「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

   仕事のこと・人間関係のことについてお悩みのあなたへ
   『スピリチュアルカウンセリング・メッセージ』はこちら


2017年08月05日

いよいよです!


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、いろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :メルマガで、8月の中旬から「対面による対話」を開始すると発表したのですが、ちょうどお盆休みですし、5日間ぐらい一気に募集してはどうかと思ってるのです。
φ( ´ ▽ ` )

内なる声 :そうなの?もう準備はできているの?

ワタシ :ホームページの修正は、まだ完全にはできてないのですが、お盆休みに開始するのであれば、早く募集しないともう間に合わなくなると思って・・・
『対話の心得』テキストをお持ちでない方には、先に送って読んでいただく時間が必要じゃないですか。

内なる声 :そうだね。一応読んで欲しいよね。

ワタシ :そうするとですね、テキストを送って、それが届いてから予約をしていただく間に、予約が埋まっている可能性もありますし、どうするのがいいかのなーと悩んでいるのですよ。
(/・_・\)

内なる声 :どうするというのは、予約をどのようにしてもらうかということ?

ワタシ :そうです。「メールと電話による対話」では、まずメールによる対話をお申込みいただいて、『対話の心得』テキストをお送りするじゃないですか。
その後、「電話による対話」にステップアップしていただくルールですので問題はなかったのですが、「対面による対話」では、ご予約を先にしていただかないと、埋まってしまう可能性もありますよね。

・・・ん?( ̄^ ̄)

・・・そうか・・・、先にご予約を取っていただいて、ご入金後、テキストをお送りすればいいだけなのかな・・・?

内なる声 :そうだね。「電話による対話」と違って、初めての人はテキストを読んでから対話ができるように、先に予約を取ってもらえばいいよね。

ワタシ :そうすると、テキストを早く送らないと間に合わないときには、速達でお送りしたり、テキストをすでにお持ちの方は、すぐにでもお越しいただり・・・と判断することができるようになりますよね。
そうかそうか、、、それで解決したのかな。
「対面による対話」は、他のと順番が全然違ってくるものだったのですね。。。

内なる声 :それで、もう募集することは決定したの?

ワタシ :はい。あなたさえよろしければ、8月のお盆休みの募集をかけたいと思います。
11日(金)から15日(火)まで、帰省する方や旅行に来る方もいらっしゃるかもしれないですし、1日1人から2人程度の募集をかけて、そこから「対面による対話」を開始したいと思います。
s(・`ヘ´・;)ゞ

内なる声 :そう。では、そうすることにしよう。
実際に何人来るかはともかく、5日間の募集を開始するということだろう?
それは、いつから募集するの?


ワタシ :本日から開始します!
メルマガでも、募集する予定です。

どうなるかはわかりませんが、まずはやってみます。
(`0´)ノ オウ!


・・・というワケで・・・

来る8月11日(金)から、5日間に渡って、対面による対話の受付を開始致します!

その後は、土日祝日を主なスケジュールとして予定しています。

場所は、兵庫県「三ノ宮」駅から電車で20分程度の、海の見えるサロンを予定しています。
詳細は、お申込みの方にメールでお知らせ致します。

1日、1名から2名程度で募集を締め切りますので、お申込みをお考えの方はこの機会にお急ぎください。


あなたとお会いできる日を、楽しみにしています。
(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2017年07月13日

気軽にお話できるコース


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、いろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :新しく開始する「対面による対話」についてですが、前回のブログで、「電話による対話」と異なる点をいろいろ説明することになるというふうにおっしゃっていましたよね。
いま、「対面による対話」のルールの説明ページをつくっているのですが、「電話による対話」とは異なる部分について、教えてください。
φ(´・ω・`)

内なる声 :電話は見えないが、対面では見える。
それは、わかる?


ワタシ :見えるというのは、私とご相談者の方の話ですよね。
あなたは、どちらにせよ見えないわけですし・・・
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :見えるというのは、あなたのことだよ。
あなたの中に、私が見えるだろう?


ワタシ :うーん・・・まあ、そうかもしれないですね。
「対面による対話」に来ていただくと、「本当に、通訳しているんだなぁ」とわかる姿は、見えますよねきっと。。。
φ(・ω・ )

内なる声 :だから、電話よりもわかりやすいんだよ。
あなたが話している内容を聞いて、ちゃんと私が話しているとわかる。


ワタシ :だけど、他の情報もたくさん見えると思うので、、、電話のほうが集中してお話を聞けるのではないでしょうか?

