「いい気分ドットコム」ホームページへ

   スピリチュアルな存在と、あなたが、心ゆくまで
   対話をするという新常識。『人生を変える対話


2010年05月28日

「内なる声」からの回答その21

ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」からの回答です。


ワタクシ:宜しくお願いします。

内なる声:いくよ。


<質問>
こんにちは 今、私にはたくさんの不思議な事が起こっていますが、 これにはどういう意味があるのでしょうか? また、私はどうしても叶えたい一つの大切な願いを持っていますが、 これは到底叶わない事なのでしょうか? 私は方向を間違えているのでしょうか? この願いは、私を幸せにしてくれる物ではないのでしょうか? この願いの事を思うだけで、とても幸せな気持ちになるのですが・・・ 具体的な事を、何も書けなくてごめんなさい。 でも、どうか教えて下さい。 よろしくお願いいたします。
coco 04/26 20:28



ワタクシ:この質問にお答え下さい。

内なる声:そうだね。この者の中に少し複雑な感情をもっていて、その考えが現実に反映しているのであるのだが、具体的なことを書いていない理由を話せないために、何か解決策を必要としていることでもないととらえるが、何を期待しての質問かな?

ワタクシ:何をおっしゃっているやらわかりません。どうすればいいのでしょう。

内なる声:どうもしなくていいよ。あなたにわかってもらおうとして質問しているわけではない。

ワタクシ:はぁ…それで、回答は終わりましたでしょうか。

内なる声:願いを叶えるのを望んでいるならば、あなたの感じるままでかまわないと思う。しかし、少し思い違いをしている部分を見受けられるので、考えを改めて進む必要をもっている。何を言ってるか理解できないなら、もう一度あなたの考えを改め、具体的に話をできるところへもっていくように。わかったね。

ワタクシ:終わりましたでしょうか。

内なる声:また話そう。次にいく。


<質問>
個人サポートで去年、何回かお世話になりました。 今回こちらから質問させてください。(海外で支払いが、人に頼んだりなんだりで、何かと大変なのです。ごめんなさい。) 今エナジーレターも登録させていただいています。 エナジーレターのおかげで、大分、いい気分になるための、コツがわかってきました。 とてもすてきな、いいシステムですね☆ とても気に入ってしまったので、友だちへのプレゼントのひとつで、彼女の名前でも登録して送ってしまいました。(気に入ってくれていると思います)
それで・・ いい気分になるコツがわかっては来たんですが、、、 悲しい感情やいやな感情がわいた時は、自分が今、ずれてしまったと言う合図なので、いい気分になれることを早く思い出そうとするようにしているんですが、たとえば、テレビなどで、安楽死させられていく、地元のシェルターの動物たちのコマーシャルを見たりとか、子供虐待のニュースだとか見たり聞いたりすると、自分の身近な話ではないのに、本当に涙が思わず出てしまうほど、悲しい気分になります。 そういう場合でも、わたしがすることは、やっぱり、『自分が』いい気分になれることを、探すだけでいいのでしょうか。 つい、そういうものを見ると、「そういう人、モノたちのために、わたしは何かできないのだろうか。どうすればいいのだろうか。」と思わず考えてしまうのですが、それは、「どうにもならない」というアイデアを更に拡大させるだけであるのは、今はわかりました。 それに、結局考えたところで、そういう人やものの数はキリもなく、また、世界の問題はそれだけでもないので、わたし一人がどうだこうだ、と解決策を考えてみたところで、たいして変わることもないのも承知しています。 こういう、世の中のこと的な、自分には手に負えない状況を見たり聞いたりして、悲しい感情がわいたり怒りがわいたりするような場合、どうするのが良いのでしょうか? 「みなが幸せな良い世の中をただ、思い描く」みたいなそういうことくらいしか、できることはないのでしょうか。(それでも、ネガティブに「だめだなぁ」とか思っているよりは、マシですよね。。。少しは) 少し漠然としていますが、こういうことでも、結構自分の感情が揺さぶられてしまうため(いろいろ突き進んで、結果「ああ、自分には何もできないなぁ。せっかく恵まれてる人生なのに、こういう人達より無駄に使っていてる感じがするし、申し訳ないなぁ」みたいなところにも行き着いてしまい)どのように、「いい気分」になるために働きかければいいのか、少し混乱しています。 アドバイスいただけるとうれしいです。
もちこ。 05/14 18:26



ワタクシ:海外の方の、支払いが難しいというお声は、これまでに何件かいただいていて、今後の対策を考案中です。(paypalなど)
この質問にお答え下さい。

内なる声:何を困っているのかな?どう思う?

ワタクシ:えぇー… うーん…そうですね…
世の中のこと的な、自分には手に負えない状況を見たり聞いたりして、悲しい感情がわいたり怒りがわいたりするような場合、どうするのが良いのか、ということですよね。
「そういう場合でも、わたしがすることは、やっぱり、『自分が』いい気分になれることを、探すだけでいいのでしょうか。」とおっしゃってるのをきいて、私は「そうなのではないかな?」と思うのですが、「どうにもならないというアイデアを更に拡大させるだけである」とおっしゃっているので…
なにか、できることをしたいなら、それを目指せばいいのではないかと思うのですが、無理なのでしょうか。それを「無理」と思うから、「いい気分」になれないのでは?すべての人や動物を助けることはできないけど、できることをすることはできるのではないかと思います。そうして行動することで、行動しないよりも「いい気分」になれる可能性はあるのかもしれないと思います。

内なる声:あなたがこのブログをしているのは、その考えをもっているため?

ワタクシ:いえ…私は、人を助けるためでなく、自分のためにしてるので…

内なる声:人を助けるのがあなたの為になることを知っているのでしょ?

ワタクシ:そうですね。たぶん…。

内なる声:あなたの考えをもってしていることは、人の為として正確に働く可能性をもつ。つまり、あなたができることを、あなたの為におこなうというのは自然におこなわれることであり、それを「できない」と考えることは、あなたの可能性をとめているのであれば、いい気持ちになれないのも無理はない。
世界中の人を救うということをあなた一人でできないかもしれないけど、あなたの為にあなたを動かすことはできるのではないの?


ワタクシ:はい。テレビなどを見て、このように気になるということに意味はあるのでしょうか。

内なる声:あなたが気になるのには理由をもっているよ。あなたの心をもってその理由を考えることになっていることには意味もある。あなたにとって必要でないのであれば、起こらない気持ちではないかな?

ワタクシ:では、やはり、「何もできない」と考えるのをやめればいいのでしょうか?

内なる声:何もできないというのは、どこの人の意見を参考にしているのかを考えるようにしてみて欲しい。何かをしようとしている人は、あなたの知らないところにたくさんいる。そしてあなたよりももっと「何もできないかもしれない」という実感をしているのであるのかどうか、確かめるつもりをもっているのであるかという問いを、自分にしてみてごらん。
そうすれば、自分をどこに連れて行くのを望んでいるのか、わかってくるよ。


ワタクシ:はい。 「みなが幸せな良い世の中をただ、思い描く」ということについてはいかがでしょう?

内なる声:何もしないのに思い描いても仕方ないという気持ちをもってそうしても、「いい気分」にはなれない。あなたがしたいことは、あなたのつらく思うことの反対にいつもあるものであることを知るように。
あなたが何をすることにより、あなたの気持ちを良くできるのであるかを考えていくこと。世界を救うのはやめ、自分を救うことをひたすらやることをすすめるのは、あなたのその想いをもってすれば、救われる人や動物を必ず存在させることになるからと考えてみてはいかが?


ワタクシ:はい。他にありますか?

内なる声:あなたのやりたいことをして欲しい。考えてみてね。
では今週はここまで。また来週。


ワタクシ:はい。ありがとうございます。
ではまた来週 (⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 01:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 「内なる声」からの回答

2010年06月18日

「内なる声」からの回答その22


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」からの回答です。


ワタクシ:よろしくお願いします。

内なる声:わかった。


<質問>
ユキ様こんにちは。以前ハイヤーセルフのメッセージに申し込んだものです。 今回は相談したいことがありまして、本来なら自分で考えるべきことだとは思うのですが答えが見つかないので思い切ってこちらに書き込ませていただきました。
私は対人恐怖症なのか人と話すのが怖いというか相手の顔色を窺ってしまいいつも人と接することに疲れてしまいます。全然知らない人との会話はまだ大丈夫なのですが知り合い以上友達未満の人と接するのは怖くてついつい避けてしまいます。 家族や親しい友達へもあまり話題提供できなかったりで無言になりがちなのですが人への恐怖をなくしてもっと会話好きになるにはどうしたらよいでしょうか。
また私は大学の文化祭実行委員会に所属しているのですが話し合いでの皆の話してる内容についてちんぷんかんぷんだったり自分は何をどう決断したり判断したりすればいいのかがわからなくていつも戸惑っています。 テレビを見ているときや家族との会話でも同じ情報量を共有しているはずなのに自分だけ意味が分かっていなかったり相手の意図が汲み取れなかったりします。どうしたら皆と同じように理解して適切だと思われる判断ができるようになるでしょうか。 長文乱文ですみません。よろしくお願いします。
けいこ 06/01 16:32


ワタクシ:この質問にお答えください。

内なる声:そうだね。まず、「恐怖」とは違うのでは?あなたは、自分の考えを話すことを苦手だと言えばいいだけで、それを「これではいけない」と考えているので「恐怖」と間違えているのでは?べつに会話が楽しくできないなら、「会話好きになるべき」と考えなくてもよいのでは?
「どうすれば、会話をしなくても、楽にしていられるでしょう」と、なぜ聞かないの?


ワタクシ:どうすれば、会話をしなくても、楽にしていられるでしょうか?

内なる声:ニコニコして、そこに居ることを楽しむことを選ぶなら、会話を重視しなくなる。

ワタクシ:会話好きになりたい場合は、どうすればいいのでしょう?

内なる声:好きになりたい?会話を?恐怖を感じるのに?

ワタクシ:あなたは、「会話を重視しなくても、そこに居ることを楽しめばいい」とおっしゃってるのですか?

内なる声:会話するべき時というのは、意志の疎通を必要とする時と、あなたがそうしたいという気持ちのある時にするのがいいのでは?したくないのにするのはなぜなの?

