。
とりあえず、週末にまた、たくさんお話してください。

内なる声 :うん。では。



…というワケで…

次回のメルマガは、お休みをいただきます。
個人サポートは、続行しております。

あなたにも、「やりたいけど、なかなかできていないこと」はありますか?

それを、「やるべきこと」の配分の中にきっちり入れて、

ε=ε=┏( ;・_・)┛進め進め


posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2011年07月22日

あなたが一番したいこと


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

仕事や勉強や、やりたいことを始める前に、時間に余裕もないのに、なんだか掃除をしたり整理をしたり、準備を整え、気合いを入れる…ということは、ありませんか?

私は、あります。
とりかかるまでが、長い。時計

…で、いざ、やるべきことを始めてみると、だんだん集中してきて、「もっと時間が欲しいゾ〜」と思うようになります。

だったらさっさと、とりかかってりゃいいのに、準備の時間も欲しかったりする。

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した媒体をつくるということを進めています。


ワタクシ :前回の対話でお話したとおり、3連休は、あなたにたくさんお話を聞くことができました。
ちょっとバテましたー(((((o_ _)o

内なる声 :話を聞いて、どう思った?

ワタクシ :そうですね…結局、「自分が聞きたかったことを聞けた」というより、「自分がわかっていなかったことがあったのだとわかった」という感じになりました。
自分の頭の中で想像しているような答えを求めて質問を繰り返しても、想像どおりの答えは、返ってこない。それがどうしてなのかが、わかったと思います。
それにしても、この2ヶ月で、たくさん準備ができました。
状態は悪くないと感じているので、この辺りで、ここまでに聞いたお話を、媒体にしていく作業に取りかかることにしました。
そうしないと、もう何もできないと思ったのです。

内なる声 :うん、それで、どんな媒体にするの?

ワタクシ :それは、もう決まっています。
書籍として作成します。
いまのところ、電子書籍をつくろうとしています。

内なる声 :そう。それで、どうなるの?

ワタクシ :どうなるんでしょうね。それが知りたくて、さっそく第1章をつくってみました。
なんだか、ドキドキします。
「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、語っていく文章を編集していると、なんだかすごいことをしているような気持ちになって、興奮しました。
「自分のこと」を理解できる本なんて、ないものなぁ。

内なる声 :そう?「自分のこと」を理解することを、いつもしようとして、話してるのでは?

ワタクシ :あなたとお話するときは、いつもそうですよね。
だけど、こうしてきちんと一からまとめ、全体を見ようとするなんて、やっぱりすごいことかも。
「ハイヤーセルフとは何か」って、詳しくわかっていくんですよ?
「どうしよう〜(((p(>▽<)q)))」とか、思ってしまいマス。

内なる声 :そうなの?
「自分のこと」ってそんなに興奮するの?


ワタクシ :しますよー。みんな、「自分のこと」、知りたいだろうなと思ってますよ。
これまでお話された大量の情報をどのように伝えていくかを考えながら、自分でつくっていこうとすると、さらにその内容への理解が深まってきて、「なんだこういうことか」とか、「えーどういうことだろう?」とか、感じてるのが、面白いです。

内なる声 :自分のことを眺めているのが面白いのだよ。
わかる?


ワタクシ :はい。たしかに、あなたの文章を読むことで、自分を眺めているのが面白いのです。
「自分ってこうなのか」と考え、理解できるのが面白いです。

内なる声 :自分のことがわかるのが、なぜ面白いのかわかる?

ワタクシ :えー。なぜって、自分のことがわかるってのがうれしいから?
なぜなのか…は、わからない。なぜですか?

内なる声 :なぜって、それが、あなたが一番したいこと。
自分のことを知っていくのが、あなたの喜びとわかるのでしょ。
自分って者は、自分を知ることを望んでいる。


ワタクシ :そうですね。
そういう内容のお話が、たくさん書かれている本になると思います。
いまの質問の答えが、書かれているものになりそうですね。

内なる声 :じゃあ、そのままできそう?

ワタクシ :はい。先はまだ長いですけどね。
このまま自分が行き詰るところまでやってから、あなたに相談しつつ、工夫してみます。

内なる声 :では、よろしく。



…というワケで…

最近の私は、寝不足である時にも、なぜかパワフルな自分を感じている。


ε=ε=┏( ;・_・)┛進むゾ進むゾ


posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2011年07月29日

わかると思っている。


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

毎年、夏バテになりがちの私なのですが、今年はいまのところ、バテておりません。

疲れている身体も、「やる気」が勝ると、なんなく動いてますね。
無理は禁物ですが、パワーというものは、身体発信ではなく、心発信だなぁと、つくづく実感。

夏バテに必要なのは、「休養」よりも、「パワー」なのかもしれない。手(グー)ぴかぴか(新しい)

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した媒体をつくるということを進めています。


ワタクシ :私はいま、書籍制作をしています。
ひ〜〜〜難しい作業だなぁ。

内なる声 :そう。それで、進みそう?

ワタクシ :いま、第3章の途中です。難しくて、何度も書いては戻ってます。
今回、あなたの話を大量に聞いて、ある程度自分で構成を決め、第1章から書き始めましたが、あなたの文章のわかりにくいところを、よりわかりやすくしながら、「自分」のことやハイヤーセルフのことがわかってくるように書くのって大変。
…まあ、そんなことは、わかってましたが。

内なる声 :どういうのが大変?

ワタクシ :そうですね…、始めにどんなことを言えば、すんなり理解を始めていく準備が整い、少しずつ理解を深められるものになるかを考え、「第1章をこうして、2章がこれで…」と決めるのが難しい。
「最初に書きたいこと」と、「最後に書きたいこと」は、もう決まってるんですけどね。
あなたが、バラバラに、とびとびに話している内容の、どの部分を、どこからどうもってくれば順序良くなるかということを、必死に考えてます。毎日文章とにらめっこ。
構成を考えるのは嫌いではないし、そこが一番大切なのでがんばりますが、ある程度進んでいかないと、見えてこないかもしれないですね…。
普通は、自分が書きたいことの全体を見て、まずはこれを書くと決めていくと思うけど、私の場合、「この章に足りない部分の文章を、追加に聞くべきかも」とか、自分がわかってなかった部分に途中で気づいたりとか、「あなたの言わんとしてるところが、まだわかっていない部分が隠れてたりするかもしれない」というような、ややこしい理解が必要なんじゃないかと思います。
まあ、それはいつものことなんで、いまさら困ってませんが、作業は難航しますね。
それでも、やりたいからやってるので、やりますよ。

内なる声 :そう。なかなか大変みたい。
あなたは、よく、そんなことをするね。


ワタクシ :はっ…?(゚Д゚)
どういうことでしょう?