内なる声 :集中か。
皆、どっちにしろ集中して話を聞くことにはなると思うけど。


ワタシ :・・・そうだ、以前から考えていたことですが、「対面による対話」がわかりやすいとおっしゃるのであれば、もっと気軽に遊びに来ていただく感じにするのはどうかと思うのです。
例えば、お茶を飲んであなたとお話したい人とか、用事で近くに来る人とか、たいした悩みはないけどもっと良くなりたい人とか、いまの状態がどうなのか聞いてみたい人とか、この先どうするのがいいのかなとか・・・

内なる声 :この先、どうするのかを決めて欲しい人に話をするの?

ワタシ :うーん、そういうわけじゃなくて、、、
あなたがおっしゃるように、皆、気軽に来ていただいたとしても、集中して話を聞くことになると思うのですが、敷居の高さを払拭したいのですよね。
もっと気軽に来ていいのだと思っていただけないかと・・・
メールや電話と異なる点としては、「お会いしている」とか「行動している」という実感ができることじゃないかと思いますし・・・

内なる声 :気軽に話をしたいの?

ワタシ :はい。そういう方も多いんじゃないかなと思うのですが・・・

内なる声 :いいよ、では、こうしよう。
説明ページにこう書く。
「対面による対話」では、お話の内容によって、時間を制限しています。

「気軽にお話コース」
特にお悩みがあるわけではない方にも、将来のことや現在の物事の進め方について、見直す機会にしていただくことができます。
時間としては、30分から45分程度、お話いただくことができます。

「お悩みご相談コース」
現在のお悩みをじっくりご相談いただくことができます。
非常に深刻なものから、軽いご相談まで一緒に前に進む方法を考えていくためのコースです。60分から90分程度。


ワタシ :ははあ、なるほど。。。φ( ̄〇 ̄;)
お話の時間で、コースを判断するわけですね。
これは、「気軽にお話コース」のほうの金額を少なく設定するということですよね。

内なる声 :金額を決めるのは、後でもいい。
とにかく、他のことも考えてみよう。




・・・というワケで・・・

「対面による対話」を再開するにあたって、もう少しいろいろな案を考えてみます。

ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ


posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2017年07月02日

「対面による対話」のルール


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、いろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :すみません、なかなか更新できなくて。。。
前回、土日祝日に「対面による対話」を開始することについてお話して、準備も進めているのですが、「メールと電話による対話」のほうが忙しかったので、、、
φ(´・ω・`)

内なる声 :それで、対面の準備はできてるの?

ワタシ :新たな体制で開始するためには、個人サポート・システムご案内ページの構成自体を変えないといけないと思っています。
「対面による対話」のルールを決定していくにあたって、一番に考えるべきことは何でしょうか。。。

内なる声 :考えるべきことは、あなたが何人の人と一日に対面するのかということだよ。
どのように考えているの?


ワタシ :一日に対面する人数ですか・・・とりあえず、一人か二人ですよね。。。
「メールによる対話」を毎日返信をする必要があるし、土日に関西に来られる方というのが、そんなに多いとも思えませんので・・・

関西以外の方のほうが多いと思うので、これまでどおり「メールと電話による対話」をおこなうとして、土日祝日に一人か二人対面する人がいるかなという感じのような気がします。
もし、お申込みが多いようならもう少し考えますが・・・

内なる声 :それで、あなたは自分ですべてをまかなうの?
それとも、何人かでおこなおうとしているの?


ワタシ :一人でというわけにはいかないので、手伝ってもらう方にお願いしています。
自分でできることはしようと思います。

もちろん、「対面による対話」は、ご相談者の方と2人きりでおこないますよ。
・・・あ、いや、えーと、あなたと3人でおこないますよ。
φ(・ω・ )

内なる声 :対話をするのは、私とその人だろう。
あなたは、通訳をするのでは?


ワタシ :・・・え?( ̄ー ̄?)
通訳をするのだから、私も、対話をするのですよね。

内なる声 :通訳は通訳であって、対話をする人とは違うよ。
対話をするのは私。
あなたは通訳をするのだよ。


ワタシ :えー、でも、挨拶とかするでしょうし、途中で説明する必要があるときとかは・・・?
私は、話をしてはいけないのでしたっけ?

