「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システムをご利用ください。


   \無料モニターで、お試しプチ相談を体験してみました/
     ご相談メールのやりとりの内容を、包み隠さず公開中!

2016年02月26日

どんな結果もまだ「経過」


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ :「いい気分」に関する書籍をつくるにあたって、お話を聞いた原稿がそろってきましたので、編集に入っています。
いや〜今回もまとめるのに苦労しそうです。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :そう?すぐにできるんじゃない?

ワタシ :いえいえすぐというわけには・・・でも、著書『セルフより愛を込めて』に比べて今回は、ページ数も少な目の作品を作成予定です。

それにしても、なんというかこの書籍は、頭が整理できていいですよね。悩み事を前にして全体を俯瞰したり、正しく「いい気分」を目指そうとする心がまえをつくったりすることができそうです。
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :うん。そうだね。

ワタシ :そういえば、あなたはこの書籍の中で、こう言ってますよね。
「いい気分」というのは、前に進むことによって感じることができるのだと。
そういうことを、きちんとここで書きまとめることができるのはうれしいですね。
φ( ´ ▽ ` )

内なる声 :そう。あなたは、前に進んでいるの?

ワタシ :私ですか 煤i・ω・ノ)ノ

そうですね・・・まだあまり進んでません(笑)

内なる声 :そうなの?どうして?

ワタシ :とにかく、前に進もうとして一生懸命なんですけれど、あっちがダメだったりこっちが保留になったりして、くじけそうになることはしょっちゅうあります。
あなたのお話を聞くようになってからは、そんなときに、なんだかヤケになったりすることはなくなりましたし、どんどんできることを始めていますけど、やっぱり前に進まないときもありますよね。

内なる声 :進まないときか。なるほど。
あなたは、こう思っているんだね。
物事は、なかなか進まずイライラするものだと。


ワタシ :そうですね。。。φ( ̄^ ̄)
自分が思っているより、ゆっくりのスピードなので、イライラするときもありますよね。まあ、仕方のないことですが・・・

内なる声 :それは、あなたが「いい気分」になることを考えているのではなく、何かの結果がでないと面白くないと思っているからだろう?

ワタシ :そうですね・・・
結果とか、成果とか、はっきりした答えとかが出てくれないと、面白くなっていかないとは思いますよね。。。

内なる声 :それは違うよ。そういう考えで書籍をつくっていると、考えがまとまらなくなっていく。
結果というものは、出ると面白くなくなるのだよ。まだ答えが出ないから楽しいんじゃないか。


ワタシ :う、うーん。。。
今回の書籍を作成するにあたって、「いい気分」に関するたくさんのお話をすでにお聞きしましたが、私はまだ、そこのところをわかっていないのかもしれませんね。。。
(/・_・\)

内なる声 :いいえ。あなたはわかっているのに、その考えをやめていないんだよ。
結果を考えて動くのは、やめたほうがいい。
結果というものは、考えによって変わっていくのだよ。どんな結果もまだ「経過」であって、「最終形」ではないのだから、まるでそこで人生が終わるかのように結果をつくろうとするのは、不幸をつくっているのと同じようなものだよ。


ワタシ :な、なるほど。。。φ( ̄○ ̄;)
確かに、そこで人生が終わるわけではないのに、一つの結果をつくろうとするのは、面白くないことなのかもしれませんよね・・・

内なる声 :さっきあなたは、進んでいないと言ったろう?
どうして進んでいないと言うのかというと、何かの結果を想定して、「それが進んでいない」と言いたいからだろう?


ワタシ :そ、そうです。φ( ̄△ ̄;)
想定どおりの結果になっていないことがいくつかあって・・・

内なる声 :そういうふうに考えていると、ずっと「いい気分」になれないことは続くだろう?そこのところをもう少し話さないといけないね。

ワタシ :そうですね。では、私のわかっていないところについて、もう少しお話を聞いていくことにします。


・・・というワケで・・・

書籍完成までに、私もきちんと理解していけるようにしないと、仕上げられない感じです。

まだまだ、お話を追加で聞きながら、仕上げていきます。

ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ

2016年02月10日

本当にできること


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ : 前回、Todoリストのつくり方を教えていただいて、実行し始めてから、変わったことが二つあってですね、、、

一つは、一番やっかいで時間がかかると思っていたこと・・・私の場合は書籍作成ですが、とにかくそれを少しずつでも完成に近づけようとすることにより、他のことに対する考えが変わってきました。

内なる声 :どんなふうに変わったの?