ワタクシ:「相手の顔色を窺ってしまい、いつも人と接することに疲れてしまう」というところに原因があると思っているので、そこを治したいと考えていらっしゃるのではないでしょうか。

内なる声:治しにくいなら、顔色を窺うことも、話すことも、やめていればいい。どうしてそんなふうに考えている?
あなたの好きな人と、こんな話をしたいので、会話の花咲く方法を知りたいと言うならわかるけど、治したいから嫌いなことを好きになるような方法を知りたいと?よくわからないことを言っている。どうして嫌なのにしようとする?しなくてもよい方法を教えよう。それでいい?


ワタクシ:いえあのー…でも…(・・;)
「皆の話してる内容についてちんぷんかんぷんだったり自分は何をどう決断したり判断したりすればいいのかがわからなくていつも戸惑っている」とおっしゃっていて、 委員会などで発言が必要な時にも困っていらっしゃるのでは?

内なる声:発言すべき内容を理解できないのが困ることと、会話のもって行き方がわからないこととは、別の問題である。それを理解して欲しい。
あなたの考えていることを、人に伝えてよろこんでもらえないのではなく、人がどう思っているのか、何を意味して話しているのか、情報を共有できずに困ると言うのなら、答えよう。あなたが最も苦手としているのは、会話することでも、理解することでもなく、「教えてもらうこと」だよ。
あなたの考えを理解できない人は、たくさんいる。それと同じくして、あなたに理解できないこともあるのだろう?何を理解する必要があるのかわからないということが、人の迷惑となり得ると思っているのなら、それを理解している人に、教えてもらえるような状況をつくれるような考えをはじめること。あなたが理解できないことを、他のすべての人が理解できるのなら、あなたの最も教えて欲しいと思える人を選んで、正直に話し、教えて欲しいが、どういうことかと聞いてみなさい。そうすると、「会話」のはじまりが出来上がり、あなたの教えて欲しいことを「聞く」のであるから、相手の顔色を窺って、「発言する」必要はない。そして、あなたの聞きたいことを聞けるかどうかという答えを探すことに集中してみてはいかが?そのように、わからないことを聞くようにして欲しい。


ワタクシ:「自分だけ意味が分かっていなかったり相手の意図が汲み取れなかったりします。」とあるので、他の人はあたりまえに理解できているところで、「教えて欲しい」と言いにくいのでは?

内なる声:他の人は全員、わかっているの?あなたがわからないことを、すべて?
なら、あなたはいろんな人が理解できることのすべてを理解できず困っているのだから、余計教えてもらえないと、困るのではない?


ワタクシ:だから、うまく「会話」できるようになって、理解したいと思っていらっしゃるのでは?

内なる声:「理解」したいのか、「会話」したいのかどちらだと思う?

ワタクシ:わかりませんが…たぶん「理解」したいのでは…?

内なる声:「理解」するには、「会話」を要すると言っている。この意味をわかって欲しい。
「会話」をするのに、「理解」はいらない。
「理解」しようとする発言のやりとりが「会話」になるので。つまり、あなたの知らないことで、困る時、最もあなたに困らないように教えてもらえそうな人を選び、訊ねてみてはどう?あなたが困らないなら、ニコニコして楽しくそこに居るか、「わからなくてもいい」と思っていればどう?


ワタクシ:はい…。しかし文章から察するに、ご自分から話題提供できたり、無言にならないようにしたり、人への恐怖をなくして、もっと会話好きになりたいと考えていらっしゃるのでは?

内なる声:それなら、まず、あなたが話題を提供する時は、人に、訊ねることを中心としてみたらいいと言っている。あなたの理解の及ばないことや、人がおこなっている良いところを見つけ、あなたの聞きたいところを教えてもらえばどう?そうでないなら、あなたの会話をうまくもっていけないのでは?

ワタクシ:具体的に、どういう話題提供の方法になるのでしょう?

内なる声:「私はあまり理解できてないことも多くて、教えてもらえないかと思ったのだけど、聞いてかまわない?」あるいは、
「よくわからないことは多いけど、あなたはとても理解しているみたいですごいなぁと思ったの。」
「何を意味してたか知りたい。教えてくれない?」
「私、ちょっとわからないの。これはどうしてなのかわかる?」


ワタクシ:教えてもらえなかったら、どうしましょう?

内なる声:教えてもらえなかったのだな、と思うだけ。

ワタクシ:説明を聞いても理解できなかったらどうしましょう?

内なる声:理解できそうなところを探すこと。

ワタクシ:うーん…それでうまくいくようになりますか?

内なる声:うまくいかなくても、いまと変わらないのでは?もしあなたが理解をのばそうとしていることに集中できれば、少なくとも必要な「会話」について悩まなくともよいのでは?

ワタクシ:つまり、「会話」は「手段」であって、「目的」ではないとおっしゃってるのですよね?

内なる声:「会話」をする目的のない「会話」など、誰も得意ではないよ。あなたより「会話」を得意とする者は、どういう目的をもって会話するのかな?
単におしゃべりが好きな人もいる。あなたは、おしゃべりを目的としたいかな?
人と接することで情報を得ようとする人もいる。あなたは情報を得ることを目的としたいかな?
それなりにうまくつきあいをしていたい人もいる。あなたは、それなりのつきあいを目的としたいのかな?
そうでないなら、あなたの好きな人とお話してうれしくなりたいことや、あなたが理解したいのにできなくて困ることを理解することを目的として、どうすればその目的を行使できるかと考え、「会話」をする必要があると考えてはいかが?
そのことを目的とするなら、「訊ねる」ことを、主な「会話」の切りロにしてはいかがと言っている。


ワタクシ:なるほど…。ちょっと気になったのが、「本来なら自分で考えるべきことだとは思うのですが」と冒頭で書かれていたことです。「自分で答えを出すべき」という厳しい考えをもっていらっしゃるのかな?と思いましたが、いかがでしょう?

内なる声:わからないことを、他のみんながわかっているのかどうかなど、わからないのではない?あなたと同じ気持ちでいる人は、たくさんいるよ。あなたが、もっと自分の聞きたいことを理解しようとするなら、そのことがよくわかってくるのではないかな?

ワタクシ:私もそう思います。「皆と同じように」理解する必要はないと思います。それに、「皆が同じ」なのかどうか、本当にはわからない。だから、「この人がどう理解しているのか知りたい」と思える人に、訊ねてみるのがいいかもしれませんね。訊ね方にも、コツはありますか?

内なる声:あなたが知りたいことを、できれば教えてくれたらうれしいなという気持ち以外の感情をもたず話せばいいのだよ。訊ねたくないのであれば、訊ねなくていい。ニコニコしてなさい。

ワタクシ:ニコニコするといいのですか?

内なる声:あなたの気持ちがラクになっているのがいいのだよ。

ワタクシ:はい。他にありますか?

内なる声:なかなか難しいことも、見方を変えたら単純なことに過ぎないとわかる。もっと理解が進むほど、あなたがたの質問したい気持ちも変わると思う。べつにしたくなければしなくていいから、質問したいなら、迷わないで欲しい。私はそう思っているよ。

ワタクシ:はい。以上でしょうか?

内なる声:楽しく進んでいこう。ではまた来週。

ワタクシ:また来週!(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 01:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 「内なる声」からの回答

2010年06月24日

「内なる声」からの回答その23

ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」からの回答です。


ワタクシ:宜しくお願いいたします。

内なる声:わかった。


<質問>
ゆきさん、内なる声さん、こんにちわ。 ご相談があります。
私は数年前に、仕事で人にものを教えることをしてから、教えるという事が楽しいと感じていました。理由があり、その仕事をやめて、今は他の仕事を始めて5年以上がたちます。今の仕事は人をリラックスさせる仕事です。私はその仕事を始めてから、将来、できたらそのようなスクールを 開講したいと夢見ていました。経験も浅いし、まだまだ先の事になるだろうと思っていたのですが、ついこの間、突然、「私にだってできるんじゃないか」という力強い気持ちがなぜか、突然、わきあがってきました。
自分がスクールを開いたら、こんなHPを作って、とか こんな事を教えて、とか そういう事を考えているととてもワクワクしてきます。でも、実際問題、どのようにしたら開講できるのかその方法も分からないし、開講したところで生徒さんがくるのかと考えるとワクワクしていた気持ちがしぼんでしまいます。
また、自分の技術ももっと磨かないと無理だろうという気持ちが出てくると、無理かもしれないとなってしまいます。資金面とか、場所とか、具体的な事を考えれば考える程、気持ちがしぼんでいきます。でもすぐに、「だけど出来るかもしれない。出来たら嬉しいな」という気持ちに考えの方向を戻すとまたワクワクが戻ってきます。
このように、めども立たないのに、楽しい気持ちになるということは、私がススム道だと考えて構わないのでしょうか。もしそうなら、その道をポジティブに進むためのアドバイスをいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。
うさぎ 06/12 18:03


ワタクシ:この質問にお答えください。

内なる声:うん。いい考えをしてるよ。そのまま進みなさい。

ワタクシ:はい。その道をポジティブに進むためのアドバイスをいただきたいとのことですが?

内なる声:アドバイスはいいけど、そのことよりも、なぜそんなふうに考えるに至っているかということを、まず教えよう。
この者の考えの中に、導かれたものが次々とつながるといった現象が起きている。
この者以外の者もよく聞きなさい。
いま、なぜこの経験が必要かとわからない者は、特にこの「つながる」という現象に向かうためのいまであるという意識をもつことをすること。
何かをはじめ、途中で変化を感じることも、最終的なあなたの夢へとつながるのがあたりまえであり、その答えを見つければ、必ず「これは素晴しい発見」という「アタリ」の確心をもてる。この者の場合は、「教える」ということをヒントに考えた結果としてつながりを覚えた。その考えや経験へのつながりを理解できたなら、そこを堀り下げていけばたどり着く。


ワタクシ:はい。誰もが自分にとっての「アタリ」、つまり「進みたい道」を見つけたいと考えているのではないかと思います。
それが「アタリ」の時に、ワクワクして楽しい気持ちになるのだと考えてよいのでしょうか。

内なる声:よいとも。あなたのセルフが満面の笑みを浮かべる証拠だよ。

ワタクシ:へえー…やはりそうなんですね。
しかし、この方も書かれているように、考えを進めると「やはり難しいかも」と思えるところはたくさんでてきますし、実際にうまくいかないことも多くありますよね。
私も、その辺をどうすればいいのか聞きたいです。

内なる声:そんなこと、どうでもいいのに。ヘンなことを考えているからわからなくなるのだよ。

ワタクシ:えっ…は、はぁ。そうなんですけども…
では、ワクワクして、「アタリ」を確心したときに、次にすべきことは何でしょう?