内なる声 :途中で話をする必要はないだろう。
あなたは、通訳をするのであって、話をするのは私だってば。


ワタシ :そ、それはわかりましたけど、私もちょっとぐらいその人とおしゃべりしたいのですが、いつならお話してもいいでしょか。。。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :いつならいいかというよりも、「対面による対話」が始まって、終わるまでの間は、黙っておいてくれない?

ワタシ :は、はあ・・・でも、「電話による対話」では、いろいろ説明しながら話をしているじゃないですか。
もちろん私の意見を混ぜることはありませんが、説明をする必要がある場面も出てくるじゃないですか。

内なる声 :説明をするのであれば、私がするので心配はいらない。
「電話による対話」と、「対面による対話」は違うのだよ。


ワタシ :・・・あ、そうなのですね。
どのように違うと考えていればいいのでしょう?

内なる声 :「対面による対話」は、とてもわかりやすいということだよ。
あなたが、説明をする必要があると言っているのは、「電話による対話」の最中に、見えていないことについてのフォローをしているということだから、対面ではそれが必要なくなる。
見えるのと見えないのでは違うということがわかると思うよ。


ワタシ :そうですか。
な、なるほど・・・φ( ̄○ ̄;)

内なる声 :あなたは、ルールを説明すればそれでいい。
対話をするのは、私がするよ。


ワタシ :はい。。。では、対話をする前にご挨拶と、注意事項などをお話して、あとは通訳すればいいのですね。
他に決めておくことはありますか?

内なる声 :まず、自分でできることはおこなうと言ったけれど、自分でできないことってどんなこと?

ワタシ :えーと、自分でできないのは、例えば、サロンの入り口で受付してもらうこととか、中までご案内してもらうことでしょうか。
あと、電話を回してもらうこととか・・・うーん、それぐらいですかね。

内なる声 :それ以外は自分でするの?

ワタシ :はい、自分でします。
(>ω<o)b

内なる声 :では、それはいつから始められるの?

ワタシ :・・・個人サポート・システムの、ご案内ページを変更する必要があるのです。
それに、『対話の心得』テキストを読んでいただく必要があるので、そのこともどうするのか決めないといけないのですが・・・
対話がはじめての方は、テキストをお送りして、事前に読んでいただくのですよね。

内なる声 :事前に読んでいただくというよりも、テキストを持っていない人には全員に送るという認識でいて欲しい。
読むかどうかは、管理できないからね。


ワタシ :ハイ。。。
他に、考えるべきことはありますか?

内なる声 :ルールとしては、「電話による対話」と相違ないが、「電話による対話」と異なる点としては、いろいろ説明することになる。
そのホームページを変更するのであれば、細かく相談していこう。



・・・というワケで・・・

「対面による対話」を再開するにあたって、相談しながらホームページを変更していきます。
メールと電話による対話」のほうのルールは変わりませんので、土日祝日に兵庫県にお越しいただくことができない方は、これまでどおりとお考えくださいね。

ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2017年05月30日

「対面による対話」の位置づけ


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、いろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :しばらく更新できずにいたのには理由がありまして。
いま、ある準備を進めているのですよ。。。
φ(´・ω・`)

内なる声 :何をしているのか、説明しないとね。

ワタシ :「対面による対話」を、新たに開始しようと思います。
もう準備はほとんどできてるのですが、お休みしていた「対面による対話」を加えることによって、個人サポートシステム全体がどう変わるのかということについて、お話しなければなりません。

内なる声 :お話するって、誰に?

ワタシ :えーと、お話すると言うのは、あなたとお話をしてどうするのかを決めて、発表しなければならないということです。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :うん、じゃあ発表すればいいじゃない。

ワタシ :そうするためには、「対面による対話」の位置づけを考えて、個人サポート・システムのご案内ページを変更しないといけないのですが、、、
これまでは、「メールと電話による対話」が中心となっていたので、これからどの位置に対面をもってくるのかということを、理解したいのです。
「対面による対話」というのは、遠距離の人には難しいですよね。
関西でおこないますので、遠距離の人には、メールと電話を活用していただくということでいいのでしょうか。

内なる声 :いいえ。遠距離と近距離という考えをするのではない。
近距離でも、電話はできるからね。


ワタシ :ということは・・・、どれでも選んでいただいていいということになるのでしょうか?