ワタシ :えーと、一番大変だと思っていたのが進んでいるのなら、すべての項目は、思っていたほど大変じゃないのかもしれないというふうに、思考が落ち着いてきたというか。。。
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :ふーん。焦ってないの?

ワタシ :いやー、焦ってますけど・・・
一番焦ってる項目をとにかく進めることができると、落ち着いてくるものだなということがわかりました。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :ニつ目は?

ワタシ :それがですね・・・
たくさんのことを「やるべき」と考えて仕事をしていると、他にも「やるべき」と思うアイディアがどんどん追加されてきます。
そうすると、前にやろうとしていたことが「やるべきかどうか保留」になってきたりするんです。

すごく不思議なことが起きてきます。。。
φ( ̄○ ̄;)

内なる声 :不思議ではない。それは普通のことだよ。
Aのことをしようと思っていたけれど、Bのことを考え始めたら、Aのことが重要ではなくなったりする。
だから、進めてみないとわからない。


ワタシ :は、はい。。。
とにかく、よしこれでやってみようと決まって、実行した前と後とでは、考えが変わっています。
進んでいるのはまだ一つか二つのことですが、解決方法に対する考えが変わってきたことにより、「全部が進んでいる」と感じてきたりするのです。
全部が、つながっているという感じです。

内なる声 :そうだね。

ワタシ :全部がつながっているのだなということがわかってきたら、全部がもっとレベルアップするようなことを考えるようになってきて、普段のやり方を全体的に見直そうとする案がでてきています。

Todoリストの項目はさらに増えてますが・・・あせあせ(飛び散る汗)
なんだか、いい感じになってきました。
φ( ´ ▽ ` *)

内なる声 :そうだね。
とにかく、着手するということをしなければ、そういうことは見えてこない。
何も始めないうちに困っていても仕方ない。
そういうふうに理解を進めようとすると、「本当にできること」がわかってくるんだよ。
想像だけで何かを進めようとして悩んでも、仕方ないということ。


ワタシ :いま作成中の、「いい気分」に関する書籍にもでてくるお話ですが、「いい気分」になるためには、そうして始めていかなければならないのですね。

内なる声 :あなたがそれを理解しながら、作成するのが一番いい。
とにかく、あなたが変化を求め、いろいろなことをしようとすることが、理解や思考の変化を生み出して、好循環になっていく。
それを、わかっていないといけないね。


ワタシ :ハイ。。。
今回の書籍も、著書『セルフより愛を込めて』を作成したときと同じく、私自身がその内容を実感体験しながら完成させることになりそうです。

今回の書籍を作成するにあたって、「いい気分」に関するたくさんのお話をすでにお聞きしていますが、すごく理路整然としているというか、「気分」ということのお話をこんなにも論理的に語ってしまうことに、少し驚いてもいます。

内なる声 :そう?でも、普通に考えて、「いい気分」になれるのは、そうした理解をもっている人だと思うよ。
つまり私は、そうした理解を、言葉にしている。
それは、自分が「知っていたこと」と「知らなかったこと」の境目のように感じるのかもしれない。


ワタシ :そうそう、わかります!
境目という感じ。改めて説明をされている感じ。
不思議なことを言われているのではないので、普通に理解できますよね。

内なる声 :そうして、普通に理解できるように、マニュアルをつくること。
今回の書籍は、そういった目的にしてみて欲しい。


ワタシ :わかりました。
「いい気分」を目指す人が読むマニュアルですね。
(≧ω≦)b

内なる声 :頼んだよ。


・・・というワケで・・・

書籍につきましては、「内なる声」にお話を聞いた原稿がそろってきましたので、編集に入ろうとしている段階です。

これから、「いい気分」を目指す人に読んでいただきたい作品に、仕上げていきます。

ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ

2016年01月26日

Todoリストのつくり方 その2


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ : 前回教えていただいたとおり、Todoリストをつくるときに、なぜ自分がそれをやるべきなのかという理由を書いて、考えてみました。
そしたらですね、理由がいっぱいあって、たくさん「やるべきこと」があるんですよ。。。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :そうなの?
そんなにたくさんあるの?


ワタシ :たくさん、「やるべきこと」が思い浮かんでしまって、どれも理由がいっぱい書き込めてしまうんですよ。
絞ろうと思ってたのに、これじゃあどれからどう手をつければよいのか、ますますわからなくなってしまいました。
(/・_・\)

内なる声 :そうなの?
でも、それはどのぐらい時間がかかりそうなの?