内なる声 :だって、そんなふうに難しいことが、よく頭の中、整理されるんだね。

ワタクシ :いや、整理しないとわからないんですけど…。
自分がわかりたいから、整理するんですよ。整理したらもう、そのややこしさに悩まなくていいし、そこからまた次のことを考えられるでしょう?

内なる声 :じゃあ、整理する人がいないなら、あなたのわかったことを、理解する人もいないってこと。あなたがいないと誰も理解できないことを、整理しようとしているのだね。
それは、便利なものになるね。


ワタクシ :そうですか…?
だけど、どうして最初から、なるべくそのまま載せれる文でお話してくださらないんでしょう…?

内なる声 :そしたら、あなたはそれを載せるだけでいいのにってこと?

ワタクシ :うーん…それだけでは、私もきっと面白くないだろうから、いろいろ工夫していくとは思いますけど、こんなにバラバラにお話されるのって、なぜなのでしょう?

内なる声 :私が話していることが、たとえば千あるうちの、ほんのいくつかだとして、「どこから聞いていくことで、順番にわかるのか」なんて、どうしてそんな構成を整えて話すのだろう?
あなたが、幼い子供に何かをたくさん教えるとき、一から十まで、必要になることを並べて説明するの?あなたなら、「それだけをわかっていれば、大丈夫だから」って教えるの?
「あなたにはまだ、たくさんわかってないことがあるのだ」ということを、わかるように話していくのでない?つまり、あなたの方が、理解できてきたことを並べるということに意味があるのでは?


ワタクシ :そうですね…。「幼い子供」の方が、わかったことを整理していくのが一番いいですね…。そう聞くと、そのとおりだなと思ってますよ。
バラバラすぎて、大変ですけど…

内なる声 :うん、それで、あなたはその文章を何とかできそう?

ワタクシ :できるかどうかではなく、やるのでっす!\(*`∧´)/
…というか、何とかしてやろうとして奮闘していますが、きっと何度も書き直して完成に至ると思います。
私は、あなたがいま、どう考えているのかを、聞きたいなあ。

内なる声 :私?そうだな。
もう少し進んだら、自分が何をわかってないのかわかってくる。
もう少し進んでから、そういう話をもっとしないといけないと感じる。
あなたの完成に至るまでの時間が伸びるからといって、そうするのをやめることはしないでしょう?
あなたの納得のできる書籍ってのが、どんなものか見えてから、完成をイメージできないとね。


ワタクシ :そうですか…やっぱり、まだ足りないところを残しているのですよね。
自分もそう思ってたけど、とにかく始めてみないと見えないかなと思って始めたのですが。

内なる声 :そう。では、途中でそれに気づくまで書いてごらん。
「そこまでは、わかっていることとして進める」ということをしているうちに、見えるものがある。
その説明をしたいと思うから、待っておく。


ワタクシ :そうですか…。では、このまま進めていきます。

内なる声 :あなたは、「自分」のことについて、初めて考えようとしてる。
それがわかる?


ワタクシ :え?…初めて?いままでは、考えてなかったのでしょうか?
こんなに話を聞いて、準備を進めてきたのに?

内なる声 :そう。話を聞いているうちは、あなたのことを考えるよりも、「早くこの書籍の完成をイメージすること」に夢中だった。
しかしいま、その書籍を「読む」ということを意識し、「自分がもしこれを読んだとして、自分のことを理解できるのだろうか」という目線をもって、その文章をチェックしている。
だから、納得できないことがあるというところを、放っておくことができない。
わからなければ、わかるようにすると思う。
だから、あなたがわからないことが何か、わかると思っている。


ワタクシ :なるほど。わかりました。がんばりますね。

内なる声 :では、よろしく。


…というワケで…

がんばっておりますよ。
皆さまも、夏バテなど、なさいませんように。

ε=ε=┏( ;・_・)┛ふぅふぅ



posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2011年08月05日

自分の言葉をもって書く


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

毎日、ムシ暑いですね。晴れ

ソーメンに、ざるそばに、かき氷。
食べたくなるのは、そんなものばかりの私ですが、しっかり栄養をとることも考えつつ、がんばっておりますよ。

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した書籍をつくるということを進めています。


ワタクシ :毎日、原稿とにらめっこ。やっておりますよ。

内なる声 :そう。それで、どんな具合?

ワタクシ :先週、第3章まで進めてたんですけどね。
じつは、どうも気に入らなくなって、書き直してたんです。
それで、前回の対話で、あなたが言われてたことが、ちょっとわかってきたと思います。
自分にとって、文章の羅列が大切なのではなく、何が大切なことかということを、きちんと見れていないところがあるなと思って…。

内なる声 :うん。それで、何を大切にしようとしてるの?

ワタクシ :私が大切なのは、自分の納得なのです。
あなたのお話してくださったことを編集しているのは確かですが、もっと「自分が理解したことを、きちんと話していく」ような気持ちでつくっていかないといけないと思って…
いま、メルマガでお話していることもシンクロするのですが、私は自分が「作者としても、読者としても満足するものを作りたい」という気持ちを、納得させたい。
だから、遅くなっても、そのために書き直していく必要があると思います。
ブログでは、どんどん進めている様子を、ご報告したいのですけどね…。自分が納得することを目指さないと、意味のないものだから、仕方ない。

内なる声 :ふーん。それで、その「つまらない気持ち」はおさまりそう?

ワタクシ :Σ(゜∇゜|||)
メルマガでは、つまらないけど、「大切な気持ち」って説明されてたじゃないですかー((o(;△;)o))
どこまでやるのかっていう感じになるので、ある程度納得して、進まないといけないとも思いますし、難しいですね。
どうしたら、終わりが「すべてヨシ!」になるんでしょう。

内なる声 :終わり良ければよいということ?それとも、その都度良くなければダメということ?

ワタクシ :自分としては、その都度良くなって、最終的にすごく良くなって欲しいのです。何かに気づいて、次に進んで、また戻って、ということを繰り返しているけれど、要領が悪いですかね…。それがあたりまえなのかな…。

内なる声 :あたりまえというか、まず、何が気に入ってないわけ?