内なる声 :近距離の人は、対面に来るほうが利益を感じると思う。
つまり、電話に終始するよりも、実際に会って話したほうがわかることがあるということ。
それは、普通に考えればわかるだろう。


ワタシ :そうですよね。。。
わかりやすさで言えば、対面→電話→メールということになります。
でも、開始したのは、逆の順番でしたよね。
φ(ーωー)

内なる声 :そう。そもそも、メールだけでわからないわけではない。
だが、遅いという問題がある。
電話で話すよりも、会って話すほうが早いということもある。
だが、ゆっくりと理解したい者もいるだろう。
つまり、これは、スピードの好みの問題ではないかな。


ワタシ :スピードの好みの問題・・・?
φ( ̄^ ̄)

なるほど。
うーんでも、私にとってはそうはないのかも・・・
実際にお会いするのと電話でお話するのと、メールだけのやりとりでは、かなり違うのですよね。。。
メールや電話だと、お互いに見えないわけですし。

内なる声 :見えなくても話せるだろう?

ワタシ :ええ。あなたの言葉をお伝えするわけですので、メールでも電話でも問題はないのですが、私が実際にお会いするとなると、たくさんの情報が目に入ってきますよね。
そのあたりをどのようにとらえるべきかは、ちょっと考えてしまうのですが・・・

だけど、「対面による対話」に来てくださる方には、やはりその時間を楽しんでもらえる工夫がしたいですよね。
例えば、癒しの空間に遊びに来てくださるような、温かい場所でいつでもあなたとお話をしていただけるような、そんな感じにしたいなと思って準備をしているのですが。。。

内なる声 :だとすれば、あなたはこのように発表しなければならない。
「あなたもゆっくりとお話しに来ませんか」と。
スピードが速いというのは、逆の意味になるよね。


ワタシ :う、うーん。。。
早くしてあげたいのか、ゆったりして欲しいのか、わからない感じですね・・・
どのように選んでくださいと説明すればいいのでしょうか。
(/・_・\)

内なる声 :対面をするということは、あなたが直接話をするということだろう?
つまり、あなたはその人と理解を共にするということだろう?
要するにその空間を共にするということなのだから、「対面による対話」というのは、ある意味、一番あなたの考え方を変えるきっかけになると思う。
あなたが一番いろいろなことを準備する必要もでてくる。

なのに、どれでも一緒だと言うわけにはいかない。
やはり、対面というものを始めるからには、そこが中心になると思うよ。


ワタシ :そうなんですよね。。。
私自身が接客するという形になりますものね。

・・・そうそう。それで、「対面による対話」は、土日や祝日におこなってはどうかと考えているのです。
少し遠方の方でも、来ていただくことができると思うので・・・

内なる声 :そう。では、土日に「対面による対話」を開始し、土日に来られない人にその他を選んでもらえばどう?

ワタシ :えっ!煤i・ω・;ノ)ノ

「土日に来られる人かどうか」という位置づけになるのですか?

内なる声 :いま、あなたがそう言ったんじゃない。
実際に、土日に来られない人はどうなるの?


ワタシ :どうなるかというと・・・
φ( ̄○ ̄;)

そ、そうですね・・・
いまのところ、土日に来られない人は、メールか電話にしていただかないと・・・
そ、そうか。。。じゃあやっぱり、土日に来られるのかどうかの位置づけになるのか・・・

内なる声 :まずは、そういう位置づけでやってみればどう?

ワタシ :わかりました。



・・・というワケで・・・

兵庫県にて「対面による対話」を再開する予定です。

まだこれから打ち合わせてルールを決めていく必要がありますので、決定次第お知らせしていきます。


ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2017年04月13日

忘れないほうがいいよ


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、いろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :いまですね、なんか、ものスゴくいろいろやりたいことがあるんですよ。
計画してることがいっぱいあって、追いついていない感じ。

「いい気分」を目指す人が読む書籍を読んだ方が、皆同じようなことを言ってますよ。
書籍を読んで、やりたいこといろいろあるって思うって。。。
書籍の理論が、役に立ってる感じなのですね!
φ( ´ ▽ ` )

内なる声 :うん。そうなの?

ワタシ :そうなのです!
ウレシイので、ツイッターで、書籍の理論を忘れないようにつぶやいていくことにしたんです。
皆、「いい気分」の理論を忘れないようにして、もっと活動していけるようになればいいなぁ♪
φ(≧▽≦)b

内なる声 :あなたは、「いい気分」の情報を話すのが好きだね。

ワタシ :えっ (・ω・ノ)ノ

「いい気分」の情報を話すのが好き・・・??