内なる声:次にすること?あなたの思いつくことだよ。
そうだな。ホームページをつくってみたり、メニューを決めてどうするか考えていこう。そのまま考え進めれば、もっとたくさんやりたいことが出てくるのに気づく。時間はどのくらい必要かも見えてくる。早くしないと間に合わないよ。


ワタクシ:もう、とにかくできることをはじめるということですよね…
どのようにしたら開講できるのかその方法も分からないし、自分の技術や、資金面、場所などの具体的な事については一切、決まってなくてもよいのでしょうか?

内なる声:決めるために動くのでしょ?さあ、何をする必要をもっていて、どうすればそれを理解できるかな?考えよう。楽しいよ。

ワタクシ:うーん、楽しそうですが、おそらくいまのまま考えても、「具体的な事を考えれば考える程、気持ちがしぼんでいきます。」と書かれているように、わからなくなるのではないでしょうか。

内なる声:考えるのは終わりにして、できることをしなさい。できることをはじめるために、どうするかを考えるのであり、「できるかどうか」を考えるのはもう必要ない。

ワタクシ:そうか。多くの場合、「できるかどうか」という内容を考えているのですね。
それから、「開講したところで生徒さんがくるのか」というように、「成功できるかどうか」を心配してしまう。しかし、それを心配せずにとにかくやることを薦めていらっしゃるのですか?

内なる声:だからね。何をしたいのかを考えて、「教える」ことなら、一人も生徒がいないとできないでしょ?だから、一人でも生徒をつくるところを目指すことをはじめなさい。

ワタクシ:なるほど。何をしたいのかということを実現すればいいのであって、大規模なことをいきなり成功させる必要はないですね。つまり、最初は目的に沿った小さな目標から達成していくことを考えるということでしょうか。

内なる声:小さくても大きくてもいいので、目的に沿ったことをやればいいだけのこと。いますぐにできることをはじめてみれば、何を必要としているのかは見えてくるよ。

ワタクシ:現在、メルマガの方でご紹介している内容とマッチしてますね。
ポジティブな気持ちを持ち続けるコツを教えてくれませんか?

内なる声:できなくても、いいと思うことかな。

ワタクシ:ええっ?!(゚ロ゚;)
できなくても、いいと…?

内なる声:できなくてもいいから、やろうと決めればいい。だって、あなたはやりたいのだから。やることがうれしくてやるのであって、できなくても、それはそれでうれしい。そうでないならやめなさい。何もできないうちに苦しくて、できるまでは苦しくて、できた後にも苦しいことを目指すのなど、やめてしまえばいい。
やりたいことを目指すだけで楽しくて、目指した先に何がなくとも楽しくて、もしもできたら、すごくうれしいのだろうなと思えることをやりなさい。何もできないとしても、考えているのが楽しければいいことだ。何かしようとすることがうれしいことならいいこと。成し遂げるまでのよろこびのない目標など捨てなさい。あなたがたは、成し遂げるということを理解していない。よろこびは、成し遂げるところにあるのではなく、ワクワクする方向へ進んでいること自体にあるのだよ。わかるね。


ワタクシ:わかります。逆に言えば、そうあればこそ、成し遂げるということが起こるのでしょうか。

内なる声:何を成すかということなど、あなたは最初に決めれるものではあり得ない。あなたがたが、偉業を成すと考えるにあたり、その途中の苦しみにもだえる理由を知るベき。
偉業を成す者は、いつもそこに偉業を成すことなどを目標としていない。いかに己の目的をいま果たすかということを考えていくという根拠のない衝動に従うのみ。それがあなたがたを、目的地まで連れて行ってくれるよ。


ワタクシ:わかりました。聞きたかったのですが、途中でネガティブな壁にぶつかることを、避ける方法はありますか?

内なる声:ネガティブな壁とは?

ワタクシ:よくあることですが、目的をそれてしまいそうになり得る出来事や、ワクワクする気持ちが持続できないといった状況のことです。

内なる声:それはおかしいね。なぜそんなふうになるのかな?

ワタクシ:わかりませんが、良い時と悪い時はあるものだと思うのがいいのでしょうか。

内なる声:良い時?誰にとって?

ワタクシ:この場合、私にとって…ですが。

内なる声:あなたにとって、悪い時などない。最初に話したろう?もう忘れたの?
あなたの経験を、いまなぜこうであるかと思う時にも、「つながる」ということを理解しなさいと。


ワタクシ:そうか…。そうでした。なるほど。本当によくわかりました。

内なる声:よく理解して、楽しんでいくのがいい。わかったね。

ワタクシ:はい。他にありますか?

内なる声:ではこの辺で。また来週。

ワタクシ:また来週(⌒▽⌒)ノ


posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 22:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 「内なる声」からの回答

2010年07月02日

「内なる声」からの回答その24


ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」からの回答です。


ワタクシ:お願いします。

内なる声:では、はじめよう。


<質問>
ユキさん、内なる声さんこんにちは。初めまして。
私は両腕の二の腕のところ(長めの半袖のTシャツを着れば隠れます。今主流の短め半袖だとみえてしまいます)にタトゥをいれています。
入れた当時は正直、自殺願望もあり、自分を変えたかったのと、昔からカッコいいと思って入れたかったけれども世間体があってためらっていたのを今なら入れられると思って入れました。結局、タトゥを入れたからといって自信がつくわけでも強くなれるわけでもなかったのですが><
当時から世間は反対派の方が多いし、いろいろと不便(温泉やジムなど)だろうとは思っていたのですが、今現在、一番自分の中で不安になる点は、ほとんどの場所でタトゥを見せないように生きていかないといけない、「隠して生きていかなくてはいけない」「隠さなくてはいけないものを入れてしまった」「隠そうとしなくてはいけない自分が嫌だ」というような気持ちになります。そんなことは入れるときによく考えて、それでもいいと覚悟した人がいれるものなのでしょうが、今更ながら迷ってしまいます。お金をためてレザー消去という方法もありますが、高額ですし完全には消えないようです。考え方を少し変えて、芸能人や海外セレブのように何かで認められるようになれば非難も少なくなるように思うので、前向きに何か別の事を頑張ろうとか・・・。
どうしていくかは自分で考えて結論をださなければいけないのですが心がモヤモヤしています。何かアドバイス、ご意見をお願いできればと思います。宜しくお願いします。
愛子 06/18 20:55



ワタクシ:この質問に、お答えください。

内なる声:そうだね。まず、あなたの意見をきいてもいいかな?

ワタクシ:私ですか?
タトゥ、気に入ってないんでしょうか?カッコイイなぁ。ジムで堂々と着替えている姿を見かけたら、声かけたくなるかも。
でも、「隠さなきゃ」と思ってるんですよね…うーん…実際に、どこかで非難されたりするのでしょうか?
いまどき、「オシャレでしょ?」って言えばすみそうな気もするけど、そうじゃないのかなぁ…
問題は、どう見られるか、ということではなく、ご本人が嫌だと感じていることですよね。きっと…

内なる声:うん。まぁそうだけど、彼女はそこだけではなく、多くのことを「嫌だ」と考えているのだから、この問題だけの解決が必要なのではない。
本人はわかっているだろう。「嫌だ」と感じることを、あなたが着目する多くの中で、つねにふくらませ続ける習慣をもっている。


ワタクシ:着目する多くの中で、つねにふくらませ続ける習慣…?
どういう意味ですか?

内なる声:彼女の見るものを「嫌でない」ものに限定したとしても、頭の中で「嫌なもの」をふくらませていく習慣にとらわれるということ。考えを変化させるのは、その習慣を変えようとするに等しい。

ワタクシ:私もあります。頭の中で「嫌なもの」をふくらませていく習慣。
みんな、多かれ少なかれ、あるのではないでしょうか?

内なる声:そうかもしれないけど、あなたはそれをどうしたいと思っている?

ワタクシ:習慣を変化させたいです。日々、そう思ってます。

内なる声:そう。なら、変化させれば解決するだろう。

ワタクシ:そうですね…タトゥをなんとかするのは、必要ないと判断されているのでしょうか?

内なる声:タトゥの問題じゃないよ。べつにタトゥが嫌なら、どうにでも消そうとする方法を考えて終わるだろう?

ワタクシ:そうですよね…でもきっと、お金があって、キレイに消せる方法があるなら、そのようにして解決しようとしますよね。

内なる声:キレイに消そうと消せまいと、彼女もあなたも、また別の問題を「嫌だ」と感じて解決を必要にする自分を見つけるのでは?

ワタクシ:うーん…そ、そうかも…(;¬_¬)
しかし、現在の嫌なところを、改善したいと感じるのを、やめる必要はないのですよね。

内なる声:解決しようと思っている問題を、間違っていなければ、それでいいのではない?

ワタクシ:間違っているというのは、どういうことなのでしょう?

内なる声:何を困っているのか、わかってないのだろう?何をどうしたいということがあるのに、タトゥのせいでそれが出来ないと困っているなら、解決すべく動けばよい。「芸能人であれば、許されるかもしれない」という程の彼女の悩みは、困ったことに、それほど困ってないわけだよ。何かをする際、「困るかもしれない」「ダメかもしれない」「何か困ったことを感じる気がする」「実際、こうであり、困ったこともあった」それらがいったい、あなたの行く手をどう阻むと言って大さわぎしようと考える?つまり、まだ何をも「困る」事態をもってそこにない問題は、「問題」ではあらず、「不愉快」への執着であり、考え・着目の癖であって、解決を必要としていない。わかったかな?

ワタクシ:メルマガでも書いてきたことなので、よくわかるのですが…
「不安要素」をもっていることに間違いはないわけで、「放っておく」「気にしないでおく」というのが解決法ではない気がします。
こういった場合、どのような考えをもてばよいのでしょう。

内なる声:まぁ、保留することかな。あなたの手に負えないことを、何とかする必要をもっていない。

ワタクシ:「保留」と、「気にしない」は違いますか?