ワタクシ :うーん、今回、直してたのは、自分が読者の感覚をもって読み直してみたとき、「わかりにくい」と思うことがたくさん頭の中に出てくるのが、気に入らなくなってきたからなんですよね…。
もっと、自分の聞きたいところをピンポイントに聞きたいというか…
非常にややこしい感覚をもっている「自分」のことについての文章を読みながら、「自分の中にある気持ちがどう動いているのか」ということを確認していると、「こんな気持ちの動きが気に入らない」と感じるところが出てくるのです。

内なる声 :ふーん、面白いね。

ワタクシ :はい。確かに面白いですが…
ずっと作業してると、文章を並べて編集しようとすることに夢中になって、後で読んで気に入らないと思ったり、違う方向に行きそうになったりして、わからなくなったりもするのです。
で、やっぱり、自分の納得というところに一旦戻って、そこから進むしかないんですよね。

内なる声 :うん。それで、どうしたいの?

ワタクシ :どうしたいと言われても…
がんばってます。
(´・ω・`)

内なる声 :がんばってるのはいいけど、疲れているから調子が出ないこともあるのでは?

ワタクシ :そうですね。一休みしながら、要領よく進めたいですね。
何か、いまの私にアドバイスいただけませんか?

内なる声 :アドバイスか。
あなたは、納得したいのであれば、あなたに思いつく考え以外の文章を、捨てるつもりでやりなさい。
あなたが、思いつく文とは、あなたがその文を理解して、把握して、「これを使いたい」という文であるということ。あなたの考えの中で、よくわかっていない文を並べようとするからわからなくなる。


ワタクシ :あなたの文章は、どれもいい言葉が並んでいるので、全部使いたくなって、悩んでしまうのです。

内なる声 :編集が大事なのではなく、納得が大事なら、そんな文はまず捨て、あなたが言いたいことに従って抜粋した文をもってくる。それ以外の文章は捨てなさい。
あなたがしているのは、文の並べ替えではなく、あなたの納得いく文を、教えに沿ってつくることではない?
その文の足りないところは、欲しいと言いなさい。何を書きたいのか、あなたがそこを見つめていないとおかしくなるのであって、「どこがおかしいのか」と悩んで、並べ替え直す必要はない。
そういうところが、気に入らないのでは?


ワタクシ :そうです。そのとおりです。そのバランスが難しいです。
「あなたが話してないことを勝手に判断して書きたくない」という気持ちが大きいので、その文を削ったり、加えたりすることに、慎重になってしまう。
だけど、そうしないと、ダメですね…。あなたの文を並べるのではなく、きちんと、自分の書きたい言葉として、書くつもりにならないとできない。それが、よくわかってきました。

内なる声 :そう、あなたが自分の言葉をもって書く。
あなたの言葉というのは、「自分に届く言葉」という意味。私が話している中、あなたの心に届いていない文は省けばいい。その大事なところが出来てないから、わからなくなるのだよ。


ワタクシ :はい…。足りないところを聞くことも考えないといけないし、なかなか難しいですね。

内なる声 :うん。難しいけど、できる。
だから、早くコツをつかんで進めて欲しい。


ワタクシ :わかりました。
今回、それがはっきりわかってきて、よかったです。
次回はもっと進んだと言いたいです。

内なる声 :じゃあ、がんばって。


…というワケで…

がんばって、コツをつかんでいきたいと思います。


ε=ε=┏( ;・_・)┛ファイトファイト

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2011年08月12日

あなたらしく、向かいなさい。


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

毎週、ブログに書籍づくりの進捗状況の対話を更新しておりますが、スムーズにはいかない進捗と、それでもブログ更新せねばならぬプレッシャーに、勝手に悩み続けております。

いつになったら完成するのやら…
いまだ序盤あたりで難航している私ですが、

…まぁ…そんなものです!手(グー)ぴかぴか(新しい)

とこのように、勝手に開き直りつつ、長々と更新していきますので、ヨロシクです。

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した書籍をつくるということを進めています。


ワタクシ :う〜〜〜〜がんばってますが、疲れますねー(o_ _)o

内なる声 :うん。どんな感じ?

ワタクシ :前回の対話でアドバイスいただいたように、「自分が理解したことを、自分の言葉で書こうとする」ということを実践して、疑問に思うことをその都度あなたに聞きながら書いていくようにしています。
ハイヤーセルフのことを説明する文章をまとめている中で、もっと詳しく理解できる文章が書きたいという気持ちがでてきて質問をするうちに、驚くような説明を聞くことができたりして…
そんな感じでドキドキしつつ、内容が濃くなってきたのをよろこんでますが、もっともっと聞いてみたいことも増えてきました。
自分が「このように書きたいな」ということをしっかりとらえるほど、この書籍の内容がよくなっていくんだなーと感じています。

内なる声 :そう、それで、このあとどうするの?

ワタクシ :そうですね…この調子で自分が納得できるところに突き進んでいきたいですが、もっと早く進めばいいのにな…
お盆休みには、メルマガもお休みをいただくつもりなので、もっとあなたに足りない部分の話を聞いていきたいのですが、どんな文章が足りないのかを考えてある程度文章を書き進めていかないと、何を聞けばいいのかもはっきりしてこないし、その兼ね合いが難しいですね。

内なる声 :わかった。じゃあ、これまで書いた文章の中、あなたが「自分のことを理解できてない」と思うところを、私が指摘して話をしてあげる。
そうすることで、きっと足りないところが残り少なくなるよ。


ワタクシ :えー、ほんとですか!
あーでも、また原稿が増えるのかー…うーん…でも、残り少なくなる方がいいに決まってますよね。

内なる声 :自分が何を足りないとしてるのかわかるようになれば、あなたが「どこまで進めば納得いく文が書けるようになるのか」と、悩む必要がなくなるのでは?

ワタクシ :そうですね。お話を聞きたいと思います。

内なる声 :じゃあ、そうするので時間をとること。
それから、あなたは、疑問に思うところもまとめて聞くように準備すること。
そうすることで、納得に近づけそう?


ワタクシ :うーん、わからないですが、「何が足りないのか」といちいち考えて悩んでいる状態なので、頭の中を整理できればいいなと思っています。

内なる声 :それで、あなたは、自分にとってその書籍がどのようなものになるかということが、見えてきたの?