そ、そうなのかしら・・・
・・・まあ、「いい気分ドットコム」をつくったぐらいなので、好きなのでしょうね。。。
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :「いい気分」の情報を人に話して、どうするの?

ワタシ :はっ?
人に話してどうするか・・・?

・・・人に話すとですね、「へーっ」とか、「ふーん」とか、反応があるわけでしょう?
そしたら、必ず「自分もこうしてみようかな」とか、「私はこうしてる」みたいな話を聞けたりするし、何かしら影響があるんですよね。

「いい気分」の「気づき」の連鎖が起こったりして・・・
「いい気分」の情報には、パワーがあるんだなきっと。
φ(⌒ω⌒)

内なる声 :それで、「いい気分」の情報を話すのが好きなの?
じゃあ、「いい気分」の情報がなくなったらどうする?


ワタシ :・・・「いい気分」の情報がなくなったら・・・?

「いい気分」になるための情報って、なくならないですよね。。。
φ(´・ω・`)

内なる声 :あなたにとっては、なくならないの?

ワタシ :ん?φ( ̄ー ̄?)

「いい気分」になるための情報って、なくならない。
・・・皆一緒だと思うんですけど・・・

内なる声 :皆一緒なのに、あなたはどうして情報を発信するの?
皆一緒なら、必要ないだろう。


ワタシ :んん〜??・・・あ、そうか。
要するに、これは趣味なのですよ。
ふふふ。(⌒m⌒)

情報を発信すると、自分も人も「いい気分」を思い出し、もっといいやり方をシェアする機会が増えることを願っての趣味かもしれませんね。

内なる声 :いい趣味だね。
あなたは、その趣味を活かして仕事をしているの?


ワタシ :えーっ+( ̄▽ ̄;)+
趣味を活かして仕事をしてるって言ったら、なんだかすごく理想的って感じですけど・・・実際、あなたの通訳としてのお仕事については、私のパワーを大きく超えていることなので、趣味の延長どころの話ではないです。
だから、原点を忘れないようにしなきゃという気持ちが大きいのですよね。。。

そもそもなぜこの仕事を始めることになったのかというと、つまり「いい気分」を忘れないようにしたいから、自分が情報を発信しようという単純な考えから始まっているのだと。
それぞれの人の人生を、それぞれの人が考えている中、「忘れないほうがいいよ」とわざわざ発信する人がいたら便利で、うれしいんじゃないかなとか、そういう発想ですよね。
そこを忘れて、他人事の仕事をしても、きっとうまくいかなくなってくると思いますしね。。。

内なる声 :なるほど。
「いい気分」の書籍にも書いたけれど、あなたは自分が変化をするということの意味をよくわかっている。
あなたが自分自身の変化を求め、自分自身の「いい気分」を求めることによって、きっと同じように変化を求めていきたいと感じる人が増えると思うよ。
だから、活動を止めることなく進めて欲しい。




・・・というワケで・・・

書籍のご感想を個別にいただきまして、ありがとうございます。
m( _ _ )m

皆これからも、いまできることを、めいっぱい進めていきましょうネ!パンチ


「いい気分」を目指す人が読む書籍、好評販売中です。

管理人のKindle本(電子書籍)

「いい気分」を目指す人が読む書籍


ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2017年03月22日

「応用が利く」ということ


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、いろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :「いい気分」を目指す人が読む書籍のご感想を個別にいただき、ありがとうございます。
m( _ _ )m

・・・なんか、アレですね。
「いい気分」についてのことを誤解していたと感じている方が多く、衝撃を受ける方もいらっしゃるようですよ。。。

内なる声 :そう。あなたはどうなの?

ワタシ :私はいま、ものスゴ〜ク「いい気分」についての理論が頭に入っている状態なので、その理論に従って行動しようとしています。
楽しいです。
今回の書籍では、「行動」というところにきちんと目が行き始めるのが優れている点ですね。
φ( ̄^ ̄)

内なる声 :うん。ああ、そうだ。
あなたは、どのぐらい行動できていると思うの?


ワタシ :どのくらい・・・? (・ω・ノ)ノ

・・・どのくらいって、どう答えるのです?
誰かに比べて??