ワタシ :え?どのぐらいって・・・
φ( ̄○ ̄;)

内なる声 :どのぐらいかかりそうか、書いてみてくれる?

ワタシ :Todoリストに、「どのぐらい時間がかかりそうか」を追加するのですか・・・?

ええと・・・
私の場合、これからやるべきと思うことが6つほどあって、
・1つ目→2〜3日かかる
・2つ目→丸一週間ぐらいあればできる
・3つ目→丸3〜4日欲しい
・4つ目→あと2日ぐらい
・5つ目→1〜2ヶ月集中すればできる
・6つ目→2〜3ヶ月集中すればできる

こんな感じでしょうか・・・
ちなみに、6つ目が書籍作成で、一番時間がかかりそうです。。。

内なる声 :うーん、これで全部?細かいのは?

ワタシ :細かいのは省いてます。
日々のルーチン業務は、数時間かけていつもどおりするとして、残り全部の時間を使ったとしてこれぐらいかかるだろうなと思った期間を書いてます。

内なる声 :そうなの?おかしいな・・・
あなたは、これをどのように進めようとしてるの?


ワタシ :えっφ( ̄△ ̄;)

・・・いや、そ、それがわからないので聞きたかったのですが・・・
とにかく、ちょっとずつでも進めていこうとして、がんばってますが、どれもなかなか進められなくて・・・

内なる声 :そうか。わかったわかった。
あなたは、こう思っているんだね。丸一日、それに集中できたとして、どのくらいかかると思うかを書くのだと。
そうではなく、全部少しずつ進めるのだとして、どのくらいかかるの?


ワタシ :えっ、全部少しずつ・・・?
φ(・ω・; )

全部進めるのは、そもそも無理があるんじゃ・・・
そ、そうすると、上記の6倍くらい・・・!

ん?・・・いや、そんなにはかからないか・・・
3〜4倍くらいはかかりそうです。

内なる声 :どうして3〜4倍で、できると思うの?
あなたは、6つも同時に進めるのだろう?


ワタシ :・・・いえ、だって6つのうち、長くかかるものは、毎日コツコツ進める時間をとるしかないと思いますし・・・それで2つ3つを同時に進めれば、短いものは比較的早い段階で終わっていくと思うので、項目が途中で減っていくはずですから・・・

内なる声 :そう。
それで、どうやって進めるのかは、わかった?



ワタシ :・・・あれっっ煤i・ω・;ノ)ノ

内なる声 :まず、「やるべきこと」を考えるときには、「理由」をそこに書くこと。
それから、「全部やるのだ」として、かかる時間をかくこと。
そうすれば、勝手に頭の中で、どうやって始めればいいのかわかるようになると思うよ。


ワタシ :・・・えぇ〜〜〜〜φ( ̄Д ̄;)?

あれェ、なんで???
全然わからなかったのに。

なんでぇ?
さっき、急にわかったぞ?
・・・「全部やるのだ」として、考えたから???

内なる声 :違うよ。例えば、6つの「やるべきこと」があるのに、「どれから手をつければいいのかわからない」とか、「どれも時間がかかる」とか、「これがどのくらいかかるかわからない」とか、考え過ぎなんだよ。

とにかく、計画というのは、貪欲にたてなさい。
自分がやろうと思うことを、「やるべき」と決めて、「どのくらいかかるのかな」と、前向きに時間を見積もってみれば、「たいしたことないんじゃないか」とか、「よく考えれば、こうすることができる」といった思考に変わるんだよ。
そういうことをせずに、「大変そうだ」と考えている思考を、正そうとするのがいいのだよ。


ワタシ :そ、そんなぁ・・・φ( ̄△ ̄;)

本当に、単にそういうことだったのでしょうか・・・???

内なる声 :つまりね、あなたは、「混乱」しているんだよ。
頭の中で計画をたてるのではなく、そのようにリスト化しないといけないほど複雑な状態にあるのに、整理する方法を知らなかったというわけ。
これで、整理できたろう?


ワタシ :ハ、ハイ・・・
・・・と言っても、ホントにそれで進められるかどうかは別でしょうが・・・

内なる声 :そうだね。
がんばらないとね。



・・・というワケで・・・

なんてこったぃ。

私は、だいたいわかってきましたが、皆様はいかがでしょうか。

・・・というか、ほんとにこれで整理できて、やっていけるのかどうか、ちょっとやってみてからの話にします。

ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ

    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。