ワタクシ :そうですね…進捗は遅いのですが、いろいろ感じていることは、大きいです。作成しながら、「自分」についてのことを、改めて理解していっているような気持ちになっていて、驚いています。
あなたに話していただいた内客は、「すごく衝撃的な事実である」とも言えるし、「やはり、もともとよくわかってたはずのこと」と思えるものでもありました。
いま、メルマガの方でも、とてもためになるお話をしていただいてますよね。
そちらの方も、「すごくハッと気づかせられるもの」でありながら、「もともと自分の中に理解があったはずのもの」と言えるお話だと思うのですが、このように、自分が言葉にできない気持ちを、きちんと文章にできるということが、すごいことだなと感じるのです。
だから、この書籍は、そういう価値のある書籍じゃないかなと思っています。
いま改めて、そのように「自分について理解できる文章」を提供できるということが、すごくうれしいことだと感じています。

内なる声 :うん。だから、自分という者がこれからどうするのかというところに、繋がる書籍になるのだね?

ワタクシ :そうですね。改めて理解した上で、これからどうしようとするのかというところが、大切ですね。

内なる声 :あなたが理解を深め、あなたの理解を綴る書籍になるのだね?

ワタクシ :はい…そうですね。
自分が理解を得られるなら、それが納得できるものと思えると思います。

内なる声 :では、そうして理解を深め、あなたの納得に向かうこと。
あなたらしく、その完成に向かいなさい。


ワタクシ :私らしくですか…わかりました。
お盆休みのお話の件、お願いします。

内なる声 :うん。では。


…というワケで…

次回のメルマガは、お休みをいただきます。

個人サポートは、続行しております。

それではみなさま、よいお盆休みを、お過ごしくださいませ。


ε=ε=┏( ;・_・)┛ワタシラシクススメ!

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2011年08月19日

「わかる」ということ


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

お盆休みは、いかがお過ごしでしたか?

私は、あいかわらず、お仕事&書籍づくりのための対話でしたが、有意義に過ごしておりましたよ。

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した書籍をつくるということを進めています。


ワタクシ :お盆に、たくさんお話をしましたね。
お話しているうちに、疑問に思うところがたくさんでてきたし、また収集がつかなくなるかなと思ったのですが、最終的にはなんとなく、「足りない足りない」と思っていた気持ちが少なくなったようにも思えました。
まあ…考えていても仕方ないし、とにかくこのまま進めます。

内なる声 :うん。私は、あなたの考えを見て、あなたに必要になることを教えてきたけれど、よくそこまで理解できてきたなと思う。
あなたの考えは、変わってきているよ。


ワタクシ :えっ 煤i・ω・ノ)ノ
そ…そうですか…。
いやー…そんなことを言っていただけるとは…
じゃあ、この書籍を読む人も、変化を期待できるものになりますかね…。
そうか…。早く完成に向かわないと。まだ、これからですものね。

内なる声 :うん。でも、もう書くということをすればいいのだから、あとは作業の問題では?

ワタクシ :はー…('o';)?
そうですか…ね。早く目処が立てれるといいですけどね。

内なる声 :では、あなたが、よくわかってきたところに何が起こっていくのか、それを楽しみにしてごらん。

ワタクシ :えー…?(゚Д゚;)
そんなに理解が進んでいるのでしょうか?
どぉーしたんですか、急に???
私はずっとお話を聞いて、同じような作業をしてきているので、そんな自覚がないのですが…何がそんなに変わりました?

内なる声 :あなたの理解は、ポンと変わっているのではなく、徐々に徐々に変わっているのだよ。
それを見ていた私は、もう、わかってくると思っている。
その理解すべきことにおいて、あなたが求めている理解を得ていると思う。もちろん、これがすべてではないけれど、あなたにとって必要になる基礎はできるということ。
だから、これから、あなたが何を理解したのかわかっていく。
つまり、書籍の完成に向かうということ。
それが、あなたの目的だったのでは?


ワタクシ :はい…(゚_゚;)
でも、これまでなかなか進まず、難しかったのですが…。
あなたに、足りないところを聞いていくことで、完成に向かう状態に導かれたということですか…?

内なる声 :そう。早く完成のことを考え、進めてほしい。
もう、できると思う。


ワタクシ :そ、そ…そうですか…。(@_@;)
ま、まあ、確かに以前より、筆は進むようになっていると思います。
何が書きたいのか、自分がわかってきたからかもしれませんよね…。
自分の理解って、自分ではっきりわからないものなんですかね。

内なる声 :そうだよ。あなたの理解が進んでいるとき、それはわからない。
だけど、あなたの理解が進まないとき、それがわかる。
そうではない?


ワタクシ :理解が進んでないときは、自分でわかりやすいですよね。でも、「進んでいるとき、わからない」というのは、なぜなんでしょう。

内なる声 :わからないのは、あなたが自分と向き合って進んでいるから。
自分の理解すべきところが、わかっているから。
そういう理解についての、困るところがないから。
そうだとして、あなたが立ち止まる理由がないから。
その考えを、「わからない」ということに費やす理由もない。
だから、「わからない」ということは自覚しやすく、「わかる」ということは自覚しにくい。


ワタクシ :はーなるほど…。( ̄□ ̄;)
自分の考えって、そんなふうにできているのですね…。
ヨシ…じゃあ、がんばろう…。といっても、まだまだ時間が必要なのですが、このブログの対話では、これから何を話していけばいいでしょう?延々と、読者にとってわかりにくい進捗についてお話していくのもどうかなーという気持ちがあるのですが…

内なる声 :別に何でもいいのでは?制作を急ぎながら、話をしていこう。

ワタクシ :わかりました。
では、これから、がんばってもっと進んでいきます。

内なる声 :うん。では。


…というワケで…

ここにきて・・・はじめて・・・


理解できてきたと言われた〜〜〜〜〜っっ!!
。゚(((p(T▽T)q))) チョットキイター? ゜。


・・・失礼。

あまりにこれまでになかった展開だったので、超スパルタ鬼コーチに、はじめて褒めてもらったかのようなうれしさでしたわ。

C=( ̄− ̄*)フゥ〜〜〜ッ


ヨシ。がんばるゾと、すっかりごきげん。

ではみなさま、また来週!


ε=ε=┏( ;´∇`)┛デヘヘヘヘヘヘ


posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2011年08月26日

楽しみの広がる地点


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

集中して、何かを進める作業をしている時というのは、とても気持ちのいいものです。

だけど、「集中して、何かを進める」という気持ちよさを味わうためには、そうすることができるようになるまでの苦悩も必要。やる気も必要。持続力も必要。
「とにかく、始める」という決意も必要なのかもしれません。

「気持ちのよさ」を味わうまでの間に、ときには「気持ちの悪さ」も味わう必要があるのだから、難しいし、ややこしいじゃないか。

しかし、こういった気持ちの流れを「経験」として身体で覚えることにより、「気持ちのよさ」への移行が、だんだんスムーズになるのかな、なんてことを、最近思ってます。

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した書籍をつくるということを進めています。


ワタクシ :前回の対話で、あなたが「よく理解できてきた」と言ってくださったのですが、自分でも「本当かなァ」と思いつつ、作業を進めてたのです。
そしたら、作業を進める時に、「悩む」ということをしなくなっている自分に気づきました。
「悩む」のではなく、「どうするのか、考える」ということができるようになっています。
だからたしかに、自分は理解できてきているのだなぁと、感じることができました。
でも、理解できてきたからといって、「もう質問する必要がなくなった」ということではなく、「何が必要なのかということが、よくわかっているという状態になっている」ということなのだと思います。
それでその後、ちょっと自分でもびっくりする変化があって…

内なる声 :そう、どんなこと?