内なる声:違うけど、やることは同じかな。そんなことより、あなたのやリたいことをやればいい。タトゥやその他の「嫌なこと」を考えるヒマもないほどやればいい。そのうち、どうしてもタトゥを何とかせずにいられぬほどの、あなたのやりたいことを妨げる「問題」を感じれば、また質問してもらえない?「私は、どうしてもこれをしたいのであるのだが、タトゥのため、難しいのだということを理解したので困っている」と。おそらく、それは起こらない。
あなたも似たようなことを考えていることがあるけど、何か困ることを感じた覚えはある?


ワタクシ:頭の中で、「これが原因で、困るかもしれない」と考えるのは、ムダなことだと、本当に思います。しかし、「考えないようにする」ことや、「これでヨシとする」ということが、難しいのだと思います。

内なる声:だから、べつにヨシとしなくてもいいではないの。困ったら、考えよう。

ワタクシ:困ってからでも、遅くはないのでしょうか?

内なる声:困ってから、考えるのは、ベスト・タイミングではないの?

ワタクシ:困る前に、不安要素をなくし、安心したい・ホッとしたいという望みは叶いませんか?

内なる声:つまり、あなたは、どうすればホッとすると思ってる?

ワタクシ:この場合なら、タトゥがキレイになくなれば。

内なる声:それが、どうなのかわからないのだろう?

ワタクシ:みたいですよね。

内なる声:だから、どうなろうが見えなくする理由のないうちに、リスクを負うのもおかしいだろう。

ワタクシ:たしかにそうですよね…一番いいのは、ご本人が気に入ってて、自慢したいくらいの気持ちを持てていることですよね。自慢したくないまでも、「自分はこれでOK」という気持ちになれる方法はないでしょうか。

内なる声:あのね。身体がどうであれ、あなたがたは「気にしない」とき、OKを出している。身体において「ここはOK。ここはOKでない」という判断をする必要をもってない。何も考えない時、それにOKと言っているのだよ。
「もっと、こうなればいい」と思うとき、OKはなくなっている。それよりも、気持ちを充実させられる何かをしようと思って欲しい。何もやろうとせず、嫌なことを考えようとしてはいけないよ。


ワタクシ:キレイになりたい・カッコ良くなりたい・もっとやせたいとか、健康になりたいという願望については、どうするのがよいのでしょう?

内なる声:だから、できることを、楽しくやればどう?何を目指すため、そうなりたいわけ?何を目指すことなく、そうなりたいのでは?あなたの目指していることの途中に、そうでないがゆえに、困ったことが起こってきたなら、相談してくれない?

ワタクシ:うーん…つまり、「嫌な部分に着目すればキリがない」ということですよね。不愉快なことは、次々と見つけられる。それについて考えているよりも、「嫌ではない」ことに夢中になり、楽しんでいる方がずっといいと。

内なる声:私が言いたいのは、「こうしたい」と思うのは、あなたの「やりたいこと」をするのに必要である時にして欲しいのであって、不安を取り除くために悩む、ムダな時間をなくして欲しいということ。わかったね。

ワタクシ:はい。私はよくわかりました。ありがとうございます。

内なる声:じゃあ、また来週。質問があれば、また書き込んで欲しい。

ワタクシ:はい。では、また来週。(⌒▽⌒)ノ


posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 「内なる声」からの回答

2010年07月08日

「内なる声」からの回答その25

ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」からの回答です。

ワタクシ:お願いします。

内なる声:わかった。


<質問>
こんにちは! ありがとうございます。 いつも楽しみに拝見させていただいております。
ひとつお聞きしたいのですが、夜寝る前には非常にうきうきして楽しくて仕方ない状態で休めているのに朝起きた瞬間憂鬱な気分になっているのはどうしてなのでしょうか? 勿論そうでないときもありますが、最近そういう日が多いもので、教えて下さい。
ジョニー 07/01 19:11



ワタクシ:この質問にお答えください。

内なる声:疲れているのでは?

ワタクシ:疲れている?疲れがとれていないという意味でしょうか?

内なる声:疲れを溜めているのでは?ゆっくり休んでみて欲しい。

ワタクシ:朝起きた瞬間憂鬱な気分になるのは、単に疲れているからですか?夜寝る前には非常にうきうきして楽しくて仕方ない状態なのに?

内なる声:疲れているのは、身体でなく、心なので、そうなる。

ワタクシ:心が疲れてるのですか?どういうことでしょう?まさか、うきうきしすぎて?

内なる声:心の中で、「うきうきしていたい」という気持ちを強くもっていて、寝る前にピークに達するため、起きると、疲れる。つまり、寝る前にはそれでよくても、ここから活動に移る気持ちに寝不足を感じるため、立ち上がるのを拒みたい気持ちを優先できないのを嫌がっている。なにも、「いい気分」で寝たら、「いい気分」で起きれるというものでなく、他の要素を感じるのを、普通として欲しい。

ワタクシ:この場合、「他の要素」とは、何でしょう?

内なる声:他の要素は、多くの不安や心配、そしてあなたの考えを安らかなものとできない過去の習慣である。つまり、あなたの気持ちを、無理な方向へもっていくのは簡単ではない。ゆっくり、確実に幸せを感じて欲しい。わかるかな?

ワタクシ:「無理な方向」とは、どういう意味でしょう?

内なる声:無理な幸せを感じる必要をもっていない。いま、幸せを感じる必要をもってそこにいると考える必要をもっていない。幸せになることを目標にする必要はない。幸せを感じる余裕をもてれば、幸せを感じるだろう。

ワタクシ:「他の要素」は、寝る前には忘れているのでしょうか?朝起きた瞬間にその要素を感じるのはなぜでしょう?

内なる声:だから、これから、活動する必要をもっているから。休めれば、憂鬱は感じにくいのでは?

ワタクシ:では、休めばいいのですよね。しかし、疲れているのは、身体でなく、心なのであれば、数日休めば治るのではないのですよね。どうすればよいのでしょう?

内なる声:ともかく、休みの時をつくってはどう?あのね、心を安めるため、身体を休めるという考えをもって欲しい。彼の場合、特にそうであるのだが、考えを激しく変化させようとする希望をもってそこに存在していることそのものに対しての疲れは、激しく体カを消耗している。つまり、頭を使っているのを、減らすのも大切。
「いい気分」を感じる最も簡単にできる方法は、「何も考えない」ことであり、考え、理解することを日々おこない、眠りにつくことで、疲れが瑠まるのも無理はない。ゆっくり、何も考えない時間に出会えるような生活を心得てごらん。心が元気になるには、そうすればいい。


ワタクシ:なるほど。あれこれ考えていると、本当に疲れを感じるので、よくわかります。とすると、寝る前とか、その日1日の過ごし方が大切ということですよね。どのように心がけるのがいいのでしょうか。

内なる声:「心がけ」について考えるのをやめ、楽しむことだよ。「楽しみたい」のと、「楽しむべき」という気持ちの差を知って欲しい。あなたが「努カして楽しむ」ことが、あなたを疲れにもっていくのでは?

ワタクシ:そうですね…しかし、まずはその「心がけ」がなければ、「楽しもう」とすることを忘れ、ネガティブな思考に翻弄されがちですよね。そこのところを、どのように調整すればよいのでしょう。

内なる声:ネガティブを見つけては、「楽しむことを思い出そう」とするのでなく、あなたの目は、ネガティブのものを見つけるという事実について、覚えておこうとすればいい。
つまり、何をがんばろうと、あなたはネガティブを見るだろう。そこを変化させるのを目標としてもムダなだけ。ネガティブを見て、そしてポジティブを見る。そこに移動する時間の短縮について考えようとしなさい。それ以外のことを考える時は、体カを消耗しているのみと理解するべき。必要のない理解を求める思考を重ねて四苦八苦するのみ。


ワタクシ:「必要のない理解」ですか…ネガティブを見て、イヤな気分になっている自分に気づき、ポジティブを見ようとすればいいのですよね。それ以外の理解のための思考は必要ないのでしょうか?
たとえば、現実に「いいこと」を引き寄せるために、いいイメージを浮かべることなども、必要ないとおっしゃいますか?

内なる声:いいイメージを浮かべれば、どうなるの?

ワタクシ:いいことを考えて、「いい気分」でいれば、いいことが起こるのではないのでしょうか?

内なる声:「いい気分」でいれば、いいことが起こるというのは、「いい気分」を感じるのがあなたの望みのイメージとマッチしているというサインであるため、「いいことが待ってるよ」という意味であり、イメージをしたらいいわけではない。ポジティブな思考は、普段よりそこに存在しているので、無理してよい気持ちを目指すこともなく、ラクにしてなさい。

ワタクシ:はい。他に「必要のない理解」とは、どんなことでしょう?

内なる声:あなたの及ばない理解全般。必要な理解を得られないと感じるとき、ムダな考えを最も起こすだろう。しかし実際はムダなのだよ。

ワタクシ:「必要のない理解をしようとするとき」ではなく、「必要な理解を得られないとき」が最もムダな考えを起こす??それじゃあ、どうすればいいかわからないですよね。

内なる声:わからないのだから、こうして疲れているのだよ。だから、「わからなくていい。それで当然」と思いなさい。必要な理解は、心要な時、あなたが理解できるはずと感じていればいい。わかったかな?

ワタクシ:わかりますが、難しく考えてしまいます。アドバイスは、「休めばいい。」「何も考えない」など、単純なのに、それが一番難しいのですね。

内なる声:難しいのなら、「簡単なこと」と思わずにいればいいよ。無理に「簡単なこと」と思う必要はない。難しいのだから、あなたも彼も他の者も、がんばろうとして、がんばれない自分に気づくことを繰り返し、そしてそのネガティブをポジティブに変えることをしようとする。それでいい。

ワタクシ:「これでいい。」と思うとラクですね。他にありますか?