内なる声 :例えば、いま、行動力が何パーセントだと思う?
人生の一日の最高の行動をした日が100だとして。


ワタシ :えぇ〜??煤i・◇・;ノ)ノ

自分の人生のうちの、最高の行動をした日が100??

・・・結構がんばっているつもりではいますが、そんなの、いつが100なのかわからないですよ。。。

内なる声 :そう。でも、いまが100じゃないってこと?

ワタシ :・・・あぁ、確かに、100ではないのかも・・・
書籍つくってるときのカンヅメ状態のほうが、100に近かったかも・・・でも、さぼってるわけじゃなく、いろいろ進めてますし・・・
φ(´・ω・`)

内なる声 :そうだね。ということは、まだ上を目指せるということでは?
あなたの場合、特に時間の使い方を見直して、行動を見直せるということでは?


ワタシ :は、はい。確かに・・・
だけど、そんなハイペースでやっても、もたないじゃないですか。
100の記録を更新していくことを目指すのがいいのでしょうか?

内なる声 :行動というのはね。100を想像しているのが、実はゼロの地点なのだよ。
もしもあなたが、「よくがんばった」と言える一日が100だと考えているならば、そこをゼロだと考えるくらいでちょうどいい。
それぐらい、要領を得るということができていないものなんだ。


ワタシ :( ̄○ ̄;)exclamation・・・そうか、「要領を得る」か・・・
それができていないと、単に時間の無駄使いということなのでしょうか・・・?

内なる声 :いいえ。そうではなく、なんでも100%を経験してみると、次からは100の力を出す必要はなくなるんだよ。
そう思わない?


ワタシ :ほんとだ!+( ̄▽ ̄)+

そのとおり。同じことをやっても、次からは100のパワーではやらない。
というか、やらなくて済む!

・・・だから、「いつが100なのか、わからない」って思うのか・・・

内なる声 :行動している人というのは、そのように楽になっていくんだよ。
だからね、疲れるのは「まだ経験してないこと」をするとき。
だとすれば、経験してしまえば、それは100を越えていくんだ。
そうだろう?


ワタシ :は、はい!そうです。

内なる声 :だからあなたは、要領を得るために、もっと「経験してないこと」を減らそうとして欲しい。
いいかな?
新しいことに挑戦し続けると、「応用が利く」ということが起こるのだよ。
それを、早く習得しなさい。



・・・というワケで・・・

ハイ。がんばります。


「いい気分」を目指す人が読む書籍、好評販売中です。

管理人のKindle本(電子書籍)

「いい気分」を目指す人が読む書籍


ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2017年03月07日

この本を書けてよかった


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、いろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :いや〜〜〜〜〜〜
それにしても大変でしたね。

まいった、まいった。
まいったよもぅ。(o_ _)o

内なる声 :お疲れさま。

ワタシ :お、お疲れさま?煤i・ω・ノ)ノ
・・・あ、ど、どうも・・・

なぁんだ、ねぎらってくださるのでスか・・・
また、さらにスパルタなことでも言われるかと思った。。。
φ(ーωー)

内なる声 :がんばったね。

ワタシ :ハ、ハイ!Σ(T▽T;)

「いい気分」を目指す人が読む書籍、最後の一ヶ月は、もうカンヅメ状態になって、ほんとつらかった。。。
でも、なんとか完成しましたね!
φ( ´ ▽ ` )o

内なる声 :まあ、できると言っただろう。

ワタシ :5日間の無料ダウンロード期間中に、Kindleの無料本ベストセラーランキングで総合1位獲得しましたよ。ぴかぴか(新しい)

記念に、載せとこっと黒ハート




内なる声 :まあ、記念と言わず、これからもがんばって欲しい。

ワタシ :わかってますよー。(≧ω≦)b
ここから、Kindle本をいくつか出していきますからね。
いろいろ考えてるんです。

内なる声 :そう。どうせ、ゆっくりやっていこうと思っているのだろう。

ワタシ :えーっ +( ̄▽ ̄)+あせあせ(飛び散る汗)

そんなことないっス!ないっスよ!
・・・まあ、あんまり早くできる私ではないですけれど・・・

内なる声 :早くしないと、せっかくの編集感覚が、また1からになってしまうよ。

ワタシ :それ!煤i・◇・;ノ)ノ・・・は、困りますね。

あなたの文章を編集するときに必要な集中力というかパワーというか、疲労感(?)たるやハンパではないのですが、一ヶ月間のカンヅメでその編集感覚が身についている間に、次を進めたいですよね。