ワタクシ :うーん…一時的なことなのかなとも思うのですが、なんだか「私はもう理解できたので、面白くないな」というような気持ちがでてきたりしたのです。
まだ、完成のメドもたっていないのに、こんなのおかしいですよね。
これは、どういうことでしょう…?

内なる声 :あなたは、その書籍を完成させることが面白くなくなってきたの?

ワタクシ :そうではないと思うのですが…集中している時は、面白いと思ってやってるのだけど、机に向かう時なんかに、「後は、理解できたことを表現するのみだ」と思うと、何だか満たされる気持ちが少なくなってきたような…
「なんのために完成するのかな?」なんてことを考えたりしている時もあったりして、なぜなのか、わからないのですが…

内なる声 :あなたが理解できたことを、そのまま表現するのみになっているのだから、あたりまえでは?
その完成の先にあるものが、見えるということをしないと、それを終えようとする楽しみもないのでは?


ワタクシ :はあ…。でも、そんな…。(´・ω・`)
前回あなたは、「よくわかってきたところに何が起こっていくのか、それを楽しみにしてごらん。」とおっしゃったじゃないですか。
理解できたのなら、きっとものすごく楽しくなるんだと思ってたのですが、なんだか愕然としている自分がいるなんて…いったいどうしたのかなと思って。
あなたはよく、楽しみはゴールにあるのではなく、その過程にあるということを言われるじゃないですか。せっかくゴールに向かえる自信がついてきたのに、どうしてなのでしょう?

内なる声 :先にあるものを見るというのは、あなたが何を得んとするため、先に向かうとしていくのかを知るということ。
あなたは、そのゴールに向かって歩いていたけれど、「ゴールに着いたあと、何もない」と思うから、過程が楽しめない。
これまで、「ゴールに向かえるかどうかわからない」と思っていたから、その理解が進んでいくことのみを目標にしていた。
しかし、あなたの理解が進んで、「ゴールはできる」と思ったとき、ゴールの先に何もないことに愕然としているのだよ。
面白いでしょ。


ワタクシ :えー!面白くないですヨ!o(≧Д≦;)o
私は、こんなふうに、愕然とする予定ではなかったし・・・
きっと、これからまた楽しくなったり、「なぁんだ、理解できてると思ってたけど、まだまだじゃないか」と、またもや悩みはじめたりするんじゃないかな。
だから、これは、一時的なものだと思います。

内なる声 :何言ってるの?
あなたはいままで、そんなレベルになかっただけ。
ゴールが見えると思っているのなら、ここからがあなたの楽しみの広がる地点ではないの。
そんなふうに驚くのは、いままで理解できてなかったから。
だから、その先を見る楽しみができたと思えばどう?


ワタクシ :ん・・・?(◎_◎;)
楽しみの広がる地点・・・?
じゃあ、単にその先の目標を考えられる段階になったということ・・・?

そ・・・そうなのか・・・(  ̄口 ̄;)
それにしてもまだ、ゴールも見えてないに、どうしてだ???
ゴールの後、何を始めるのかを考える余裕ができているのかな?
まだそんなのわからないのに・・・
ゴールの先にあるものを目指しつつ、ゴールを迎える必要を感じているのかな?
それにしても、まだまだ完成には遠いのに・・・困ったな。
完成の後のことなんてのは、精魂こめてその作品を仕上げた後に考えることだと思ってたのです。

内なる声 :そんなこと、あるわけないよ。
だってあなたは、終わりない道を歩いているのだから、ある時期を迎えれば、次の時期を目指すのはあたりまえ。
そこに留まることなどできないという意味が、わかるのでは?
あなたにとって、ある時期を迎えるということが、どんなことを起こすかわかる。
「理解したということが、わかる」ということは、そんなふうに、更なる理解を求めずにはいられなくなるということ。
あなたは、面白い経験をしているのでは?


ワタクシ :う、うーん…。(・へ・;)
だけどとにかく、いまの作品の目処を立てないと…
いまそんなことを考えているのもどうかと思うのですが…

内なる声 :あなたは、その作品をつくりながら、新しい考えを生んでいくことを目指していかないと、その作品における仕上がりに影響する。
あなたの「理解を進める」ということは、常に、あなたの更なる理解を求めることによって進むのだから。
あなたが、ゴ−ルしてからのことを、ゴールしてから見ようとしていては、わからないまま進むことになる。
そういうことを考え、いま、何が必要かを見ていくのが、その道の楽しい進み方では?


ワタクシ :なるほど・・・( ̄~ ̄;)
では、そのように、進んでいくことを考えていこうと思います。
それにしても、びっくりした…急に自分は、どうしたのかと思ったのです。
そんなふうに考えることがなかった。精一杯だったのだと思います。
だから、初めてのことで、驚いたのかもしれません。

内なる声 :そんなこと、あたりまえ。
自分の理解を今後も進めたいなら、あたりまえとし、予想もできるようになるのでは?


ワタクシ :はい・・・ん?そうだ、確か・・・
あなたは、以前にもそんなことを言ってたような・・・
(…と、過去ログを読み返す)

うーむ。( ̄‥ ̄;)
2ヶ月前の対話のときから、次のことを考えるように言われてますね・・・
しかも、3ヶ月前の対話から、あなたはさらにその先のことを見ているのだというようなことを言われてますね・・・
あなたにしてみれば、こうなることは、もうわかっていたことなのですね…
私はこの頃、まだちっともわかってなかったな…(´・ω・`)

内なる声 :そう。あなたは、そこに留まるたび、あなたのよろこびを失うのだから、留まることなど考える必要をもってない。
あなたが、進んでいくための、先にある楽しみをもちなさい。
それは、「ゴールを目指しているのではない」ということ。
わかる?


