「いい気分ドットコム」HP | 「内なる声」とのエピソード

    一人で悩んで、同じようなことを考え続けていませんか?
    個人サポート・システム『人生を変える対話』をご利用ください。
    はじめての方は、無料でお試しいただけます。

2016年05月31日

なぜ、対話をするのか?


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ :個人サポート・システムのページをさらにわかりやすくするために、、はじめてご利用の方へのページを追加したのですよ。

このページで最もお伝えしたかったのは、「なぜ、対話をするのか?」というところです。
うまく伝わるといいのですが・・・
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :「なぜ、対話をするのか」が、伝わらないと思うの?

ワタシ :例えば、対話をするときに、「対話をするのはなぜか」を理解しておこなっている方というのは少ないと思うのですよ。
私だってあなたに教えていただいたり、『対話の心得』テキストをつくったりしていなければ、あまりわかっていなかったことだと思います。
「対話をする」ということのメリットや、奥深さを知らない方に、お伝えしたいなあと思うのですよ。

内なる声 :何の話?対話の奥深さの話?

ワタシ :対話をするということによって、人の考えが変わるという話です。
奥深いことですね。確かに・・・
φ( ´ ▽ ` )

内なる声 :考えを変えることのメリットの話?

ワタシ :そうです。(≧ω≦)b
『対話の心得』テキストを、もっと多くの方に読んでいただき、もっと対話を活用していただくためにはどうすればいいかと、日々考えています。

特に一人でモヤモヤと考えていることには、多くの誤解が含まれていて、対話をしたり、知識を得ようとしたり、いろいろなことをきちんと理解しようとしたりしてみないと、わからないことがたくさんあるじゃないですか。
そういうことを自分も過去に理解できていなかったことにより、損したことがたくさんあったと思うので、他の方にも早く気づいて欲しいと思うのです。
一人で同じようなことを考えていたって、何も変わらないということに。

内なる声 :そう。いいことだね。
あなたが、それをすすめるなんて。


ワタシ :そうですよねーっゞ( ̄∇ ̄;)
私がそのことを誰よりもわかっていなかったとさえ思うのに、いまは本当にいろいろなことがわかるようになりました。
あなたと、たくさん対話をして行動してきたたおかげだと思いますし、たくさんの方があなたと話すのを聞いてきたおかげだと思います。

対話というのは、本当に奥深いものですし、他との考えの違いを知ることにより、本当の意味で、自分のことを知ることができますよね。

内なる声 :そうだね。
だけどあなたは、「それを何のためにするのか」というところに触れようとしていない。
本当に大切なのは、「どうしてうまくいかないのか」というところを、知ることだと思う。
「うまくいかない」ということがあるのなら、考えを変えてみようとしなければ、何も変えられないからね。


ワタシ :確かに、「うまくいかない」ということに打ちのめされたとき、人は「なぜこうなるのか」を知りたいと思いますよね。
そうでなければ、対話は必要ないのでしょうか・・・?

内なる声 :対話というのは、人がどう思っているかを知るためにおこなうものでも、人の機嫌をとるために始めるものでもない。

対話をするときには、「相手と自分は、必ず意見が違っている」ということを前提に話し合うことによって、お互いの違いを知り、目標を達成するための行動を理解しようとしなければならない。
そういったことをまったく考えずにおこなわれた対話を経験することは多いが、まったくうまくいかない話し合いになると思う。

対話をおこなうときには、相手と違う考えをもつ自分自身が、どういった柔軟な姿勢で変化を求めるかという心がまえが大切になる。
だから「うまくいかない」ということが起こっているときや、悩みが続いているときが、最も対話をするのにいい時期だと言える。
そう考えてみて欲しい。




・・・というワケで・・・

「うまくいかない」ということが起こっているときや、悩みが続いているときには、ぜひ柔軟な姿勢で対話に挑戦してみてください。

まだ、『人生を変える対話』を体験されたことのない方は一度、はじめてご利用の方へのページをご確認くださいね。

現在、値引きクーポン制度実施中です。


ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ

秋元ユキ@いい気分ドットコム | コメント(0) | トラックバック(0) | ■「内なる声」との対話

2016年05月08日

「実行した後の知識」を増やす


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ :「いい気分」に関する書籍をつくると言いつつ、今回もまた時間がかかっておりますが・・・
φ( ̄▽ ̄;)

ゴールデンウィークの間に、書籍の追加する部分や結論的な部分をインタビューすることができて、よかったです。
これで一気にまとめていくことができそうなのですが、それにしてもここまで「いい気分」を説明することができるとは思っていませんでした。
すごく「いい気分になる方法」としてわかりやすかったので、勉強になりました。

内なる声 :そう。どういうところが?