内なる声:では、また来週。また話そう。

ワタクシ:はい。ご質問は、コメント欄からお願いします。
また来週(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 「内なる声」からの回答

2010年07月22日

「内なる声」からの回答その26

ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」からの回答です。

ワタクシ :宜しくお願いします。

内なる声 :どうぞ。


<質問>
ユキさん、内なる声さん、こんにちは。初めて投稿させて頂きます。
先日、キャバクラ大好きな主人が店の女の子とキスしている場面をみてしまいました。(詳しいことは省きます)以前から、主人がキャバクラにいくことが嫌でしょうがなく、ただ店の中だけで帰ってくるわけではなく、アフターに行っていることが薄々わかっていたので朝帰りをしてくるときはいつもケンカのようになっていました。主人はただみんなと楽しく飲んでるだけと言っていたのに、たまたまその日がそうだったかもわかりませんが、なんだか切ないです。
でも、私が疑って不安に思っていたことが現実に現れたのかなとユキさんのいい気分ドットコムをみて、内なる声さんの回答をみて感じています。主人はもう二度とあのお店にはいかないし、酔っていたとはいえわからなくなるまで飲まないようにする!と言っています。私も不安な気持ちをもたないよう、悪い想像はしないよう、良い気分になれることを考えるよう、素敵な未来を考えるよう、自分が変われるようになりたいです。
でも、、、主人から会社の人と飲みにいくと聞いたら、『あの店にはいかないで!』と言ってしまいそう。。。信じていれば言わなくてもいいことですよね。100%信じるようにするために、今の私にたりないこととはズバリなんでしょうか?嫌な妄想がもくもくやってきたら、少しでも早く気分が変われるように良い言葉を呟いたりしていますが、もっと効果的な方法はありますか?助言頂けること心待ちにしております。
juju 07/0316:46


ワタクシ : この質問にお答えください。

内なる声 : 質問は何?

ワタクシ : え?えー…「100%信じるようにするために、今の私にたりないこととはズバリなんでしょうか?」

内なる声 : 信じなくてもいいのでは?

ワタクシ : どうしてでしょう?

内なる声 : 信じる・信じないの問題ではないから。

ワタクシ : では、どういう問題なのでしょう?

内なる声 : やめて欲しいのではないの?

ワタクシ :何をですか?

内なる声 :何をやめて欲しいのだと思う?

ワタクシ :キャバクラに行くこと。

内なる声 :それは本当?

ワタクシ :どういう意味でしょう?

内なる声 :やめて欲しいのは、何かを食べに行ったり、飲みに行ったり、どこかに出かけたりすることかな?

ワタクシ :いえ、ご主人が、ほかの女の人のいるお店に行くことを、楽しんでいるということだと思います。

内なる声 :やめて欲しいのは、ほかの女の人がいるお店に楽しんで行っていること?

ワタクシ :うーん…「ほかの女の人と楽しんで関わること」じゃないかな…お店であってもなくても嫌なのだと思いますが、楽しんで関わることを仕事にしている女の人のいる店にわざわざ行くのですから、「嫌でしょうがない」ですよね。
「私が疑って不安に思っていたことが現実に現れたのかな」とおっしゃっていますが、これについてはいかがでしょう?

内なる声 :あなたの考えは、彼女のものとは少し違うのではないかな。彼女は、あなたのような考えをしているのではなく、「楽しく飲んでいるのみ」というのを信じられない自分について、考えるべきところがあると思っている。しかし、考えてみれば、「信じる」というか、「信じられないのだから疑っているのだろう」という気持ちを抑えておきたい自分に出会えるだろう。
つまり、信じられないあなたの気持ちがその現実を引き寄せたのではなく、信じられないので、信じるために必要である現実を引き寄せようとしていたと思って欲しい。信じるためには、疑いがあるかどうかを確認する必要をもっているからね。


ワタクシ :ちょっとわかりにくいのですが、そもそも「信じる」というのは、何を指しているのでしょう?

内なる声 :だからね。あなたの考えはそこまでのものであるが、彼女の場合、もっと嫌な妄想をしてしまうと悩んでいるのでしょう?だから、そもそも「信じる」という問題ではなく、「何が嫌なのか」ということに正直に反応する必要を持っているのに、何も考えず「なかったことにする」ことにより、問題をなくそうとしているのが問題なのだよ。

ワタクシ :「なかったことにする」ですか…?「主人から会社の人と飲みにいくと聞いたら、『あの店にはいかないで!』と言ってしまいそう。。。信じていれば言わなくてもいいことですよね。」という考え方が問題だということですか?

内なる声 :どうして「いかないで!」と言わないの?言えばいい。

ワタクシ :そうですね。私も、言えばいいと思います。「いかないで!」と言えばいいし、「飲みにいくと聞いたら、嫌な妄想をしてしまうので困っている。いつも安心させて欲しい。いい気分で過ごせるようにしたいと思っているので、協力して欲しい。」と言えばいいと思います。そうしたら、ケンカになったり、もっと嫌な気分になると思っていらっしゃるのでしょうか?

内なる声 :そうしないのだから、嫌な気分になるとわからない?あなたが必要としているのは、「協力」であり、「信用」ではないのだよ。なぜなら、あなたが「希望していること」について、話しをしないでおけば、あなたの「希望」にとどまるだけとなるから。
「希望をせずにいること」が、あなたの心の中で安らぎを得る方法となっていないのを理解するなら、希望をし、協力を求める必要をもっている。希望しなければ、他の人間は他の人間の思うままの行動を、思うままに取ろうとする。それを邪魔する権利をもっているかと聞かれれば、もっているのではないといえるだろうが、あなたの愛する者にそう伝えて、「協力」を得る方法を理解するなら、あなたの考えは効率的になる要素をもっている。
「信じたい」という希望を伝え、そのことを理解してもらえたという満足感を得られるようになればいいが、そうしなければ、何も言わないあなたについて見受けられるのは、「信じたいが信じられない」という葛藤が抑えられなくなって、イライラしているのが伝わるといった具合になるかな。


ワタクシ :具体的には、どのように「協力」を得る方法を理解すればいいでしょう?

内なる声 :それを考えて欲しいのだが、どうすればあなたは満足する?ご主人が「協力する」と言ったとして、あなたは何をお願いする?「協力をしない」ならば、あなたはご主人にどのように接する?「協力を得られた」という満足感を得るためのあなたの考えをまとめてみて欲しい。
あのね、あなたが信じていればいいのだと本気で思うなら、「飲みに行く」と言われたら、「わかった。信じているからね。」と言いなさい。あなたの気持がおさまるまで「信じられない」と思うなら、「信じられないので、信じていいよと言って欲しい」と言いなさい。どちらも言えないと思うなら、その理由を考えてみて、もう一度質問してみて欲しい。
このまま何もしないで、「いい気分になれる方法」を見つけたいのなら、そうしない理由を書いて、もう一度質問できるようにまとめてみて欲しい。話しはそれからにしよう。


ワタクシ :わかりました。ではこの回答で解決できないところがわかれば、いつでも再質問してください。それでよろしいでしょうか?

内なる声 :根本的な問題を解決するという時期がやってきているからこそ、人は「困ったこと」に出逢う。そうすると、過去の知識や方法によっては解決できない問題であるがゆえに、解決法を見出すことを、困難とする。
しかし、あなたが望んでいることは、そのようにして現れ、あなたの「困ったこと」を解決する方法を理解するための成長を必要とした結果を生み出す。
つまり、「困ったこと」は、「困らなくなりたい」というあなたの望みを反映して、解決されるべく待っている。わかったかな?


ワタクシ :はい。ほかにありますか?

内なる声 :また来週。

ワタクシ :また来週(⌒▽⌒)ノ





posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 16:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 「内なる声」からの回答

2010年07月29日

「内なる声」からの回答その27

ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」からの回答です。

ワタクシ:お願いします。

内なる声:うん。じゃあいくよ。


<質問>
ユキさん、内なる天使さんこんにちは。いつもブログ、メルマガを楽しみながら読ませて頂いています。内なる天使さんにお聞きしたくてコメントさせていただきます。一年くらい前から、私もホ・オポノポノを実践しています。お聞きしたいのですが、ホ・オポノポノを実践している時、目に見えない内なる世界は、ユキさんの内なる天使さんから見てどのように変化しているのですか? ホ・オポノポノを実践するにあたってユキさんの内なる天使さんから何かアドバイスを頂けたら嬉しいです。
以前、ハイヤーセルフのメッセージを頂いて、今はとても内なる存在が身近に感じられるようになり、ユキさんと、ユキさんの天使さんに心から感謝します!ホ・オポノポノを実践するにあたって、内なる天使さんから何かアドバイスを頂けたら嬉しいです。
nenne 07/12 12:04



ワタクシ:現在、メルマガ の下段で、「ホ・オポノポノ備忘録」をまとめています。
私もぜひお聞きしたいです。ホ・オポノポノを実践している時、目に見えない内なる世界は、あなたから見て、どのように変化しているのですか?

内なる声:変化の仕方が知りたいの?

ワタクシ:え?変化の仕方?

内なる声:ホ・オポノポノが実践されている時の変化の仕方を知りたいの?

ワタクシ:えーと…はい。

内なる声:変化しない。何も変化していない。

ワタクシ:えーと、…まず、ホ・オポノポノが実践されていない時、つまり「問題」についての「情報(記憶)」を分析している時の状態は、どう見えますか?

内なる声:どう「見える」?どう「見える」という表現にしないでいれば、あなたの質問に答えることを可能とする。「問題」について考えている時に起こることを理解する。つまり、「問題」を複雑にする「思考」についてとらわれていることにより、どういう展開に落ち着くのかわからずにいる未来の道に分かれ目の兆しをみる。そのことを考えているうちに、悪い方向に進もうとするあなたの状況を理解するので、止めようとする。

ワタクシ:「問題」について「思考」することにより、未来の結果は変わるのですか?

内なる声:どう考え、動くかにより変化している。

ワタクシ:「悪い方向に進もうとするあなたの状況を理解するので、止めようとする」とは、どのように止めるのですか?

内なる声:ホ・オポノポノの話ではないの?

ワタクシ:話がそれてますか?よくわからないんです。

内なる声:止めようとするのは、止めれるよう話そうとしているだけ。あなたについてのことではなく、彼女の知りたいのが何であるのかをもう一度考えてみて。

ワタクシ:ホ・オポノポノを実践すれば、目に見えない内なる世界に変化がもたらされ、状況を改善できるという考えのもとに、あなたがその様子をどのようにとらえているのか、ということが知りたいのだと思うのですが…

内なる声:で、何がわからない?

ワタクシ:さきほど、「変化しない。」とおっしゃったので、なぜかがわかりません。

内なる声:変化するのがなぜだと言ったのか、わかった?

ワタクシ:え?えー…、「どう考え、動くかにより変化している。」と言われましたよね。

内なる声:変化しないので、邪魔にならない。つまり、良い方向に流れるのを止めない。わかった?

ワタクシ:はい。はい。わかります。
つまり、もともと良い方向に流れているものを止めているのが我々の「思考」なので、ホ・オポノポノを実践することでその害をとり除くことにより、「変化しないでスムーズに良い方向へ向かう」ということですか?