ワタクシ :はい…すべては通過点なのですね。
よくわかります。

内なる声 :うん、ではよく考え、もっと進めるようにして欲しい。
よろしく。



…というワケで…

なんだかびっくりしてましたが、やっとこさ、いろいろ考えていける段階になっているのだということで、何よりですがな。

がんばりますですよ。


ε=ε=┏( ; ̄▽ ̄)┛ファイトファイト


posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2011年09月02日

疑わない心


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私は最近、朝起きた時に、前日までの作業の内容が走馬灯のように思い出され、「今日はあの部分を進めるゾ」という気持ちと共に起き上がる、という経験をしています。晴れ

夜眠る時は、「もっと作業を続けたいけど、仕方ないから明日にするか」と、次の日にしたい作業のことを考えて寝てるので、きっと朝にその記憶が一気によみがえるのだと思います。

なかなか充実した感覚です。

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した書籍をつくるということを進めています。


内なる声 :それで、どんな感じ?

ワタクシ :いやー…あいかわらず、難しいですよ。
うまく頭の中を整理しながら進められる方法を探っています。
作業をしていると、毎日飛ぶように時間が過ぎています。
自分のやりたいことがわかってくるほど、そのイメージを現実にする作業への苦労もついてくるのですね…。
以前と違うところは、「うまくできない」というところで、立ち止まっていることがなくなったことです。うまくできないことを、うまくしたいと考え、工夫してやってみるということを繰り返しています。

内なる声 :そう。それで、あなたの考えは良くなっているのだとすれば、自分の変化に気づいたことによって、自信をつけているということなのでは?

ワタクシ :自信…?( ̄^ ̄)
うーん、でも別に何が変わったということもないんですよ。
理解が進んでいるということは、「苦労しなくていい」ということではないですね。
何もスイスイできるようになったわけではなく、あいかわらず、難航したり、行き詰まったりしながら、進むのも遅いしなァ。
ただ、不安はなくなったと思います。
だけど、「自信」なんてないんじゃないかな…?

内なる声 :そんなふうに自分の考えが述べれるようになっているのだから、変わっているのでは?

ワタクシ :え?(´・ω・`)
そうですか?前はどんなんでしたっけ…?

内なる声 :そうだな…
「うーん、どうしよう」
「他にいい方法があるのかなあ」
「大丈夫かなあ」
「これでいいのかなあ」
って感じかな。


ワタクシ :そうか…。( ; ¬ ー ¬ )
なるほど。そういうのはなくなりました。
以前は、そういう考えをもっていたってことを忘れてますね…。

内なる声 :じゃあ、それがあなたの「自信」だとして、あなたが得ているものが、何を生んでいるのかわかる?

ワタクシ :何を生んでいるか…?
自分が何を生んでいるか、ですか…。
うーん、わからない。どういうことですか?

内なる声 :あなたが、その完成を認識し、自分の行動を選んでいるのだよ。
つまり、あなたが、その完成のための案を生んでいる。
あなたにとって、その完成に近づくための案がいま、あなたの頭の中に生み出されている。
あなたの考えることは、すべて「その完成が良くなるためにおこなう案を生むにはどうすればいいか」ということになっている。
だから、あなたがいましようとしていることは、面白いと感じる。
あなたの考えが、どういう気持ちにおいて動いているかによって、あなたの心の満足は変わっている。
それを、自分のイメージに向かわせる力という意味において、「疑わない心」という。
つまり、「自信」と呼ぶのでは?


ワタクシ :はー…。( ̄□ ̄:)
自分がそこに向かうことを疑ってないから、そう呼ぶのか…。
私の場合、「自信」をつけるためには、理解が進むということだけでよかったですね。
あなたは、最初からそう言ってましたが…
私は、もっと完成に近づくまで、自信なんてもてないと思ってました。
最後まで、「どうなるかわからない」という気持ちが続くように思えてました。
まぁ、モチロンまだわからないですけども…

内なる声 :そういう気持ちの揺れを感じないためにすることとは、「あなたが何をしようとしているのかということが、あなたの心に明確になること」のみを目指せばよい。
つまり、「自分が何をしようとしているか」ということさえ見えていれば、その手段はあなたが生み出せる力をもっていることに気づく。
なぜなら、そもそも、、あなたがそのしたいことを形にすることを選んでイメージしていることならば、その手段を生み出す力をもっているからこそ、そこに向かおうとしていたことだから。


ワタクシ :形にすることをイメージできるのなら、それを生み出す力は最初からあるものなのでしょうか…?

内なる声 :「イメージする」ということは、あなたがこれまで培ってきた力のもとに成り立つ映像に等しいのであるから、「そのイメージが明確にできる」ということは、「あなたの力が及ぶ」ということ。
あなたが「それをイメージできない」ということは、「あなたの力の及ばないことを考えている」ということ。
そういう自分の考えを形にするに相応しいところに向かっているのかどうかを、きちんと判断しないとね。


ワタクシ :なるほど。難しいですね…。φ( ̄_ ̄ヾ)

…関係あるかどうかわからないのですが、書籍の制作に加え、最近のメルマガの内容がすごく難しく、完成させるのに、ものすご〜く時間がかかっているんですよ。
これから、もっと難しくなるのかなァ。…あなたは、どう思ってますか?

内なる声 :どうかな。
あなたの成長と共に進んでいく。
あなたは、もっと前に進んで行こうということだけ考えていればいい。
「どうしよう」とか、「大丈夫かなあ」というのは、無駄だと思わない?


ワタクシ :そうですね…。
いろいろなことに「自信」をつけていきたいと思います。

内なる声 :では、また。


…というワケで…

…とにもかくにも、進んでいくしかないっスね。

進んだ先には、何があるかな?


ε=ε=┏(;  ̄ー ̄)┛ミニイッテヤル


posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2011年09月09日

状態にふさわしく


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

涼しくてよいですね。

目標に向かってコツコツと進んでいくのに必要なのは、持久力です。

当面のゴールまでの距離が、まだ離れている場所において、どんなことを心がけていくのがいいのでしょうね。

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した書籍をつくるということを進めています。


内なる声 :どうしたの?

(※注 「内なる声」は、その時の私の状態や心境をすでに理解しているので、対話を始める時、いつもこのようにいきなりたずねられます。)

ワタクシ :え?いえ…がんばってるんですけどね。
どうも単調になってしまって…

内なる声 :何が?

ワタクシ :あ、書籍づくりの話です。毎日毎日、夢中でおこなっている状態なのですが、たとえて言うなら長距離マラソンの中継しなきゃいけないみたいな感じになってますね。
ほら、短距離だと、結果もすぐ見れて、見ている人も楽しめるけど、長距離なので同じような映像が続くというか…早くゴールに近づいて、変化を見たくなりますね。
だから、ペースを早めていきたいのですが、一生懸命、自分を調整しながら進もうとする中、浮き沈みもありますし…

内なる声 :浮き沈みの話?