内なる声 :進められることは、止めてはいけないよ。

ワタシ :今回のこの書籍の編集、めっちゃ面白かったです。
私、この本を書けてよかったなー。。。
φ( ̄^ ̄)

書いている間、ずっと「いい気分」のこと考えてたんですよ・・・
「いい気分」を目指す人が読む書籍なんだから当然なのですが、そのマニュアルのような書籍を編集している間、ずっと楽しかった。

編集している最中には、書籍が完成した暁にはさぞかしスッキリして楽しいだろうコンチクショウメと思っていたものですが、終わってみるとまったく充実なんて感じない。
終わった瞬間すぐにです。あれ、次行かなきゃつまんないやって。
それって、この書籍の中にも書いてあったことですから、納得ですよねぇまったく。脱帽ですわ。
あなたの言っていることは、普通に、正しい。そして素敵です。

不思議なもので、目標に向かって行動しているときこそ、つらくて、楽しいものですねぇ。。。
φ(´ω` )

内なる声 :そうだね。目標に向かっていると、つらくて、楽しくて、充実するから、早くその感覚をもう一度味わいと思うだろう。

その感覚を忘れると、またその感覚を思い出すところから始めるのに時間がかかるので、止まらないようにして欲しい。

あなたも、他の皆もね。



・・・というワケで・・・
「いい気分」を目指す人が読む書籍、好評販売中です。

「いい気分」を目指す人は、ぜひ。


管理人のKindle本(電子書籍)

「いい気分」を目指す人が読む書籍


ではまた次回〜(⌒▽⌒)ノ
posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2017年02月22日

出版開始ですよ〜


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

おまたせしましたー
ついに出版開始ですよ〜ぃ。

管理人のKindle本(電子書籍)

「いい気分」を目指す人が読む書籍

\\ なんと、5日間無料にします! //
2月22日(水)17:00〜27日(月)16:59
無料ダウンロードサービスを実施!


(」゜▽゜)」
Kindle Unlimited(読み放題)対象ですので、
「いい気分」を目指す人には、無料でお読みいただくことができますヨ。

「いい気分ドットコム」ホームページの管理人である秋元ユキが、筆談による対話を可能としている「内なる声」と呼ぶスピリチュアルな存在の語った内容を忠実にまとめた書籍、書き下ろし第二弾です!

本書は、「いい気分」になろうとする人がわかりやすく読める書籍・「いい気分」を目指そうとする人がマニュアルにするための書籍として、「内なる声」が詳しく語った内容をまとめております。


Kindle無料本ベストセラーランキング
カテゴリー内ですでに1位獲得!




「いい気分」を目指す人が読む書籍 ― 目 次 ―

第1章「いい気分」を目指すあなたへ

1.1「いい気分」を目指すために
1.2「いい気分」についての誤解
1.3「いい気分になる」ということ
1.4 最初におこなうべきこと
1.5「いい気分」になれる選択

第2章「いい気分」のための心得

2.1「何かを始める」ということ
2.2 あなたの道しるべ
2.3 後ろ向きのエスカレーター
2.4「いい気分」は目安の感情
2.5 あなたが進もうとすること

第3章「いい気分」になれる方法

3.1「面倒なこと」を始める
3.2 常に新しいことを求める
3.3 違うことを次々におこなう
3.4 変化のある経過を楽しむ
3.5「スタートの罠」に陥らない

第4章 悩み事があるときには

4.1 悩みがある人について
4.2「正しく動く」ということ
4.3「対話をする」ということ
4.4 新しい方法をとろうとすること
4.5 経験を増やそうとすること

第5章「いい気分」になれる秘訣

5.1 余計なことを考えない
5.2 正しく物事に対応する
5.3「次に次に」の要素をつくる
5.4「いい気分」を目指す目的
5.5「いい気分」になれる明日へ


♪(* ̄ー ̄)v
「いい気分」を目指す人が読むために、一生懸命つくった書籍なので、「いい気分」を目指す人だけ、ダウンロードしてくださいネ。。。

管理人のKindle本(電子書籍)
posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・日記

2017年01月18日

急ぎます。


秋元ユキです。( ̄▽ ̄)ノ

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍をつくることやその他いろいろな企画を進めようとしています。


ワタシ :1月が半分過ぎたexclamation
φ( ̄Д ̄;)早いなぁ・・・

内なる声 :それで、どうなったの?