内なる声:害をとり除くのでなく、抵抗するのをやめるというのがいい。まず、あなたの「思考」の流れが良くないと気づくなら、考えないようにすることで、その「思考」を流せる。つまり、余計に分析される「思考」による無駄を省けるということ。

ワタクシ:はい。

内なる声:ホ・オポノポノがどうというものを語るのでないが、その「思考」についての反応を避けるツールを用いることにより、あなたの考えをスムーズな流れに導くよう、変化をもたらす。

ワタクシ:変化するのは、「状況」ではなく、「思考」ということですよね。

内なる声:「思考」に変化を起こすと、状況を悪いものにする力を好転させられる。

ワタクシ:はい。その「好転の様子」が見えますか?

内なる声:「好転の様子」が見えない。好転の様子に見える状況をよろこび、経験しているのが見える。

ワタクシ:「未来の様子」は見えないということですか?

内なる声:そうだな。「見える」という表現にするなら、「見える」のが「未来」というのが正しい表現でない。「未来」についての変化の話をしているのでしょ?

ワタクシ:はい。その「変化の様子」が見えるのかという質問だと思ったのですが…

内なる声:だから、変化しない。大丈夫。

ワタクシ:つまり、「思考」についての反応を避けるツールを用いていれば変化しないけれど、用いてなければ変化するということですよね。

内なる声:違う。変化するのを楽しむ必要のあることを「思考」すれば、その変化を楽しめて、変化する必要のないことを考えていれば、その変化をとめれないと苦しむのでしょ?だから、考えたくない「問題」や、理解できないことについての答えを分析する代わりに、流れにさからわないツールを用いるというように考えてみて欲しい。

ワタクシ:なるほど。叶えたいことを考える「思考」をおこなっている時、「変化の様子」は見えるのでしょうか?

内なる声:「変化の様子」を「見て」はいない。変化するのが「わかる」。ちゃんと叶っていくよ。

ワタクシ:いまおっしゃったことはホ・オポノポノの説明で話されていることと同じですよね。つまり、「問題解決のツールだ」ということ。「私たちが邪魔しなければ、光が通る」ということ。私たちは、それほど「思考」による邪魔をしているということに尽きるのでしょうか。

内なる声:尽きないのでは?ほとんどのことがうまくいっているのに、「うまくいってない」ことをなんとかしようと奮闘するほんの少しのことについての邪魔をやめたらいいのでは?

ワタクシ:それをやめるために、ホ・オポノポノを実践するのがいいのでしょうか?

内なる声:それでいいのならそうすればいい。それでも解決できないなら、できるように考えを変える必要をもっている。

ワタクシ:「考えないようにする」か、「考えを変える必要をもっている」のかを理解すればよいのでしょうか?

内なる声:理解できないので困っているのだから、「考えない」ことを選ぶのでしょ?それを続けるのに苦しみをともなう時、「考える」必要をもっている。「わからないことを分析する」ことと、「わかるように変化と理解を求める」のとが対極にあり、「わかるようになりたい」と思うことが「希望を見つめる」というもの。まぁ、何にせよあなたがやりたいことをやりなさい。

ワタクシ:テーマが複雑なので、まとめるのが難しいですね…

内なる声:まとめなくていいので、わからない者に質問すればいいと話せばどう?

ワタクシ:そうですね…回答の内容について、もっと知りたいことがある方は、コメント欄よりご質問くださいね。
あと、「ホ・オポノポノを実践するにあたって、内なる天使さんから何かアドバイスを頂けたら嬉しいです。 」とのことですが?

内なる声:「邪魔しないようにしよう」とするのでなく、「良い流れを感じよう」と思っていればよい。すべて、その気持ちを理解することにつながっている。わかるかな?

ワタクシ:はい。他にありますでしょうか?

内なる声:来週の質問がないようなので、対話に戻る。また来週。

ワタクシ:はい。また来週。(⌒▽⌒)ノ




posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 「内なる声」からの回答

2010年08月06日

「内なる声」からの回答その28

ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」からの回答です。


ワタクシ:よろしいでしょうか?

内なる声:いいよ。

ワタクシ:では、まいりましょう


<質問>
ユキさん内なる声さんはじめまして。度々このサイトに訪れてはいつもいい気分になれる事を参考にさせていただいてます。素敵なサイト様に出会えた事を感謝します☆今回初めて質問させて頂きます。
私には夢があります。夢を実現してる自分を想像してみてはいるんですけど不安になってしまう自分が時々出てきてしまいます。それでもとにかく今やっている事を信じるんだと前向きに進んでいるつもりなのですが、いつもふとした瞬間に不安がよぎったりします。良い結果が出ない事に焦りも感じ、他人と自分を比べて落ち込んでしまったり、もうイイ歳なので遅いんじゃないかと思ってしまったり、何か気づいてない事があるんじゃないのかと思ったり、どうやったら気づけるのだろうと悩んでしまったりこの先もずっと大切な事に気づかないまま進んで後から気づいて後悔するのかもしれないと不安になったり、努力の仕方がわからなくなってしまったり、そもそも努力なんて全然してないのかもしれないと思ってしまったり今できる事をやっていても上達していけるのか今やっている方法で本当に技術を身につけていけるのかと不安になったりもします。
昔から自分に自信がないのでいつも自分には無理なんじゃないかと思ってしまっている自分がどこかにいて消えません。こんなに不安になってしまうのは本当は心の底から自分の夢を実現したいと願ってないんじゃないかと疑ってしまっている自分もいます。やっぱりこんな不安な事を考えてしまっていては良くない結果が跳ね返ってくるのでしょうか?ぐだぐだ考えないで今は出来る事をやるんだとわかってはいてもすぐに立ち止まったりしてしまう事が多いです...。
自分に甘すぎるこんな自分をどうやって変えていけばいいのかと...。あまり深く悩まずネガティブな自分からポジティブにすぐに切り替えられる事は出来るのですが自分を信じるという事が難しいです...。難しいと思ってしまっていてはダメだとわかっているのですがただ自分を信じると思い込み続けていったほうが良いのでしょうか?何か大切な事に気づくために自分に出来ることとは何でしょうか?今のこんな自分でこのまま進み続けてしまっていいのかわかりません。ちぐはぐな質問で読みずらい文になっていたら本当にすみません。どうぞ宜しくお願いします。
renri 07/30 14:07



ワタクシ:この質問にお答え下さい。

内なる声:うん。まずはあなたの意見として、感じていることを伝えてみるのはどう?

ワタクシ:私ですか?「どう?」ってそんな…えぇと、感じていることですよね…
「私もそうだよ」とか、「きっと、みんなそうだよ」ということですかね…。それから、「どんなにすごい人でも、きっとそうだったんだよ」とか、「簡単そうにできてるように見える人でも、たぶんそう見えるだけだよ」とか。
あと、「いかにそのメンタルの部分を調整できるか」ということは、誰もがテーマにしていることであって、自分が特別弱い・自信がないと考える必要はないし、だからこそ「内なる声」の回答に多くのヒントを得て、理解を深めていただきたいと感じています。それから、「難しいと思ってしまっていてはダメ」とありますが、きっと、ダメじゃない。難しいし、不安になるし、わからない。
そう思ってしまう時、どうするのが良いのでしょう?

内なる声:そうだな。まぁ、いまあなたの話したことを理解するのなら、「そうなればいけない」と考えず、「そうなるのを当然」と考えることを一つの通過点として、あなたのわからない答えをその先に求めることを、「その先に答えのないものを求めてる」と知るようなことかな。
安心と気持ちの安定を、永遠に求めていくのではない。あなたの気持ちをいかにして不安から遠ざけることを選択すればよいかを、あなたなりに追求していく。その過程を必要として「うまくいかないこと」が起こると考えていく。
いろいろ考えているうちに、あなたの気持ちの中で細かくしている部分を、もっと大きくとらえている方を選択しようとするのを理解する。


ワタクシ:「細かくしている部分を、もっと大きくとらえている方を選択しようとする」というのは、どうすることなのでしょう?

内なる声:気持ちに不安を感じれば、考えを細かくしていっている自分を理解できる。すべての悪い習慣とするものの正体をそこに見出し、考えについて大きいものをとらえようとして欲しい。

ワタクシ:「大きいもの」とは、どういったものでしょう?

内なる声:たとえば、あなたが不安になる時、「こうなるのを防ぎたい」とする状況の例を具体的に挙げている自分を発見できる。どうしてその一例を見出したの?と考えてみると、根拠のないことを勝手に考え、そうなることを確定しているようであるとわかる。ばかばかしい。もしその一例について、自分に探りあてれる能カをもってそこにいるのなら、何も苦労するまいと。「こうなるまい」とする一念を言い当てられている確率たるや、夢を叶えている自分の姿を理解するところにいると考えるにも等しい。あなたの思う一例の姿とは、まさに夢を叶えた一例の状況を理解するように難しいというように考えなさい。

ワタクシ:それは、どちらも難しいということなのでしょうか?

内なる声:夢を叶える時の状況を、一部始終理解できるものならしてみるがいい。この状況を理解できてたと思える節をもって対応していたかと考えれば、まさかと思うようなよろこびをもって夢の実現を可能とする。「何かわからぬ理解について考えている」ことを前提にすると、その夢を叶いやすくすると言えよう。あなたの考えをもってその不安を考え、細かい状況を現実とするのは、具体的に夢の叶い方を知ってるに等しい。どちらも不可能。

ワタクシ:それは、言われてみれば、確かにどちらも不可能なのだとわかりますが、「夢を叶える具体的な状況」を考える必要がないとすれば、どう考えていればよいのでしょう?

内なる声:「夢を叶えたい」と思うことなく、やりたいことをやっていればよい。「こうしたい」と思えることを可能にすべく動く。

ワタクシ:「こうしたい」と思えることと、「夢を叶える具体的な状況」は異なるのでしょうか?

内なる声:「こうしたい」ことと、「こうなるのが望ましい」こととは違う。いまの状況との距離と、あなたの信じる可能性を強くする方法を異なるものとする。あなたが漠然と描く「こうなるのが望ましい」とする夢が、あまりに遠いから、見えなくなる。「いまの状況の何を変化させたいか」と考えるのを軸として動くこと。

ワタクシ:なるほど。しかし「どちらも不可能」であるわりに、私たちは「不安な一例の状況が現実となる」と信じる方が、簡単であるように思えます。それはなぜでしょう?