ワタシ :例えば、あなたは「自分の気分をどう扱うのか」という話をされたのではありませんでした。
人というのはどうして気分が良くなったり悪くなったりするのか、そしていい気分に近づくにはどうしたらいいのか、そういうことが明確に書かれたものになるところが、非常にいいと思います。

内なる声 :そう。それであなたはいい気分になれそうなの?

ワタシ :いい気分になるということがどういうことなのかよくわかったので、いい気分になる選択をしようとしています。
人は、いい気分になる選択をしないといい気分になれないのだということに、気づきつつあります。
いい気分を感じるために必要なことが、わかってきたと思います。
著書『セルフより愛を込めて』のときもそうでしたが、今回もまたそうして理解したことを発表できると思うと、うれしいです。
φ( ´ ▽ ` )

内なる声 :そうだね。あなたはもっと勉強して、それを発表するというスタイルにしていくのがいいと思う。
できればもっと増やして、あなたのマスターしたことをとらえていくのがいい。
マスターしたことというのは、あなたがすでにあたりまえになっていることを発表するということ。
あなたがいま、発表するのが遅いのは、それがマスターできてない考えであるからだよ。


ワタシ :わかります。
メルマガの理論にしても書籍のインタビューにしても、まだ私がわかっていないことをたくさん述べられるので、私がそれを理解して編集してから発表する必要があるため、時間がかかってしまうのですよね。
(/・_・\)

でも、あなたの理論は、次々に高度なものになったり、わからないことを教えてくれるものであったりするので、なかなかマスターしていることの発表という状態にはならないのではないかと思います。。。

内なる声 :そんなことはない。
マスターしていることというのは、「わかる」という感覚。
「わかる」という感覚をもって、普通に読める部分なのだよ。
マスターしていないことというのは、「わからない」という部分があるため、すんなりと読めない。
わからない言葉がたくさん並べられた本を「難しい」と思うように、自分の考えの中にはなかったことを言われると、反発を覚えたり、疑問を抱いたりする。

だが、すんなりと読めるようにするためには、さらなる知識を得ればいいだけのこと。あなたの場合はそうして知識を得ることを重ねているのだから、続けるほどにすんなりと読める部分が増えていくのだよ。
そう思わない?


ワタシ :そうですね・・・
だけど、あなたの知識は別かもしれないと思います。
なぜなら、予想していたことが当たるようなことが一切なく、自分の想像とはまったく異なる作品になると思ってつくらないと、追いつかないからです。
今回もまた、自分が思っていたところからは離れた結論を教えていただきました。
この距離が縮まっていくとは、とても思えません。

内なる声 :それは、あなたが理論を追いかけようとしているからでは?
理論というのは、「実行する前の知識」に過ぎない。
あなたの知識を増やそうとして、理論ばかりを追いかけようとしていると、そんなふうに距離を感じることにもなる。

だが、経験をもって知っていることは、すんなりと読めるようになるだろう。
距離を感じなくなるためには、知識を得たことを活かして、実行するべき。
それに尽きるのだと知って欲しい。


ワタシ :なるほど。。。φ( ̄ω ̄;)

「実行する前の知識」ではなく、「実行した後の知識」を増やすことを考え、経験を増やしていくことが大切なのですね・・・
よく頭に置きながら、実行していきたいと思います。



・・・というワケで・・・

「いい気分」に関する書籍、良い感じにまとまっていきそうです。

もう少し時間はかかりそうですが、がんばっていきたいと思います。


ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ


秋元ユキ@いい気分ドットコム | コメント(1) | トラックバック(0) | ■「内なる声」との対話

2016年03月26日

どんどんわかりやすく!


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくるという企画を進めようとしています。


ワタシ :個人サポートのほうが忙しくてですね。ブログがほったらかしになっていました。
やっぱりアレですかね。メルマガの影響で、お申込みが多いとか。。。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :そうなの?