ワタシ :あ、「いい気分」に関する書籍ですか?
えーとえーと・・・本文はできてますよ。
φ( ̄▽ ̄;)

内なる声 :他に何が必要なの?

ワタシ :え?他にですか?
えーと・・・校閲というやつですね。文章のチェックを繰り返しおこなって、それから目次をつくって整え、表紙のイラストを描いて、えーと、、、

あ、そうだ。
キンドルのことをなんとかしなきゃ。。。
φ( ̄^ ̄;)

内なる声 :キンドルのこと?

ワタシ :Kindleですよ。電子書籍を出すのです。

内なる声 :ふーん。キンドルを出していくのだと思ってるの?

ワタシ :そうです。(≧ω≦)b
ここから、キンドルをいっぱい出していくのが私の目標なのですよ。
ふふふふ・・・

内なる声 :ふふふって、まだ一冊も出てないじゃない。

ワタシ :だから、出しますってばもー・・・
だいたい、私がどんな状態か聞かなくともわかってるくせに・・・ブツブツブツ。。。
φ( ̄ω ̄;)

内なる声 :いいから早くしなさい。
あなたが早くしないと、読みたい人がいるんだよ。


ワタシ :えっ煤i・◇・;ノ)ノ
・・・そ、そうすか・・・

内なる声 :早くしなさい。

ワタシ :は、はいφ(・ω・; )o
一応本文は仕上がりましたが、あなたはどう思っているのですか?

内なる声 :私がどう思っているのか?
まさにそれが、その書籍に書いてあるじゃないか。

「いい気分」になれない人がたくさんいて、「いい気分」になりたい人にその方法を教えるのだと、そう言いたい。
いい気分になりたいのなら、その知識を得て、いい気分になろうとして欲しい。


ワタシ :わかりました。そんなふうに、早く理解して欲しいのですね。。。
も、もうちょっとだけお待ちくださいね。たらーっ(汗)


・・・というワケで・・・

急ぎます。ダッシュ(走り出すさま)

ではまた次回!(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 「内なる声」との対話

2017年01月06日

新年ご挨拶


新年、あけましておめでとうございます。
m( _ _ )m

旧年中は、たくさんのメールや素敵なご感想をいただきまして、ありがとうございました。


今年のおみくじは、昨年と同じ中吉でした。グッド(上向き矢印)

私はいま、個人サポート・システムにおいて対話をしていただく際に、「内なる声」の見解をもっとわかりやすくするため、「いい気分」に関する書籍を完成させようとしています。

できるだけ早く発表するため、がんばっておりますョ。パンチ


それでは皆さま、「いい気分」で、がんばっていきましょうねぴかぴか(新しい)

今年も、よろしくお願い致します晴れ
(⌒▽⌒)ノ

posted by 秋元ユキ@いい気分ドットコム at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・日記

    にほんブログ村 漫画ブログへクリック投票してね。

    

    「いい気分ドットコム」ホームへ | 「内なる声」とのエピソード

    「現状を変えたいが、難しい・・・」と、お悩みではないですか?
    個人サポート・システム『人生を変える対話』をご利用ください。
    はじめての方は、無料でお試しいただけます。





過去ログを見る
2018年05月(3)
2018年04月(4)
2018年03月(3)
2018年02月(2)
2018年01月(2)
2017年12月(2)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(1)
2017年08月(2)
2017年07月(2)
2017年05月(1)
2017年04月(1)
2017年03月(2)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(2)
2016年09月(2)
2016年08月(2)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(2)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(3)
2015年12月(3)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(2)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(2)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(4)
2014年10月(5)
2014年09月(3)
2014年08月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(2)
2014年05月(1)
2014年04月(3)
2014年03月(4)
2014年02月(1)
2014年01月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年08月(2)
2013年07月(1)
2013年06月(2)
2013年03月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年07月(1)
2012年02月(1)
2012年01月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(4)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(4)
2011年07月(5)
2011年06月(4)
2011年05月(3)
2011年04月(5)
2011年03月(5)
2011年02月(4)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(4)
2010年10月(4)
2010年09月(5)
2010年08月(3)
2010年07月(5)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(5)
2010年03月(4)
2010年02月(3)
2010年01月(5)
2009年12月(2)
2009年11月(3)
2009年10月(3)
2009年09月(5)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(1)
2009年05月(4)
2009年04月(1)
2009年02月(1)
2009年01月(4)