内なる声:不安になることに根拠をもっていると考えているから。何をもってそれが根拠となっているかと考えると、夢を叶えた人間を例として根拠にしていないものと気づく。「こうなる可能性」というものを信じるなら、同じ確率をもって良くなる可能性をそこにもっていると信じていない。

ワタクシ:そうですね。しかし、「成功率」を50%と考えるのが、高いと思うのは当然のような気がします。それについてはいかがでしょう?

内なる声:「成功率」ではない。「あなたの望ましいところに行ける可能性」を50%とすれば、あなたの考えをどちらへと振り向けるのかという話となる。「望ましいところ」というものの距離を考え、それを理解すれば、50%という数字にこだわることもなく、あなたがどうしたいかということの積み重ねとわかる。

ワタクシ:うーん…具体的にはどうするのが良いのでしょう。

内なる声:まず、「夢を叶える」と考えるのをやめ、具体的にどう「変化」したいかを決めなさい。決まったら、「こうしたい」と思えるところに向かおうとすることを考える。「どうすれば変化できる?」と考え、ひたすらやるべきことをやってみて、変わらないなら言ってみなさい。何をもって「変わらない」と考えているのか教えよう。

ワタクシ:しかしこの方は、「今できる事をやっているが、良い結果が出ない事に焦りを感じる」とおっしゃっているようです。「何か大切な事に気づくために自分に出来ることとは何でしょうか?」と質問されていますが、いかがでしょう?

内なる声:「今できることをしている」?「夢の実現」のため?「上達をする」ため?それとも、「年齢に不安を感じない」ため?「いつか叶う夢のための一歩を踏み出す」ため?
そう考えるのをやめ、「いま、楽しい」と思えることを理解し、いま自分の中でその切り替えの為、必要とする「変化」の内容を具体的に考え、その「変化」への対応を考えるよう、すすめている。


ワタクシ:はい。その「変化」の内容が理解できないのではないのでしょうか?

内なる声:「変化」の内容を理解できるかどうか、きいてみるべき。あなたの「変化」させたい部分を見つけられないのか、「変化」する意味を見つけられないのか、それとも、「変化」させるよりも「夢の実現を優先すべき」と考えているのか、あなたの心にきいてみなさい。

ワタクシ:「望ましい」と考える対象との距離が遠すぎたということでしょうか?それよりも、「現在のどこを変化させたいか」ということを考えはじめる、という理解でよろしいでしょうか?

内なる声:「現在のどこを変化させたいか」の積み重ねが「夢の実現」であるならば、あなたがいきなり「夢の実現に飛ぶ方法」を考えていることを理解する。わかったかな?

ワタクシ:はい。「自分を信じる」ということについては、いかがでしょう。

内なる声:「自分を信じる」のでなく、「良くなる」という、ものの道理を信じる。あなたのことではなく、あなたを導く者の光を信じる。「悪くなる世界」を信じるのでなく、「良くなる世界」について理解する。どこにいても、またさらに夢を叶えたいとする自分を理解し、はじめの「変化」を期待する。いいかな?

ワタクシ:はい。しかし、「自分を信じる」必要はないとおっしゃっているのでしょうか?

内なる声:悪い状況でなく、良い状況を理解しはじめようとするならば、自分のその理解を正しいものと信じることは可能になる。

ワタクシ:わかりました。他にありますか?

内なる声:いや、わからないならまた質問して欲しい。それでは。

ワタクシ:そうですね。来週は、メルマガとブログのお休みをいただきます。
個人サポートは続行しております。
ブログでの回答をご希望の方は、コメント欄より質問をお願いします。
それでは。(⌒▽⌒)ノ




posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 23:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 「内なる声」からの回答

2010年09月02日

「内なる声」からの回答その29

ユキです( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」からの回答です。


ワタクシ :よろしいでしょうか?

内なる声 :いいよ


<質問>
こんにちは。はじめまして。 最近こちらのブログを知り、拝見させていただいています。
早速ですが、親友の愛猫が、家のリフォームの際に、大工さんや大きな音に驚いて逃げ出してしまい、戻ってこないようです。 辛い野良時代を経てやっと慣れてくれて、最近は穏やかな日々を一緒に過ごしていただけに、不憫でなりません。 知らない人間には決して慣れないみたいだし病気持ちなので、外で暮らして行けるはずもありません。 離れているので応援にも行けず、心配しています。
私が出来ることは何かないでしょうか。 その猫はもう戻ってくることができないのでしょうか。 もしご回答いただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
chimama 08/26 12:33



ワタクシ :この質問にお答え下さい。

内なる声 :そうだな。質問に答えるというより、あなたができることをしたいというのなら、するのがいいと思うけど、問題がどこにあるのかということをわかっていないようなので、それについて話しをしよう。
猫がどこに行ったのかということを、理解できないのであるならば、あなたができるのが、友人の気持ちをいたわるということだけになるよね。しかし、あなたの考えるに、「猫がどこに行ったのか」を含むので、「猫が見つかれば解決する」と考えている。
猫がみつかるための方法を理解できないのなら、たとえ応援に行けたとして、「見つからなければ解決しない」になってしまう。
考えてほしいのだけど、あなたの考えの中、「猫が見つかるかどうか」をなくせば、何ができると思っている?たとえ、「猫が見つからない」という事実をずっともっていたとして、あなたにできることが何であるかを知りたいと思う?どうかな?


ワタクシ :どういうことでしょう?何を考えてみればよいのでしょう?

内なる声 :考えなくてもいいのかもしれないのだと、考えてほしい。なぜなら、あなたが何かをしても、それについての現実を変化させることを、可能としていない。すでに述べたようなことを話すのであれば、友人をいたわると考え、あなたができることを猫にもっていくのをやめればいい。見つかるかどうかわからないけれど、友人について良い結果を生むことを願ってそこにいると知らせるのが、あなたのできること。
それからもう一つ。あなたにとって、その猫が「逃げる」という表現をしているが、本人にとって、「逃げている」という意識もない。逃げているのではない。そこから出た、と感じている。それから、あなたが心配するようなことを、必要としない。本人が望んでいるのは、常に、本人の意思でいようとすること。そのことを考えて、あなたの目線からの「幸せが失われる」という考えを、本人の目線と異なっていることに注目してほしい。
本人にとっての幸せが、猫なりに「幸せだった」と感じるかどうかを、理解できる?なら、その理解をするのがどうして可能と考えている?
「可能なこと」を考えるにあたり、あなたは気づく。「何もわからない」と。何が幸せで、何をつらいとしているのか、決めるのはあなたでも、本人の飼い主でもない。


ワタクシ :「本人」というのは、その猫のことですよね。

内なる声 :「本猫」がよかった?まあ、そんなこともあるのでは?今になってまるで、飼い猫を失うようにいわれても、「本猫」にとって何を言ってるのかわからないのだよ。だってそれを、普通と考えている。そこにいる自分について、「かわいそう」などと考えていないもの。あなたのように。

ワタクシ :飼い主にとっては、とてもそんなふうに考えられないですよね。「戻りたいのに、戻れない」のだとしたら、気が気でないし、大工さんや大きな音に驚くようなことがなければ、まだそこにいたはずと考えますよね。それについては、いかがでしょう?

内なる声 :「戻りたいのに、戻れない」のだとしたら、「戻りたい」という意思をもって、戻ることもある。しかし、どちらにせよ、あなたが思うような「幸せ」のあり方ではない。
「そこにいるからこそ幸せ」という考えでいるのをあなたとするならば、そのように考えて生きてるのでないからこそ、出ていくという意思もあると知ってほしい。
「幸せでいられる方法を知らない」のではない。「幸せを、決めるのが自分である」と、常に知っているのが猫である。わかる?


ワタクシ :はい。猫がそういう生き物であるということは、よくわかります。

内なる声 :ならばもう、できることをするだけで、「戻りたいなら、戻る」という、猫の意思に従わせるということを、考えておきなさい。

ワタクシ :そうするしかないのはわかりますが、とてもつらく、難しいのだと思います。

内なる声 :そうだね。まあ、あなたの考えられることをいくら考えて心配しようが、何もわからないのでしょう?猫の「幸せ」も、飼い主の「幸せ」についても。わかっているのが何というのなら、あなたの思うところによって、きっと飼い主と過ごした時間について、あなたの想像どおり、猫も飼い主も良い時間を過ごしていたのだよ。それで、現在の飼い主の気持ちとしては、つらい。猫の気持ちは、わからないのでは?

ワタクシ :つらくないでしょうか?

内なる声 :「つらい」という気持ちをもって、明け暮れてない。

ワタクシ :では、「つらい」のも、そのことを考えているのも飼い主だけなのでしょうか。本当に?

内なる声 :「つらい」のでも、「幸せでなかった」のでもない。「そこからどうするのか」を考え、生きようとする。

ワタクシ :たとえば、ずっと、飼い猫だった場合は?どう考えても困るだろうし、生きれないですよね。

内なる声 :あのね、生きれるかどうかではなく、「困ったなら、どうするのか」と考えるのだよ。怖くてじっとして動かずにいても、仕方ないと知ると動くのが猫。そのままじっとして死んでいる猫を見たことがないだろう。
困っても、つらくても、そこでどうするのかを考え、動く。あなたのような考えをもって動くのでなく、より良い結果に出会えるようなことを求めて動く。それを、「もとの飼い主を探すことでないのか」ということだけに限定しているのが誰か、というものの考えを、猫に学ぶ必要をもってそこにある。あなたの考えと、猫の考えを比較し、どちらを見習うべきものか、知って欲しい。


ワタクシ :そう言われると…猫ってすごいです。まさに、お手本にするべき動物かも。でも、飼い主はやっぱり、戻ってくることを考えて欲しいですよね…。うーん…
一つだけ確認したいのですが、動物が「逃げる」「出て行く」ということは、起こるべくして起こるのでしょうか。つまり、飼い主がどんなに気をつけていても?

内なる声 :「起こらないことが、起こった」というように考えるのが人間の特徴と考えてほしい。猫に聞いてみたい?「気をつけていたら、逃げなかった?」
「何を言ってるのか、わからない」と言うだろう。
「出たくないものを、出したのがあなたでない限り、それが本人の意思」と思えないのが、人間の「コントロールできるもの」と考える、あさはかなものであると知る。何をもコントロールできないものを、猫ならコントロールできるとでも?