ワタシ :いや、わからないですが、やはり今年に入っての「内なる声」によるコラムの、「愛について」の論と「病気について」の論は、反応が大きかったですね。とてもいいお話でしたし・・・
個人サポートを申込まれる方も、前向きにがんばろうとされている方が多いです。

内なる声 :そう。前向きではない人もいるの?

ワタシ :そうですね。。。
個人サポート・システムでは、2015年6月から、対話の利点を最大限に活用していただくための『対話の心得』テキストを、お申込み時にご請求いただくようお願いしているのですが、中にはテキストをご請求されない方がいらっしゃるのですよ。。。

なぜご請求されないかというと、きっとテキスト料金を1,000円に設定しているからだと思うのですが、そのようにテキストを読まずに対話をしようとされる方に限って、何か誤解をされていたり、前向きではない発言をされていたりします。
だからですね、テキスト料金を1,000円に設定するのをやめて、対話料金に含めてしまおうと考えているのですが・・・
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :対話料金に含めるとは?

ワタシ :メールによる対話の料金を、1,000円値上げして表示するだけです。
テキスト料金を0円表示すれば、ご請求していただけない方がいなくなると思うので・・・

内なる声 :そう。そんなに簡単なことなら、早くやればどう?

ワタシ :そうですよね。。。だけど、最初はそういう方がいるとは想定できなくて・・・
ほとんどご案内ページを読まずに申込む方とか、どうしてそういう方がいらっしゃるのか、私にはよくわからないのですよ。
(/・_・\)

内なる声 :読むのが面倒くさいんじゃない?

ワタシ :は、はぁ。。。φ( ̄△ ̄;)
それで、何をしようとして、サポートを申込まれるのでしょう?

内なる声 :何かしてもらおうとしてるんじゃない?

ワタシ :あなたにですか?
何をしてもらおうとしているのでしょう?

内なる声 :それを、してもらおうとして、何をしてもらえるかわからないので、お金を払うんじゃない?

ワタシ :う、うーん。。。
変な理屈ですね・・・それで、気に入らないと怒り出す・・・と。そういう困った方が、実際にいらっしゃいますからね。。。
(´・ω・`)

システムの意図をきちんと理解してご利用されている方は、ほとんどの方がきちんと良い変化を実感されていると感じますので、そういう誤解をされている方がいるのを見ると、本当に残念に思ってしまうのですよ。

内なる声 :とにかく、あなたは改善をしていくのだろう?
つまりは、どうしたいの?


ワタシ :えーとつまりは・・・とにかくそういう誤解を解くためにも、まずは『対話の心得』テキストを読んでいただきたいのです。
きちんと、前に進もうとして対話をしようとしなければ、何のために対話をするのか、よくわからないですからね。自分で何かをやろうとしないと何もできないし、誰にも代わってもらえない人生のことをご相談されるのですから。。。

それから誤解と言えば、いまだに「自分のハイヤーセルフと対話ができるシステム」というふうに誤解をされている方もいらっしゃるようですので、この機会に、『ハイヤーセルフメッセージ・サポート』と『ワーク・サポート』という名称も廃止したいと思っています。
単に、「ハイヤーセルフのメッセージをご希望の方には、最初にお送りします」という表示に変えようかと。

内なる声 :できるだけ、わかりやすくするということ?

ワタシ :ハイ。φ(≧ω≦)b
これから、どんどんわかりやすくしていきたいので、そのように変更していきたいと思います!

内なる声 :うん。では、近々そうしよう。
わかりやすくするのは、いいことだからね。



・・・というワケで・・・

上記の点を、改善していくことになりました。

個人サポート・システムをご利用の方は、ご案内ページをよくお読みの上、きちんと自分の力で前に進もうとされるために、お申込みくださいね。

ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ

秋元ユキ@いい気分ドットコム | コメント(4) | トラックバック(0) | ■「内なる声」との対話

    

    「いい気分ドットコム」HP | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システムをご利用ください。
    はじめての方は、無料でお試しいただけます。





過去ログを見る
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(4)
2010年01月(5)
2009年12月(3)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)
2009年05月(4)
2009年04月(1)
2009年02月(1)
2009年01月(4)