ワタクシ :あ、いえ、「浮き沈み」の話ではなく、「自分の調整」の話です。
長い距離を進んで、当面のゴールに近づいていくのを楽しみにしている自分がいる。そうすると、「どんどんゴールまでの距離を短くしている」という実感が伴うほどうれしいのですが、最近、えんやこらと進んでいるうちに、持久力が落ちてきて、能率が悪くなっているのを感じています。
やる気はあるので、かまわず続けようとしているのだけど、少し自分を立て直し、能率を上げたい時には、どうすればいいのかなと思って…

内なる声 :能率を上げたいの?

ワタクシ :そうです。おかげさまで「進み方」について悩むことはなくなってるのですが、ペースが上がらないんですよね…。能率を上げるためには、気分転換したり、休憩したり、違うことしたりするのがいいかと思うのですが、「マラソン中にどこかに行ってラーメン食べてくる」ようなことをしても仕方ないしなと思って…

内なる声 :ラーメンって、食べるとどうなるの?

ワタクシ :え?そりゃ、マラソン中にラーメン食べたら、胃がですね…(´・ω・`)
いやあの…走りにくくなるってことを言いたかったんですけどね。

内なる声 :じゃ、水ならいいの?

ワタクシ :そんな感じですよね。水飲んで、がんばる。マラソン自体は、続けなきゃ。進めないのなら、違うことをしても、楽しめないしな…

内なる声 :そう。じゃあ、あなたの体力と、持久力をアップさせることをしながら、進めればいいの?

ワタクシ :それがいいですとも。そんなことできます?

内なる声 :うーん、まあ、どうせやるなら、体力を温存しながら、適当に進むことだね。

ワタクシ :「体力を温存しながら、適当に」…?(´・ω・`)
…いまは、「体力を消耗しながら、一生懸命」。
…「一生懸命」を、「適当」に変えるのですか?

内なる声 :「適当」に変えるんじゃなくて、適当に進むんだよ。一生懸命してても、進めないなら、適当に進んでみてはどうってこと。

ワタクシ :「適当」…「適当」…(と辞書検索してみる)
ある条件・目的・要求などに、うまくあてはまること。かなっていること。ふさわしいこと。また、そのさま。大ざっぱで徹底することなく、中途半端なさま。

うーん…( ̄‥ ̄;)
「目的にうまくあてはまる」ってのはいいけど、「大ざっぱで中途半端なさま」ってのは嫌だ…

内なる声 :適当ってのは、大ざっぱで中途半端で、いい加減なときに、ふさわしい方法だよ。何でその状態に即したことをしないの?

ワタクシ :ひー(゚∇゚|||)
いまの私の理解ってまだ、「大ざっぱで中途半端で、いい加減な状態」???

内なる声 :いまのあなたがそうなのではなく、何をする時の態度かという話。いま、原文が大ざっぱなものに留っているのを、大ざっぱでなくすため、整えているのでしょ。第1章から順番に。

ワタクシ :はい。(゚Д゚;)
あなたがお話された原文を元にして、第1章から順番に、書籍となるものを一生懸命つくっております…

内なる声 :「整える作業」を、しているの?話をよく聞いてごらん。あなたのしていることを、「整える作業」にしている?

ワタクシ :「整える作業」…?( ̄○ ̄;)
いや…、「整える作業」でなくて、「自分の気に入ったものをつくる作業」です。
「整える作業」というのは、全体の構成のことかと思いますが、それはもうこれまでずいぶん時間をかけて考えてきているので、その構成を元に「文章を良いものにしていくための作業」をしているペースを上げたいのですが…

内なる声 :「文章を良いものにしていく作業」ってのは、あなたにとって、自分の頭にあることをうち出していく作業なの?

ワタクシ :え?はい。自分が書きたいとしていることを、うち出していく作業です。原文がすでにあって、それを理解した上で、わかりやすく表現していく作業。

内なる声 :いまやってるのは「表現していく作業」?なら、あなたがすべきは、「あなたの表現を考えていく」ことであって、「大ざっぱなものを整える」ことでもないのに、どうしていますべきことに反する態度をとる?
いま必要なのは「自分の理解を深めること」ではないし、「自分の考えを述べること」でもない。
なのに、どうして一生懸命、あなたの勉強をしているようにおこなうの?
あなたがしたいことは、その表現なのだから、とにかく適当に楽しんでみないと、進まないじゃない。


ワタクシ :適当に…「楽しむ」( ̄- ̄;)・・・
だけど、「大ざっぱな状態」を、「わかりやすく整えていく」こともしないといけないんですが…

内なる声 :あなたがやるのは、「大ざっぱのままにする」ことじゃなくて、「自分の中で整えたものをうち出す」こと。構成が頭にあるのなら、その構成に不安があるのでなく、うち出す力に問題があるのでしょ。
自分の表現が良いものになるのを望んでいるのでしょ。なら、どうして「一生懸命すれば、その妨げになる」と思わないの?


ワタクシ :あっ(・□・;) 「一生懸命」が楽しむための「妨げ」になるということか!

内なる声 :自分のしていることを、よく理解して欲しい。
自分がおこなう作業とは、どんなものであるか。
一生懸命やるべきことか、適当に楽しむのが必要なことか。それが状態にふさわしくないから、歩みが止まるのであって、「一生懸命やっても進まないから仕方ない」のではないよ。
あなたはこれまで、一生懸命話を聞いてきて、構成を考え、思考を整え、理解できたことを、自分の中に取り込んで、いま、うち出すという作業をしてるんでしょ?
ならここから先ってのは、「生みの苦しみ」ってこと。
あなたの表現を生んでいく苦しみである時には、「一生懸命」はふさわしくない。
「適当・インスピレーション・よろこび・ペース配分・良好・明るさ・信じる力」そういうのが、ふさわしいもの。
ちゃんと、そういうのを理解してないとね。


ワタクシ :そうですね。本当そうです。「自分の調整」ってのは、まさにそうですね…

・原文が「大ざっぱ」
・頭の中にある構成は「整っている」
   ↓
それを打ち出すのだから…
×「一生懸命」
○「適当・インスピレーション・よろこび・ペース配分・良好・明るさ・信じる力」

頭の中に整っているものを「表現をする作業」をしようとしてるのに、頭の中に整っているものを、「紙面上に再び整える作業」をしそうになるんですよね…。

内なる声 :音楽や、絵や、文章といったことの作業をする時には、いかに自分のインスピレーションを感じていくかということに専念すべきであって、「作業」に専念すべきではない。
ただ、やってることは「作業」であるのだから、調整は難しい。あなたがすべきは、「適当に、楽しく」ということ。
わかる?