ワタクシ :そう言われるほど、私は納得できます…。「出したくない」のは、飼い主なのですね…。もちろん、その方が猫も幸せと信じて。

内なる声 :猫が「幸せ」を求めるものと知るのなら、野良猫であった時にも、飼い猫になった時にも、それを終わりにせずに、「幸せ」を求めると知りなさい。だから、考えるべきことを、「あなたの幸せ」からずらしてしまうのを、やめなさい。

ワタクシ :わかりました。でも、見つかるといいですね。何か、飼い主さんに言えることは、ありますか?

内なる声 :あなたの愛について、猫に祈りを送りなさい。「心配」を送るのを、やめてあげなさい。愛を送り、幸せを得るのだと、信じてあげなさい。

ワタクシ :他にありますか?

内なる声 :ではまたね。

ワタクシ :はい。内なる声へのご質問は、コメント欄よりお願いいたします。
では、また来週お会いしましょう。




posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 「内なる声」からの回答

2010年09月10日

「内なる声」からの回答その30

ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

「内なる声」からの回答です。


ワタクシ :よろしいでしょうか?

内なる声 :いいよ。


<質問>
ユキさん、内なる声さま、はじめまして。 過去ログにさかのぼり、とても興味深く拝見しました。
さて、私の「したいこと」の1つは外国語の学習です。 時には勉強が面倒ですが、毎日、少しでも続けたいと思って壁に例文を張ったり、通勤中に耳から聞いたりしています。
しかし、家族は私が勉強しているのが気に入らないらしく、 私が勉強していると、「止めろ」といいます。邪魔されると、 急に「本当に勉強したい」と思い、邪魔されないと「今日は さぼってもいいかな」という気分になります。あまのじゃくですね。
でも心の底では、「勉強すれば、必ず新しい人生と視界が開ける」 とわかっているので、地道に続けようと思っています。 語学では、基礎の勉強は余り楽しくありませんが、実際に外国に行って話すと楽しいです。でも、このサイトを読んでいるうちに、目的よりも、その過程を楽しむことが重要だと見えてきました。「ゴールを目指して、つらい山道を重荷を背負って頑張る」方式よりも、 マラソンのQちゃんのように「走っているだけで楽しいんです!」というほうが魂にかなった鍛錬方法なんでしょうか?「ゴールが魅力的だけど、 途中経過が苦しそうな道」をもっと楽しむ方法があったら、ぜひご指導いただけないでしょうか。
izoo 08/30 01:41



ワタクシ :この質問にお答え下さい。

内なる声 :そうだな。まず、なぜそんなに反対されているのかな?あなたにとって、よくないと思われている何かがあるのかもしれないと考えてみたとき、それが何であるか、というところにヒントがあるかもしれないと考えてみることが一つ。
それから、あなたの考えの中、「したいこと」に矛盾があるのではないかと、考えてみるのが一つ。
その二つを考えてみて、何を言おうとしているのかわからないのであれば、あなたが「それをしたいのであるのに、楽しくできていない」と言っているということを自覚してほしい。それを自覚してからでないと、話は進まない。


ワタクシ :そうですね。「なぜ反対されているか」ということと、「したいこと」に矛盾があるのではないか、ということについては、私にはわからないことですが、「邪魔される中おこなっている」ということと、「語学では、基礎の勉強は余り楽しくありませんが」ということが書かれていることにより、「それをしたいのであるのに、楽しくできていない」という気持ちがあるのではないか、ということはわかります。
「ゴールが魅力的だけど、 途中経過が苦しそうな道」をもっと楽しむ方法があったら、ぜひご指導 いただけないでしょうか、ということですが、いかがでしょう?

内なる声 :「途中経過が苦しそうな道」というのが何を指しているのかというと、「ゴールを楽しいもの」と考え、「途中経過は楽しめないもの」だと考えているという、一つの矛盾した考えを述べているだけのことであるとわかるだろう。ゴールは楽しいものであるのかどうか、なぜわかるの?

ワタクシ :え?えー…この場合ですと、「実際に外国に行って話すと楽しい」ということが、わかっているからだと思います。「ゴールを楽しいもの」と考え、「途中経過は楽しめないもの」だと考えているのは、「矛盾した考え」なのですか?

内なる声 :ゴールを楽しむために、あなたのやりたいことを犠牲にしていたり、あなたの考えを曲げていたりしているのが、途中経過を楽しめない原因であると思って欲しい。あなたがすることに、あなたの考えの中、矛盾がないのなら、そのような心境にはならない。つまり、楽しんでゴールに向かう。

ワタクシ :うーん…つまり、どういうことでしょう…どうすればいいのでしょう。

内なる声 :「ゴールに向かう」というのを、まず何としているのかということを、考えてみて欲しい。あなたが理解できている「ゴールの楽しみ」というのは、何か?
それを理解しているのであるのなら、その楽しみを味わうことなく、過程を経て、そこにたどり着くことなどできない。その過程の積み重ねがゴールへと導くのであって、苦しい道を進んで、ついに楽しいのでない。それに、ゴールというものをどう考えているのかというところに矛盾をもっている。ゴールに着いたら、あなたの考えによれば、目的達成することを終え、おそらく楽しみとよろこびをもってそこにいるとすることを続けられない。なぜなら、「ゴールをもって達成した」ことに、よろこびを感じておらず、苦しんだ記憶をもち、「ゴールに思っていたようなものがない」といった気持ちを味わうことも多いため。なぜそうなるのかというと、「ゴールをおあずけ」にしているので、そうなるのだよ。わかってきた?


ワタクシ :「ゴールをおあずけ」にするのでなく、どうするのがよいのでしょうか。

内なる声 :つまり、何を感じていたいのか、ということを中心に考えているのなら、ゴールもその過程にも、同じ気持ちを味わっているのだということ。
マラソンの話がでているのはいいことなので説明してみると、「走って苦しんで、ゴールに着いた時、その順位を気に入らない」、と考えるのがあなたかもしれない、と考えてみよう。あなたが何をどうしたいのか、というところを考えてみて欲しい。


ワタクシ :「走っているだけで楽しいんです!」というほうが魂にかなった鍛錬方法なんでしょうか?とおっしゃっています。
しかし、「ゴールが魅力的だけど、 途中経過が苦しそうな道」をもっと楽しむ方法があったら知りたいのだと…そうか。やはり、あなたの言うように、「楽しくできていない」と言っているのですね。ならば、「苦しそうな道」を、「楽しむ方法」を考えるのではなく、「ゴールも、途中経過も、ゴールの後も、ずっと楽しんでいける方法」を考えればよいということでしょうか?

内なる声 :そんな方法、あると思う?

ワタクシ :はい。「おあずけのゴール」をつくらず、「いま、楽しいと思うこと」をすることです。あなたがいつもおっしゃっていることなので。

内なる声 :なるほど。では、この場合、何をどう変化させるのがよいのだと思う?

ワタクシ :うーん…えーとえーと…
「基礎の勉強」をするのをやめて、外国に行ってしまうとか。もういきなりゴール。夢の達成と実践です。そのための資金を貯めつつ、勉強の仕方を変える!「あまり楽しくない基礎の勉強」を苦しんでおこなうのをやめて、実際に外国に行かないまでも、外国人と会話して覚える!外国人の友達をつくったり、出会える場を増やす!行きたい外国に関連した仕事ができるように考える!そして実践感覚で自信をつけて、いつの間にやら目標達成!
…なんて、この方のいまの状況も、「目指しているゴール」が何かもよくわからなかったので、勝手なことを言いました。スミマセン。
でも、たとえば外国の方が、日本に来て話をしたり、視界を開けたいからといって、「日本語の基礎」を苦しんで勉強しているところを想像すると、日本人として、あまりおすすめできないことをしてると思うだろうな…と考えたりしたのです。

内なる声 :そう。ではあなたが思うに、この者がそのような発想の転換をすることにより、何かを見つけられると考えているのだね。

ワタクシ :わからないですが、これまでのあなたの教えを聞いてきて、「途中経過が苦しそうな道を、もっと楽しむ方法を考える」という質問に対し、「苦しいのであるのに、楽しむの?おかしなことを言っている。」と言われてきたのを知ってるので、やはりその「途中経過」の考え自体を変えるのがいいのかなと思います。

内なる声 :なかなか、よいところにたどり着いている。だから、否定をせず、一つつけ加えておこう。
「したいこと」を考え、途中経過を「苦しいもの」と考える時、その「苦しみ」を「楽しみ」に変えることを考えていくのでなく、まずはその「苦しみ」を必要としているのかどうかを考え、必要であると思うのなら、あなたが最も楽しんでおこなえそうな方法をとることを考えていくこと。
「苦しみの末によろこびをもつ」という考えを、おすすめできない理由に、あなたがその「苦しみ」にこだわっているのであるのなら、意味のないことと気づいて欲しいため。「苦しみ」にこだわるのではなく、「その先のよろこび」にこだわっていないのであるのなら、方法を変えてみること。
たとえば、あなたが考えていることの根本を変えてみなさい。「私がこだわっているのが、私の本当に目指したいところでないから、苦しいと感じているのかもしれない」と考えるのも必要。「私が目指すところに行くための道が、これであるのだとは限らない」と考えてみるのも必要。
「こうするしかない」と考え、その「苦しみ」を「楽しみ」に変える方法を考えていくのでなく、「どうしてもよい。とにかく、たどり着けるのなら」と考えてみるのが、発想を変える、ということなのだよ。


ワタクシ :わかりました。他にありますか?

内なる声 :さて、これで納得のいかない時には、再質問してみて欲しい。ではまた来週。

ワタクシ :はい。質問・再質問は、コメント欄よりお願い致します。
それでは、また来週 (⌒▽⌒)ノ





posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 「内なる声」からの回答

    にほんブログ村 漫画ブログへクリック投票してね。

    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    仕事のこと・人間関係のことについてお悩みのあなたには、
   スピリチュアルカウンセリング・メッセージ』がおすすめ。
   人生を変える対話は、どなたにも無料でお試しいただけます。





過去ログを見る
2018年07月(3)
2018年06月(3)
2018年05月(4)
2018年04月(4)
2018年03月(3)
2018年02月(2)
2018年01月(2)
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(3)
2010年01月(5)
2009年12月(2)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)
2009年05月(4)
2009年04月(1)
2009年02月(1)