ワタクシ :はい…。ちょっとその辺がわからなくなってたようです。聞いてよかったです。

内なる声 :うん。では。


…というワケで…

…調整ってのは、難しいものですね。

状態にふさわしい態度かぁ・・・( ̄◇ ̄*)ポケー・・・


・・・おっと


ε=ε=┏( * ̄ω ̄)┛トマッテマシタネ


posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2011年09月16日

「無常」なものについていく


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

涼しくなったと思ったら、ムシ暑くなってくる。
何度も季節を迎えてるのに、温度差には慣れませぬ。

すべては無常であるというのに、変化していくものに順応していく心がまえをもつということは、なんとも難しいものですね。

というワケで、「内なる声」との対話の更新です。


※私は現在、「自分」のことや、ハイヤーセルフのことについて、わかりやすく表現した書籍をつくるということを進めています。


内なる声 :すべては無常というのにか…
あなたもなかなか、わかってきているみたい。


ワタクシ :煤i・ω・;ノ)ノなんスかいきなり。
たったいま書いてみた冒頭文へのコメント??

内なる声 :無常といえば、あなたの心も無常にならねばならぬ。
ねえ、そうでしょ?


ワタクシ :煤i・ω・;ノ)ノなんスかいきなり。
前回の対話で、インスピレーションを感じることに専念することが大切ということを理解できてから、自分の調整を心がけております。
ああ、でも、難しい。時間のかかる作業だなぁ…

内なる声 :時間のかからない作業なんて、面白くないじゃない。

ワタクシ :え?う〜ん、まあそうですけど…最近、いったい何に向かって時間がかかってるのか、わからなくなることが多くて…スランプ気味です。
メルマガもそうなんですが、ず〜っと編集作業しながら、「いいのができた!」と思うまで、ひたすらやってるだけなんですよね…何が気に入らなくて、書いたり消したりしてるのか、わからないのでやっかいだなぁ…

内なる声 :うん。自分が「気に入らない」のは、理由をもってる。それは、自分のよろこびを入れていく作業を必要にしているということ。何をもってその作業を向上させ、「よいもの」にするのか、わかってないとね。

ワタクシ :自分が「何を気に入るのか」ってのは、「気に入る」のができ上がってからでないとわからないですよね。どうやって「よいもの」にするのか、わかることができるのでしょう?

内なる声 :「気に入ってない」ということがわかってるんだから、「気に入る」のが何か、わからないのではなく、自分がそこに向かってないだけ。
あなたが言ったんでしょ。
自分が変化に順応しないと、「無常」なものには、ついていけない。


ワタクシ :うーん、「無常」なものについていくのではなく、「無常でなくなって欲しい」と思ってるところがあります。「無常」なものを追いかけて、自分をそこに向かわせるのって、大変なんですもの。ちょっと、止まってくれてもいいのになぁ、って…

内なる声 :「無常」ってのは、追いかけて欲しいと思ってるんじゃなく、あなたについてきて欲しいんだよ。だって、そこによろこびがあるんだから。

ワタクシ :おお…? +( ̄▽ ̄;)+
詩的でしたね、いまのは…

内なる声 :あなたはもっと、自分をよろこびに向かわせようとする心がまえが必要。
重い腰を上げて、必死で追いかけるようでは、いけない。
蝶を追うように、楽しんでいけば、新しい景色は見えてくる。


ワタクシ :おお…! ( ̄○ ̄;)
詩的だ。素敵だ…!

内なる声 :あのね、「自分の考えの中に答えはない」と、普段から言ってるでしょ。
流れにのって、楽しみを追わないと、何も進まない。
インスピレーションってのは、あなたの頭の中にあるものではない。あなたは、「無常」なものに、ついていく作業をしているのだよ。


ワタクシ :わかってますよ…難しいんですよ…(/o\)
ず〜っとやってるうちに、蝶がどっか行っちゃうんです…
休憩したり、音楽聴いたり、いい感じになろうとして、工夫してますけど…。

内なる声 :そう。あなたが何を求めてるのか、見失ってる時に、休憩するの?

ワタクシ :見失ってる時、どうすればいいのでしょう?

内なる声 :そりゃあ、蝶を探さないと。

ワタクシ :どこに行ったのか、探すんですか?
なかなか見つからないから、苦しいんですけど…

内なる声 :探し方が悪い。あなたのペットがいなくなったように探すのではなく、「楽しみ」が、かくれんぼしているように、探しなさい。

ワタクシ :どおおぉ〜〜〜ん Σw(*゚□゚*)w
詩的だ!!とどろきました!
そして、わかりやすいアドバイス!!

内なる声 :何言ってるの?

ワタクシ :す…スミマセン。(;´・ω・`)
ちょっと、疲れていたところに、感動しました。
インスピレーションってのを得るコツがわからないと思ってたところに、そんな話し方をしてくださるとは…ははぁ、なるほど…

内なる声 :疲れてるんなら、休みなさい。早く、元気にがんばって欲しい。

ワタクシ :そうですね…。ちょうど3連休が重なるので、またあなたにいろいろお話を聞こうと思ってるのですが、いいですか?

内なる声 :いい。では。


…というワケで…

…「楽しみ」が、かくれんぼだって。(* ̄ω ̄)キイタ?

ちょっとスランプ気味の私でしたが、「内なる声」と対話しているうちに、楽しくなってました。
スランプな私に聞こえる、スランプなしの詩的な言葉。びっくりですわ。
日々のアドバイスに感謝です。

来週のメルマガは、お休みをいただきます。
個人サポート・システムは、続行しております。


〜〜〜〜(/ ̄▽)/マテコラ〜〜〜〜“∞”


posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

    にほんブログ村 漫画ブログへクリック投票してね。

    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    仕事のこと・人間関係のことについてお悩みのあなたには、
   スピリチュアルカウンセリング・メッセージ』がおすすめ。
   人生を変える対話は、どなたにも無料でお試しいただけます。





過去ログを見る
2018年06月(2)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(3)
2018年02月(2)
2018年01月(2)
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(3)
2010年01月(5)
2009年12月(2)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)
2009年05月(4)
2009年04月(1)
2009年02月(1)
2009年01月(4)